cookpad news
裏ワザ

◯◯から茹でるのがコツ!シャキシャキ絶品「もやしの茹で方」

ちょうどいい茹で加減を実現

レジャー費や外食費は減っているものの、光熱費や食費などで出費がかさみ、家計が悲鳴を上げ始めるころ。そこで登場するのが、毎度おなじみの節約食材「もやし」。しかし、もやしを茹でるとき、茹ですぎるとしなしなに、足りないとシャキシャキすぎて硬い…ということありませんか?そんなお悩みを解消する素敵な方法をご紹介します。

水から!?

★ポイントは茹で時間

1.もやしをどのタイミングで鍋に投入するかがポイント。お鍋にもやしと水を入れて、そこから火にかけます。

2.そして、もやしを鍋から取り出すタイミングも大事。沸騰したら軽く混ぜて、ザルにあげましょう。

感動の声がたくさん届いています!

「今までで一番シャキシャキで美味」「お時間経ってもシャキシャキで感動」「ベチャッとならなくて美味しい」など、つくれぽ(つくりましたフォトレポートのこと)には喜びと感動の声がたくさん届いています。

もやしを茹でるとき、沸騰してから鍋に入れる人が多いと思いますが、今回の方法は水から。それだけで歯触りのちょうどよいもやしが茹で上がるんですよ。これで家族も財布も大喜びですね!