cookpad news
トレンド

シュークリーム作りのはずが「椎茸」に!?10万人の心を奪ったツイート主に真相を伺ってみた

【Twitterでバズったごはん Vol.70】市販品などを上手に使い、ササッと作れておいしいレシピが日々投稿されているTwitter。その中から、とくに話題を集めたレシピや便利な料理の知恵を、編集部がピックアップしてお届けします。

シュークリームが「椎茸」になった理由とは?

Twitterでバズった料理に関するツイートに注目し、多くの人の心を鷲掴みにしたヒミツを解き明かしていく連載をお届けします。第70回目に注目したのは「シュークリーム作りのはずが椎茸に」です。

ぽんさんの「シュークリームを作ったはずが、まるで“椎茸”のような仕上がりになった」というツイートが話題になりました。では、ぽんさんに詳細を伺ってみます。

一度も膨らむ様子がなく…

−−今回の“椎茸”は、どのようにして出来上がったのでしょうか?

ぽんさん:ココア味のシュークリームをレシピ通りに作ったつもりが、いつの間にかこうなりました。今回初めてシュークリーム作りに挑戦したので、はっきりと原因はわからないのですが、卵液を混ぜる段階で生地の硬さを緩くしすぎたのだと思います。「オーブンの温度が原因だったり、途中で扉を開けてしまって萎んだのでは?」というリプライなどもあったのですが、温度はレシピ通りでしたし、焼いてる間もずっと見ていましたが、悲しいことに一度も膨らむ様子もなく椎茸になったので…。

−−逆に言えば、奇跡の椎茸誕生だったのかもしれません。実際に召し上がってみて、味わいはいかがでしたか?

ぽんさん:「おいしいのでは?」と、フォローしてくれるリプライもありましたが、味は、ココア風味のシュークリームにしてもかなり苦味が強く、膨らまずに焼かれたせいかバターがベタベタして嫌に油っぽく、煎餅どころではない異常な硬さで、レシピ通りの塩を入れているはずなのですがなぜか変なしょっぱさがある、という大失敗の味でした…。

それでもリベンジをあきらめない!

−−その後、リベンジをされたツイートも拝見しましたが、どのような工夫や改善を試みましたか?

ぽんさん:ほかのレシピも参考にしてみました。硬さを見ながら感覚で卵液を足していく工程と、オーブンの温度をほかのレシピを参考にし、経過時間によって温度を下げてみるなど丁寧にやってみたところ、リベンジ回では多少膨らみました。

−−少しずつ膨らむようになってきたのですね。次回、再びリベンジされる予定はありますか?

ぽんさん:自分では食べる機会がないので、また人にあげる機会がある際には、今度はプレーンの味で挑戦しようかと思っています。

−−では最後に、今回バズったことでどのような反響がありましたか?

ぽんさん:反響というのは特になく、バズったという感覚もあまりないのですが、知らない方からたくさんリプライなどが来て、普段はないリアクションが見れて楽しかったです。

思わず醤油をかけて食べたくなってしまうほど、おいしそうな椎茸に似ているシュークリーム。なかなか膨らもうとしない様子に、意地っ張りな可愛らしさを感じました。ぜひツイート先を覗いてみて、お菓子作りの楽しさに触れてみませんか?

(TEXT:八幡啓司)

ぽんさん
お菓子作りに関することや、日々に感じたことなどをツイートしている。