cookpad news
コラム

お料理の不思議で子どもワクワク!「マヨネーズ作り」で自由研究【子どもの心を育てるレシピ vol.2】

子どもに「食」の大切さを伝えたいと思いつつも、日々忙しくてなかなか教える機会がないという親御さんも多いのでは? そこで、子ども料理研究家・武田昌美さんが、子どもと楽しくトライできて心も育てられるレシピや、料理を通して子どもが得られる学びについて、わかりやすく解説! 気負わず、自然と生活の中に取り入れられる簡単料理で、とっておきの親子タイムをお過ごしください♪

今年の夏休みの自由研究、お決まりですか?

長かった雨があがり、子ども達にとって待ちに待った夏がやってきました。夏休みといえば、花火にバーベキュー、プールに旅行と、子どもにとって夢のような毎日ですが、今年はなかなかそうもいきませんね。夏休み期間も学校や地域によって幅がありますが、短縮されている子ども達も多いのではないでしょうか。

そんな夏休みの宿題といえば、「自由研究」がありますね。本当は、外に出かけて色んな体験をさせてあげたい気持ちでいっぱいですが、今はみんなの元気な体が一番大切! おうちでできるお料理実験をご紹介したいと思います。

自由研究のテーマを1年生の娘と何にしようか、と話していると「マヨネーズを他の材料でも作ってみたい!」と言うので、「あっそれいいね!」と、早速ワークを始めました。
どうして、マヨネーズかというと、コロナ禍でのおうち時間を応援するためにリトルシェフクッキングで食育動画を作っており、その時の作り方が印象的だったようです。


「マヨネーズ」って何からできているの?

まず、未就学児やお料理初心者のお子さんには「マヨネーズって何からできていると思う?」と、質問してみてください。
これはリトルシェフクッキングのレッスンでも、みんなによく聞く問いかけです。その答えで一番多いのは、なんと「牛乳!」、次いで「チーズ!」「バター!」と、きっとあの白い佇まいが乳製品に見えるんですね。

次に答え合わせをしてみます。「卵と油とお酢だよ。塩もちょっと入ってるよ。」と、伝えるとみんな「たまごー?! なんで?」という反応です。「じゃあ、作ってみる?」と、即席マヨネーズ作りをその場で見せると、あっという間に、いつも食べているマヨネーズが完成するのでみんな驚きます。

マヨネーズは意外と簡単にできて、手作りはすごくおいしいのでぜひ作ってみてください。ポイントは、油を注ぐとき、だーっと一気に入れず、糸を垂らすようにゆっくりゆっくり入れることです。


「マヨネーズ」って他の酸っぱいものからもできるの?

さて、マヨネーズ作りはもう知ってるよー。というお料理マスターのお子さんには、一歩踏み込んだ、こんな実験はいかがでしょうか?
マヨネーズに必要なものは、さっきも出てきた「油、卵、塩、酢」。 「じゃあ、この酸っぱい酢!他の酸っぱいものでも、マヨネーズが作れるの?」そんなことを大実験してみたいと思います(一気に実験し、たくさんできて余ってしまうともったいないので、我が家では全て半量で実験しました)。

娘に質問。「お酢のように酸っぱいもの。他には何がある?」うーん…と考えたあと、「レモン、グレープフルーツ、梅干し!!」「いいね!それでやってみよう」と早速開始。

「この中からマヨネーズになるものはあるかな?」 
実験のコツは、油を入れる前にしっかり混ぜ合わせること。

結果はこんな感じです。 レモン、グレープフルーツ、梅干し、どれも白っぽくなりますが、きちんと乳化するにはやっぱりお酢が一番でした。お酢以外だと、出来上がって10分ほどすると分離してしまい、トローとしたマヨドレッシングのようなものが完成しました。

早速、家族で野菜につけて試食! どれがおいしい? と質問してみると、意外にも我が家では梅干しが大人気。子ども達、梅干しマヨネーズでパクパク野菜を食べていました。

普段の遊びで、ここまでの大仕事は親として中々重い腰が上がりませんが、これも夏休み! 自由研究! と、いうワードが重なると、「よしっ!! いっちょやったろかー!」という気持ちになります。
ぜひこの夏休み、自由研究がてら一緒にマヨネーズ作りをしたり、もう少し進んで他の材料で作ってみたり、おうち時間にご活用ください。

夏休みが終わり、9月からの2学期には子ども達が安心して学校へ通える日が来ることを祈って。 皆様、素敵な夏をお過ごし下さい。

夏休みの自由研究「マヨネーズ作り」に使える資料を公開中♪

リトルシェフクッキング 夏休みオンライン自由研究を開催!


8/15(土)12:00よりスタート
対象年齢:2-8才
>>>ご参加の方はこちらよりご連絡ください。(先着順)
ご連絡確認後、必要材料、道具、zoom IDをご連絡いたします。

武田昌美(子ども料理研究家)
リトルシェフクッキング(株)代表取締役。フランスで料理の修行をしていた父の影響を受け、幼少の頃から料理に興味を持つ。航空会社にて客室乗務員をしながら、各地の料理や文化に触れ、知識を深める。2人の子どもの親となり、多くの子どもたちに料理の楽しさ、食の大切さを伝えていきたいと強く願い、2017年より「ママも知らなかった才能が花開くクッキングスクール」をコンセプトにした料理教室『リトルシェフクッキング』を主催。保有資格は、フードコーディネーター、スパイスマイスター、食品衛生責任者。2019年3月、子どもが一人一人料理できる料理教室『リトルシェフクッキングEduCooking Lab』を東京都世田谷区にオープン。
【HP】https://little-chef-cooking.com/(ご予約はこちらから)
【Instagram】@masamis__kitchen
【YouTube】リトルシェフクッキング
【ブログ】子ども料理研究家 武田昌美の食育ブログ
【クックパッド】武田昌美のキッチン

シェアする