cookpad news
メインおかず

まるでチーズ!?「豆腐のオイル漬け」がワインのお供に最高だった!

豆腐がチーズみたいに!?

日本の食卓には欠かせない豆腐。お味噌汁に入れたり、冷奴にしてビールや日本酒のお供にしたり、和食では大活躍ですよね。ところが、その豆腐をオリーブオイルに漬けておくとカッテージチーズのようになってワインのお供にぴったりらしいのです。豆腐を食べながらワインを飲むってあんまりイメージできないですよね。本当に豆腐がワインに合うようになるのか、その真偽を確かめるべく実際に作ってみたいと思います!

試してみるのはこちらのレシピ

作ってみます!

1.まずは木綿豆腐を水切りする。豆腐をキッチンペーパーで包み、持った時にズシッとするくらいの重しを乗せて30分おく。

2.水気をよく拭き取り、1.5㎝角に切る。

3.豆腐、塩ひとつまみ、豆腐、塩、の順で重ねていく。重ね終わったらハーブ類とオリーブオイルを豆腐が浸かるまで入れて2日置く。

2日漬けたら完成!

こちらが2日漬けたもの。漬け始めた時と見た目はあまり変わりませんが、見てるだけでワインに合いそうな気がしてきました!

そのまま食べてワインのお供に

器に盛り付けてそのまま食べてみました。塩が効いていて、ハーブやオリーブオイルの風味もしっかりついています!これはぜひワインと一緒に食べたい。食感も少ししっかりして、本当にチーズのような食感でした。黙って出されたら豆腐だと気づかないかも!

サラダにしてみました

サラダに混ぜるのもおすすめです。豆腐にしっかり味がついているし、漬けていたオリーブオイルも一緒にかければドレッシングは必要ありません!豆腐とレタスだけのシンプルなサラダでもしっかり味でとってもおいしかったですよ。

冷蔵庫で約1週間保存できる(※)そうなので、普段のちょっとしたおつまみや、サラダやパスタにかけたりと、大活躍の予感がします。作り方もとっても簡単なのでなくなればすぐに作れるのも嬉しいポイント。瓶に詰められている見た目もかわいいので、パーティーの時に、そのままテーブルにおいておくだけでも良いと思います。便利でおいしい豆腐の活用法、みなさんもぜひ一度お試しくださいね。

※保存状況により、保存期間は異なりますので、なるべく早く食べきりましょう

執筆:安達勇太

料理家。
大学卒業後、「西洋料理」という本を手に取り衝撃を受け、この仕事がしたいと思い立ち上京。料理家アシスタントを経て独立。現在、雑誌やWEBの料理製作、レシピ提供、ケータリングなどを行う。

シェアする