cookpad news
コラム

【ファヒータの作り方も伝授】アメリカで大人気「テックスメックス料理」はアウトドアにも使える!

【アメリカの最新ごはん事情vol.1】1989年に渡米し、「セレブ御用達プライベートシェフ」としてアメリカで料理を作り続けてきた明比玲子さんに、日本ではなかなか知ることができないアメリカの食事情を教えてもらいます。第1回目のテーマは「アメリカのアウトドア料理」。日本ではアウトドアブームが加熱していますが、アメリカではどんな風にアウトドアを楽しんでいるのでしょうか?

雪が積もっていてもBBQ!

バーベキュー(Barbecue=BBQ)をおうちでやりますか?日本では手軽にやるイメージがないかもしれませんが、アメリカ人はバーベキューが大好き!

アメリカでは、郊外に住んでいて、家の庭にグリルがあれば、1年中バーベキューができるので、友達が集まる時・家族が揃う時・料理をしたくない時など色々な場面でやります。料理するのが面倒くさいけど材料が揃っている時は、「グリルで焼いちゃうわ」とラフにバーベキューを始めるくらい身近な存在です。

ちなみに、私の友達のご主人は、たとえ雪が積もっている日でも、魚や肉をバーベキューグリルで焼いています。

アメリカでバーベキューを楽しむ季節は「夏」

1年を通してバーベキューを楽しんでいるとお話ししましたが、実は、アメリカでバーベキューは「夏の風物詩」です。アメリカの夏というのは、2つの祝日によって決まります。

5月最後の月曜日(メモリアルデー) から始まり、9月最初の月曜日(レイバーデー)でオフィシャルに終わるのです。どちらも金曜日から月曜日まで休めば4連休になるため、みんなが楽しみにしているホリデーです。

そして、夏の祝日は、必ずと言っていいほどバーベキューをやります。メモリアルデー、独立記念日、レイバーデーや、祝日でなくても週末は誰かが「BBQをやるからうちに来ない?」と必ず声がかかります。

ただし、1年を通して比較的暖かい州は、バーベキューを夏に限らずやりますが、ニューヨークなど冬に寒くなる地域は、必然的に寒くなるとやらなくなります。

アメリカ人が好む「バーベキュー料理」

さて、前置きが少し長くなってしまいましたが、今回は、普通のバーベキューから抜け出した「ファヒータ」をご紹介しようと思います。

「ファヒータ」とは、アメリカのテキサス州で独自にアレンジされたメキシコ料理「テックスメックス料理」の1つ。あらかじめマリネしておいた肉をグリルして、炒めた野菜と一緒に、トルティーヤに包んで食べる料理です。

本来、肉は牛肉のハラミしか使わなかったのですが、近年は鶏肉や豚肉でも作ります。ちょっとオリジナルからは外れますが、魚や海老などを使ってもよいでしょう。

近年流行りの糖質制限をなさっている方は、トルティーヤの代わりに、レタスをざく切りにした上に具材を乗せて食べても、サラダのようになって食べ応えがありおいしいです。

アメリカ人は、好き嫌い・アレルギー・ダイエット法等が人によってまちまちなため、料理を準備するのがとても大変なのですが、ファヒータは材料を並べておけば、自分で勝手に好きなように食べられるので、便利な料理です。

気になるファヒータの作り方

材料(4~5人分)

・ハラミ肉... 600g

[マリネ液]
下記の材料全て、フードプロセッサーかミキサーにかけて保存袋に入れる。
・オレンジ ...1個 (絞っておく)
・ライム ... 1個 (絞っておく)
・オリーブオイル...大さじ2
・ガーリック...大1片
・パクチー (刻む)...大さじ2
・クミンパウダー...小さじ1/2
・塩... 小さじ1/4強
・チポトレ ペッパー...大1つ

チポトレ ペッパーとは、チポトレアドボというスパイシーなトマト缶詰に入った青唐辛子のこと。この缶詰はネット通販でも買えますが、どうしても手に入らなかったらチリパウダーを使いましょう。ただ、スモーキーさに欠けるのでチポトレアドボを使うことをオススメします。

[野菜]
野菜はすべて細切りにして、炒める。
・パプリカ...2〜3個
・玉ねぎ...大1〜2個

[その他]
・トルティーヤ...1〜2パック
以下は、お好みで食べる時に足してください
・ライム
・パクチー
・ガッカモーレ
・ピコデガヨ

作り方

1.マリネ液に2〜4時間、肉を浸し冷蔵庫に入れる
2.野菜を炒める
3.焼く30分前に、肉を冷蔵庫から出しておく
4.焼く準備ができたら、マリネ液から肉を取り出し、肉の周りについているスパイスを落として、ペーパタオルで軽く拭いてから焼く
5.焼き上がったら、アルミホイルを被せて10分ほど休ませる
6.休ませている間に2.の野菜やトルティーヤを温める
7.肉をスライスして、野菜を添えてできあがり

