cookpad news
コラム

購入してから3年、毎日使ってる!肉も魚もザクザクいける「キッチンばさみ」が便利すぎた

【キッチンアイテムお試しレポートVol.20】クックパッドニュースライターが、便利なキッチングッズをお試し!実際に使って便利なものだけをレポートします。今回は購入してから3年間、毎日欠かさず使っている、愛用のカーブキッチンばさみをご紹介します。

3年間、毎日使用!愛用のキッチンばさみ

今回は、「肉が切りやすく、お手入れしやすいカーブキッチンばさみ」をご紹介します!

以前使っていたキッチンばさみが切れなくなり、樹脂製の柄も色が変わって劣化してきた感じがあったため、オールステンレスのはさみを探していました。そして、購入したのがこちらの「貝印 キッチンバサミ 関孫六」でした。

これを購入してから3年半、キッチンで使わない日はないほど、私の日々の料理を支えてくれている道具なんです。

カーブ刃が食材の下にすべりこませやすい

こちらのキッチンばさみ、一般的なものより刃が長く、ゆるやかにカーブしています。 刃の表面には細かなギザギザが刻まれています。

試しに鶏もも肉を切ってみました。 ギザギザが滑り止めの役割をしてくれて、包丁で切りにくい鶏の皮もよく切れます! 唐揚げやカレー用のカットが包丁より短時間でできて、パックの上で切ればまな板も汚れません。

また、この刃のカーブも絶妙です。

刃がまっすぐなはさみは、刃の先端が食材の下の皿やまな板にこすれてしまうので、食材を持ち上げて浮かせながらでないと切り進められません。

それに比べてこのはさみは、刃のカーブが食材と皿の間にスッと入りこんで、食材を浮かせなくても切ることができます。

生の肉のほか、とんかつや肉巻きを食べやすくカットしたり、ピザを切り分けるのにも活躍してくれています。 子どもが小さかった頃は、お皿に取り分けた食材を小さく切るのにも重宝しました。

分解でお手入れらくらく

生肉や油ものを切ることが多いので、購入の際は洗いやすさも重視しました。

こちらのはさみは簡単に分解できるので汚れがたまりにくく、すごく洗いやすいです! また柄の部分も刃と一体化したステンレスなので、劣化の心配がないのも嬉しいポイントです。

実際に使ってみて、気になる点は?

オールステンレスなので、重さが気になる方はいらっしゃるかもしれません。 また一般的なはさみに比べて大きめなので、手が小さい方は力が入りにくいかもなと感じました。

刃の先端はあまり鋭くないため、刃先を使う細かな作業にはあまり向いていません。キャラ弁作りなどには、別のはさみを使ったほうがいいかもしませんね。

この商品を買うまでは、私の中で「包丁の補助役」くらいの位置づけだったキッチンばさみが、包丁のかわりになるものとして存在感を増すきっかけになったアイテムです。 特にお肉は包丁を使わずに、このはさみで切ることがすっかり当たり前になりました。

お肉や魚をザクザク切り分けられるはさみを試してみたい方は、「貝印 キッチンバサミ カーブ」等で検索して、ぜひお試しくださいね!

菱路子

料理ライター兼会社員。2007年、ひとり暮らしスタートをきっかけにお弁当を作りはじめ、お弁当ブログを立ち上げる。これがきっかけとなり、料理・外食コラムやレシピ提案、料理写真撮影を手掛けるライターとして活動を開始。「手をかけすぎず、ちょうどよくおいしい」が料理のモットー。プライベートでは1児と1猫の母です。