cookpad news
お弁当レシピ

5分以内でできるレシピがたくさん!お弁当「すき間埋めおかず」8選

お弁当のすき間に困ったら…

皆さんが毎日お弁当を作るときに感じる“お悩み”は何ですか?「ボリューム感を出したい」「カラフルな見た目にしたい」「飽きのこない味つけが知りたい」…など、さまざまなお悩みが聞かれます。中でもよく耳にするのが「微妙に空いてしまうすき間をどうにかしたい」という声。確かに上手におかずを詰めることができず、微妙なすき間が空いてしまうことってありますよね…。


そこで今回は、「お弁当のすき間おかず」を多数投稿しているちきぽんさんの“すき間埋めおかず”をピックアップしてご紹介。ただ空間を埋めるだけではなく、彩りも食べ応えもバッチリのおかずがたくさん揃っているので、早速見てみましょう。

ちきぽんさんのキッチン

ちきぽんさんに聞く、「夏のお弁当作り」のコツ

「夏のお弁当で大切なのは、しっかり冷まし保冷すること。お酢やわさび、生姜など殺菌効果のあるものをよく使うこと。お弁当を食べる主人は汗をたくさんかく仕事なので、冬よりも濃いめの味付けにしています。

隙間うめには、そのまま入れても、ちょっとした加工もできる蒸し豆類などが便利です。食物繊維が豊富な大豆、全体を引き締める色の黒豆などがおすすめ。レンジ加熱で作るあえ物も良いですね。すぐに火が通るなす、オクラ、ブロッコリーなどの野菜は重宝しますよ」

5分以内に作れる簡単さも魅力!すき間埋めおかず8選

ほんのちょっとしたすき間を埋めるおかずは、手の込んだ一品ではなく簡単に作れるもので!今回ご用意したほとんどのレシピが5分以内、いやレシピによっては1分以内で作れちゃうかも。あっという間に作れるので、すき間埋めに困ったときにとっても便利です。それらのレシピを調理別にご紹介します。

電子レンジで簡単に作れるレシピ

これからの暑い季節は電子レンジが大活躍。

レンチンしてあえるだけ!

3分チンして完成☆

まるでお菓子みたいなポテサラ

食材の味そのままに…切り方&盛り付け方に変化を!

続いてご紹介するのは、電子レンジすらも使わない「素材をそのまま使ったレシピ」。盛り付け方や食材の切り方を変えるだけですき間にぴったり入れられちゃう!

ギョニソくるくる

彩りバッチリ!

フライパンで炒めるだけ!

最後に紹介するのは、フライパンで炒めるだけのシンプルレシピ3品。食感や味つけを工夫すれば食べごたえのある一品が作れます。

満足度高めの“バタポン味”

青物が足りないときにも◎

めんつゆで味付け簡単!ご飯が進む美味しさ

ちきぽんさんからアドバイス!

「赤、緑、黄、黒、白など色が増えれば、見た目もおいしそうで栄養も豊富になります。なんとな~くでよいので甘味・旨味・塩味・苦味・酸味などの五味を意識すれば飽きのこない内容になります。1品でかまわないので、彩りが明るいおかずを作りおいておくととても便利ですよ。レンジ加熱がしやすい野菜の副菜は忙しい朝でもあっという間に作れるので臨機応変に!

うちではメインのおかずは朝作りますが、唐揚げ用のお肉などは常に味つけをして冷凍ストックをしています。朝は揚げるだけ、それも面倒ならグリルやトースターを活用するなどして負担にならないようにします。毎日のことなので無理なく続けられることが一番だと思います!」

すき間を埋めるちょうどいいおかずは、これからのお弁当作りに重宝すること間違いなしです。毎日のお弁当作りは大変ですが、気負わず、無理せず、楽しみましょう。

「お弁当」の基本ルール

  • 水分が少ないおかずを選ぶ
  • おかずの味つけは濃いめにする
  • おかずは十分に加熱調理する
  • 作りおきおかずは、詰める前にレンジで再加熱&冷ましておく
  • おかずやご飯は、しっかり冷ましてから詰める
  • 素手ではなく、清潔な箸やスプーンで詰める
  • 持ち歩く際は、保冷剤や保冷バッグを利用する