生臭さ回避!おいしく食べるための「加熱用牡蠣」の洗い方

生臭さ回避!おいしく食べるための「加熱用牡蠣」の洗い方

旬の牡蠣を美味しく食べるテク

牡蠣がおいしい季節です。買ってきた牡蠣を鍋に入れたり、牡蠣フライにする人も多いかと思いますが、そのままだと生臭いことがありませんか? それは汚れが原因。そこで今回は、料理前にやっておくといい下ごしらえについてフィーチャーしました。これをやっておくだけ味に歴然とした差が。試す価値ありです。

調理前の下ごしらえ♪加熱用牡蠣編 by ひろちち@こーきp
オーソドックスなやり方だけど、これで十分かと。汚れやヌメリが牡蠣独特の臭気ともなりますので、調理前に是非ひと手間を!

※ 記事の表紙写真はこちらのレシピをイメージして選定させていただきました

やり方は簡単

ボールに分量の水と塩を入れてとかしたら、牡蠣を入れます。

967d57828e459d99150e7c3b8219e158

まず全体の汚れをとり、黒いヒダヒダの部分を軽く揉むように洗いましょう。最後に手の中で揺らすようにすすぎ、ザルに移して水気をとればOK。

汚れを落とすのが美味しさのポイント。

「つくれぽ」(みんなのつくりましたフォトレポートのこと)にも、「すごい汚れが出てきてびっくりでした!」「牡蠣ってどうやって洗うのか知らなかったので大助かり」「白く明るくなって、美味しくなりました」と喜び&驚きのコメントが届いています。

6c2e189120bfaab064b8ed82b7c4caf7

塩入りの水で洗うだけで、牡蠣の汚れがしっかり取れておいしくなるなんてビックリですね。ちょっとしたテクですが、これは使えますよ。ぜひ覚えておいて活用してみてください。(TEXT:森智子)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「裏ワザ」 アクセスランキング (毎日6:00更新)