cookpad news
コラム

「ポルトガル」の家庭料理が、「日本」の家庭料理と似てるのはどうして?

ポルトガル料理は、日本人に馴染みがある!?

世界の家庭料理を旅しよう!世界中の食卓で料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)をマッチングするWebサービス、KitchHikeです! 旅先で現地の人を訪ねて、世界中の食卓を実際に取材してきた模様を臨場感たっぷりにお届けいたします。

第5回目は、ポルトガルの首都リスボンの食卓から! 大西洋に大きく拓けた海洋国家のポルトガル。首都リスボン周辺の海もご多分に漏れず魚介類の宝庫。日常的に食されるのは、鰯、鯵、鯖、鮪、スズキ、マス、太刀魚、アンコウ、イカ、タコ、エビ、アサリなど。調理法はグリル(焼く)、煮る、揚げる、マリネするなどが一般的。 ここまで聞いて、あれ?と思った方も多いはず。そうなんです!日本と似てるんです!実はこのポルトガル料理、日本人に馴染みのある食材や調理方法が多く、日本人の口に合うと言われています。

昔からポルトガルと日本の間には深い縁がある

初めて日本にやって来たヨーロッパ人は、ご存知ポルトガル人。1543年の夏、インドのゴアから中国の寧波に向かう一隻のポルトガル南蛮船が嵐で遭難して、種子島に漂着したのは有名な話です。それをきっかけに鉄砲が伝来。次いで、様々なポルトガル食文化が日本に入り込んできました。 キャラメルやカステラ、コンペイトウなど数えればきりがないほど。諸説ありますが、今や日本を代表する料理となっている「天ぷら」も、ポルトガル語の「temperar (「調味料を加える」「油を使用して硬くする」の意味)」や「temporras (金曜日のお祭りの意味)」が語源になっているとか。う~む、ポルトガルと日本、縁が深い!

シェアする