cookpad news
健康レシピ

超優秀食材「ミニトマト」!栄養価を最大限に高める食べ方とは

早藤千紘

子育て奮闘中の管理栄養士

トマトの「リコピン」を高める調理法とは?

みずみずしいトマトが食べられる季節。最大限に栄養価を高めた調理法で食べてみませんか?ポイントは「加熱」・「油」・「にんにく」です。

ソースとしても使える!

朝食にもおすすめ

おつまみにピッタリ

ミニトマトに豊富!リコピンの上手な摂り方

ミニトマトは普通のトマトに比べて水分が少ない分、より栄養価が高くなっています。

トマトの代表的な栄養素といえば「リコピン」。抗酸化作用がとても高く、夏の紫外線から肌を守ってくれたり、生活習慣病の予防に高い効果を示しています。

リコピンは、加熱に強く、脂溶性の性質があるので油と一緒に加熱調理するのがおすすめです。また、にんにくと一緒に調理することでさらに吸収が高まるともいわれています。

執筆:早藤千紘

管理栄養士、食学士、野菜ソムリエ。 大手企業の社員食堂栄養士、有名クッキングスクールの講師、食学士としてセミナー講師などを経験。現在は自身の子育てをメインに、管理栄養士の資格を活かして、食事と健康・美容の大切な繋がりや、子どもへの食育の大切さを多くの方に知っていただけるよう活動中。

執筆者情報

早藤千紘

管理栄養士、食学士、野菜ソムリエ。 大手企業の社員食堂栄養士、有名クッキングスクールの講師、食学士としてセミナー講師などを経験。現在は自身の子育てをメインに、管理栄養士の資格を活かして、食事と健康・美容の大切な繋がりや、子どもへの食育の大切さを多くの方に知っていただけるよう活動中。

編集部おすすめ