トルティーヤは、直火であれば1枚ずつ温めてアルミホイルで巻いておくと、冷めにくいです。家で温める場合は、何枚か一緒にアルミホイルで巻いて、オーブンで温めると良いですが、時間がなければ電子レンジで1枚10~15秒ほど温めてもOK。

トルティーヤがもっとおいしくなる魔法

これだけでも十分においしいですが、ガッカモーレとピコデガヨがあれば、さらにおいしくなりますよ。

緑色の小鉢がガッカモーレ、赤色の小鉢がピコデガヨ

【ガッカモーレのレシピ】

下記の材料を全てよく混ぜ合わせます。完成したら、変色を防ぐためにガッカモーレにピッタリとラップをして保存しましょう。できる限り、食べる直前に作ることをオススメします。

材料
・アボカド(粗めに潰す)...1個
・玉ねぎ(みじん切り) ...約大さじ1~2
・ハラペニョンペッパー(みじん切り)...普通サイズ1個
・パクチー(粗みじん切り)...約大さじ1
・ライム汁...半個〜1個分
・塩...適量 (ちょっと多めかなと思う方がおいしく仕上がります)

【ピコデガヨのレシピ】

下記材料をよく混ぜれば完成です。トマトの大きさに合わせて、材料の量は調整してください。好みもありますし、酸っぱさ加減、塩加減など、ご自由に合わせてください。

材料
・よく熟れたトマト...大1個
・玉ねぎ(みじん切り)...約大さじ1〜2
・ハラペニョンペッパー、又はセラーノチリ(みじん切り) ...普通サイズ1個
・パクチー(粗みじん切り)...約大さじ1
・ライム汁...半個〜1個分
・塩...適量 (ちょっと多めかなと思う方がおいしく仕上がります)

ハラペニョンペッパーやセラーノチリを使うことで2つの料理は辛く仕上がっています。この食材が辛い理由は、種と中の白い筋にあります。これらを取り除けば、ほとんど辛くなく風味だけが残ります。反対にスパイシーにしたい人は、これらを除かなければ良いです。

外で味わうファヒータは格別の味

この料理は家でも作れますが、やはり、外で直火を使って焼いた肉は程よく香ばしく焼けて、家で作ったものとは全く違う風味が楽しめます。

テックスメックス料理はアメリカでとても人気がある料理で、日本人の口にも合います。特にファヒータはアメリカ人の大好物です。1つだけ気をつけなくてはいけないのは辛さです。お子さんがいらっしゃる場合、辛さに気をつけて調整してください。

日本のバーベキューは、どうしても醤油味が多くなるかと思うので、アメリカンな料理でいつもと違うバーベキューを楽しまれてはいかがでしょうか?今は難しいですが、外で楽しめる日が来たら、いつもとはひと味違うバーベキューになることを願っています。

メイン画像提供:Adobe Stock

明比玲子

兵庫県芦屋市生まれ。1989年に渡米し、ニューヨークのシェフ養成学校で学んだ後、本格的に料理に取り組む。著名レストランでパティシェとして経験を積み、アメリカ人と日本人に料理とお菓子の指導も行う。日本の料理雑誌への寄稿やフードスタイリングも行いつつ、2008年からは、コンサルティングの仕事なども兼ねながら、ニューヨークセレブのプライベートシェフとして、活躍中。
【HP】
【Instagram】

