cookpad news

離乳食で大活躍!しらすを塩抜きする方法

離乳食でよく使うお魚といえば「しらす」。離乳食インストラクター協会代表の中田馨さんのWEB上離乳食レッスン・第18回目のテーマは「しらすの塩抜き」についてです。

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。 離乳食でよく登場するお魚と言えば「しらす」。今日は離乳食に手軽に使えるしらすのお話しをします。

しらすはいつから食べられるの?

離乳食開始から1カ月ほどたった6カ月ごろから食べることができます。初めて食べるのにおすすめなタンパク質は「豆腐」。豆腐に慣れたら、次のステップとしてしらすを食べさせてみましょう。

しらすを塩抜きする理由

離乳食に使う場合、どうしてしらすを塩抜きするのでしょうか?その理由は、大人にとっては美味しい塩加減でも、赤ちゃんにとっては塩分が濃いからです。どれだけ塩味が濃いかを確認してもらうために、離乳食の講座の中で、塩抜き前のしらすと、塩抜き後のしらすを食べ比べてもらいます。すると、食べ比べた多くの方が「塩抜きしたしらすはお魚の味がおいしい!」とビックリします。ぜひ一度、大人のみなさんも塩抜きしたしらすを味見してみてくださいね。

しらすの塩抜きはいつまでするの?

離乳食期の間は、基本的にしらすの塩抜きをした方がいいと思います。また、離乳食が完了した1歳半以降になっても、しらすを使ったメニューを作る時は、味つけは控えめのほうがいいですね。

しらすの塩抜き方法

しらすの塩抜きの基本の手順を紹介します。

手軽な方法のひとつに、器にしらすを入れて熱湯を注ぎ、数分熱湯につけておき、茶こしなどで湯切りする方法もあります。たくさんのしらすを、まとめて塩抜きをした場合は、小分けにして冷凍しておくと便利ですね。

しらすを使ったおすすめ離乳食メニュー 

しらすとお野菜を組み合わせれば栄養バランスもバッチリ!具材を大きめにカットすれば離乳食後期以降もおすすめのメニューになりますよ。

▼過去記事はこちら

連載: ベビーのために知りたい知識&レシピ
赤ちゃんのために知っておきたい情報やレシピに関するニュースを集めました!

著者:一般社団法人 離乳食インストラクター協会 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。●かおりの“和の離乳食レシピ”blogはこちら

マタニティ〜育児までの情報&コミュニティクックパッドベビー

クックパッドベビーがオープン!離乳食だけでなくマタニティから育児までの安心な情報をひとまとめにしました。ママたちのコミュニティもあるので、悩みや質問を聞いたり答えたりもできます。あんしん離乳食レシピは1700を突破!ますますパワーアップしてお届けします。詳しくはこちら

シェアする