関連する記事
【和食料理人・笠原さん直伝】お弁当にもぴったり!味がしみ出す「油揚げのしぐれ煮」 2023年10月23日 20:00
思い立ったらすぐ作れる!ハロウィンにぴったりの簡単おやつレシピ 2023年10月27日 12:00
たこ焼き器の意外な使い方!「ライスボールチヂミ」が今までにないおいしさ! 2023年10月28日 13:00
冷やして食べるのが◎旬のさつまいもでダイエット中でも「罪悪感ゼロ」のヘルシースイーツ 2023年10月24日 18:00
カップ麺に生クリームがメーカー推奨!?日本じゃ見かけないアメリカの「カップ麺」を現地レポート 2023年11月21日 20:00
和風のイメージを覆す!?進化系「揚げ出し豆腐」 2023年11月05日 10:00
漬けるだけ絶品!X(旧Twitter)でバズった6Pチーズのうますぎる食べ方 2023年11月16日 19:00
【作業5分】バター不要!オイルで作れる「簡単スコーン」 2023年12月06日 14:00
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
大量消費にも◎たった10分で完成!大根×豚肉の主菜3選 2023年11月29日 08:00
レンチン3分で完成!簡単すぎる「フレンチトースト」 2023年12月10日 13:00
セリアの特大カップで!昔ながらのカスタードプリン 2023年12月11日 07:00
知らなかった!「缶詰」の正しい開け方でもう怪我しない 2023年12月21日 14:00
これだけ守れば大丈夫!ダイエット中でも罪悪感ゼロの「おやつ2か条」とは 2023年12月18日 20:00
【TVでも話題に!】混ぜない!こねない!重ねるだけの「乱暴ハンバーグ」 2023年12月14日 19:00
【2万回検索された】〇〇でふっくら、もっちり!発酵不要&罪悪感ゼロの「やせピザ」 2023年12月20日 19:00
一石◯鳥!?ひき肉100gで家族分できちゃう子ども大喜びなお子様ランチ風【ハンバーグ鍋】 2023年12月25日 12:00
コンビニの人気メニューもこれで作れる!業務スーパーの「冷凍トルティーヤ」実食レポ 2023年12月20日 12:00
アメリカの意外な場所で見つけた「スターバックス」激レア商品や裏メニューを現地レポート! 2023年12月22日 20:00
年末年始の強い味方!暴飲暴食をなかったことにできる◯◯スープって? 2023年12月26日 20:00
捨てちゃダメ!かなり使える「空き容器」活用術 2024年01月28日 13:00
まな板いらずで手も汚れない!アボカドの切り方 2024年01月21日 18:00
安い!うまい!簡単すぎ!3拍子そろった激ウマ「豚バラ丼」 2024年01月26日 19:00
これで中身が飛び出ない!鍋料理の長ネギはこの切り方がおすすめ 2024年02月01日 14:00
たっぷりチーズとベーコンがウマい!ライスペーパーで「スケルトンガレット」 2024年01月18日 19:00
【極シリーズ】涙するほどおいしいと言っても過言ではない「極 ツナマヨおにぎり」 2024年01月25日 19:00
レンジ2分で驚きのモチッとろっ食感!バレンタインに食べたい罪悪感ゼロスイーツ 2024年02月04日 20:00
毎朝の◯◯が“要介護”にならない秘訣!?医師が教える「元気に長生きできる食事術」とは 2024年01月11日 19:00
もう焼かない!レンジで簡単「焼き鮭」の作り方 2024年02月10日 07:00
とろ〜りチョコ&マシュマロにハマる!スモア風ミニマフィン 2024年02月27日 07:00
混ぜてレンチンするだけ!冷凍もおいしい「ひとくちチョコムース」 2024年02月28日 13:00
中からチーズがどばぁっ!白だしで味が決まる「ふわとろチーズ焼き」 2024年02月22日 19:00
【極シリーズ】自家製めんつゆで作る、だれウマ本気のトロトロ「極 半熟煮卵」 2024年02月29日 19:00
春先に向けて身体リセット!!栄養&ボリューム大満足「脂肪燃焼スープ」 2024年02月27日 18:00
1品で完結!メインに迷ったら「具だくさんオムレツ」を作ろう 2024年03月03日 10:00
作業時間5分!混ぜて焼くだけでふわもち食感の「ミルクパン」 2024年03月14日 06:00
これ知ってる?10秒で「雪見だいふく」がめちゃうまになる方法 2024年03月30日 12:00
ご飯も酒も止まらなくなる!ガーリックマシマシのやみつき「ペペロンブロッコリー」 2024年03月21日 19:00
【極シリーズ】パスタを茹でないことで、驚くほどモチモチに仕上がる「極ナポリタン」 2024年03月28日 19:00
春キャベツで夏までに身体スッキリ!野菜をモリモリ食べられる「ごちそうヘルシーサラダ」 2024年03月26日 18:00
高級チョコに偽札探知機まで!アメリカ版100均「Dollar Tree」で見つけたおすすめ商品をレポ! 2024年03月29日 20:00
SNSでも話題!「ドン・キホーテ」の人気ポテチ5種、全部食べてみた 2024年03月17日 20:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
820万人が注目する大人気クリエイター・ケンティー健人が教える!餃子の皮で作る「エッグタルト」が絶品 2024年03月16日 20:00
モリモリ食べられる!「小松菜だけ」サラダを作ろう 2024年04月10日 14:00
何もない朝はコレ!チーズとろ〜り「ブリトー」がアレで簡単に作れちゃう 2024年04月07日 06:00
可愛すぎる!サッカーボールのメロンパン 2024年04月12日 10:00
パリパリ食感であっという間に完食!海苔とごまが香ばしい「鶏むねナゲット」 2024年04月18日 19:00
3つの栄養素がポイント!東大現役合格を支えた「お弁当」つくりのルールとは 2024年03月21日 20:00