cookpad news
コラム

ダイエット界に新食材が登場!「凍らせしじみ」で痩せ体質に

ダイエットで大事なのは、摂取カロリーを減らすことだけじゃなく、消費カロリーを増やすこと。特に、生きているだけでカロリーを消費する「基礎代謝」の量を増やすことができれば、ダイエットに大いに役立ちます。今注目されているのが、内臓の中でも基礎代謝量が多い「肝臓」。肝機能を高めれば、脂肪が燃焼しやすい“痩せ体質”になれるかも!?ダイエット外来内科医・工藤孝文さんの著書『「凍らせしじみ」ダイエット ダイエットのキモは肝臓にあった!』(育鵬社)から、肝機能を高める食事のヒントを少しだけお届けします。

肝機能を高める特別なアミノ酸「オルチニン」

オルニチンとはタンパク質を構成するアミノ酸とは異なり、体中を血液とともに巡る「遊離アミノ酸」という特別なアミノ酸の一種で、おもに肝臓で働きます。
肝臓にはエネルギーの産生に関する「TCAサイクル」、ブドウ糖を新たに合成する「糖新生」、アンモニアを解毒する「オルニチンサイクル」という三つの主要な代謝経路があります。
オルニチンは体に入ると肝臓内にあるオルニチンサイクルに入り、体内に存在する有害物質アンモニアを尿素に変えて体外に排出する解毒作用を助けます。
アンモニアを減らすことで、エネルギー産生に関わるTCAサイクルと糖新生というふたつの代謝を円滑にしていると考えられています。つまり、オルニチンが不足すると肝臓の代謝機能が低下してしまうのですが、その分泌量はだいたい20歳をピークに、加齢とともに減少します。

オルニチンの宝庫はしじみだった

多くの健康効果を持つオルニチン、肝臓のためにも食べ物から摂るのが一番です。オルニチンが多く含まれる食品は、しじみ。他の食品位比べて圧倒的な量です。しじみ100グラム分のオルニチン量をほかの食品で摂ろうとすると、どれも膨大な量を食べなければならず、ほぼ実現不可能です。

健康効果を倍増させる「凍らせしじみ」

ほかのどの食品よりもオルニチンが多く含まれているしじみ。ぜひ毎日の食事に取り入れていただきたいと思うのですが、さらに健康効果を大きくする、とても簡単な方法があります。
それは、しじみを冷凍すること

実はしじみは、生命の危機にさらされると、自らが持つオルニチンの含有量を多くして身を守ろうとするのです。では、どうすればしじみを「生命の危機にさらされている」という状態に陥らせることができるのでしょうか。

それはとても簡単、どの家庭にもある冷蔵庫の冷凍室にしじみを入れ、凍らせるだけのこと。それだけで「凍らせしじみ」になります。しじみを味噌汁やスープの具材などにして使うことが多い場合は、水ごと凍らせた「氷しじみ」にするのもよい方法です。

しじみは冷凍しても栄養素が壊れたり風味が損なわれたりすることはありません。さらに、冷凍するとしじみの細胞が壊れるため、うまみ成分であるグルタミン酸とアラニンが吸収されやすくなり、美味しさを感じやすくなります。
実際にうまみが凝縮されて、生の状態で調理するよりも冷凍したものを使ったほうが美味しい、と感じる人も多いのだとか。しじみという食材の持つポテンシャルを引き上げるこの方法、大いに使っていただきたいと思います。

おすすめ「凍らせしじみ」レシピ①

昔から「お酒を飲んだ翌朝はしじみの味噌汁」といわれるように、肝機能向上が期待される定番のしじみ料理が味噌汁です。出汁を使わなくても、しじみからたっぷりうまみが出るため、作り方も簡単です。氷しじみを使うことでうまみも増え、より味わい深い味噌汁が完成します。氷しじみではなく凍らせしじみを使う場合は、しじみを流水で軽く洗ってから沸騰したお湯に入れ、煮立てたのち味噌を加えます。
材料である大豆は、トリプトファンというアミノ酸の一種が豊富に含まれます。トリプトファンは抗ストレス効果が高いために、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの材料となるので、朝に味噌汁を飲むことはダイエットだけでなく一日を快適に過ごすという意味でもおススメです。
味噌汁を沸騰させてしまうと風味が失われるだけでなく、味噌に含まれる酵母や乳酸菌が死んでしまいます。せっかくの健康効果を損なわないためにも、加熱しすぎには注意してください。よりあっさり食べたいときは味噌のかわりにしょうゆや塩で味付けをした「しじみのおすまし」にしてもよいでしょう。

おすすめ「凍らせしじみ」レシピ②

しじみを日本酒で蒸しただけの簡単なひと皿です。すぐに完成するので、もう一品なにかほしいというときにはぴったりでしょう。
凍らせることによってうまみが増したしじみのおいしさを存分に味わうことができます。日本酒を使いますが、沸騰させることによりほぼアルコール分は飛んでしまうので、アルコールによる影響はほとんどないといってよいでしょう。
日本酒と一緒にしょうがの薄切り1枚を加えてもいいですし、日本酒の代わりに白ワインを使うのもおすすめです。そのときはバターを1片加えると風味が増します。

画像提供:Adobe Stock

著者メッセージ

私が専門とするダイエット治療を訪れるのは「食欲が止められない」という人ばかりではありません。むしろ、「がんばっているのにやせられない」という人のほうが多いのです。そんな人たちには「基礎代謝が低い」という特徴があります。さらに「こんなに頑張っているのに」と思い悩むことでストレスがたまり、過食傾向になってしまう、それがさらにストレスを引き起こすという悪循環にはまる傾向もあります。つまり、ダイエットは基礎代謝を高めるとともにストレスを緩和させる食材を取り入れることがとても重要といえます。その条件に合う食材こそが肝臓の機能を高めるしじみです。ダイエットを成功させるしじみのパワーを、ぜひ本書で知ってください。

書籍紹介

『「凍らせしじみ」ダイエット ダイエットのキモは肝臓にあった!』(育鵬社) やせるためには食事制限が欠かせない、でも量もカロリーも少ない「ダイエット食は物足りなくて続かない……。そんな経験があるなら、「ダイエット食」の捉え方を変えましょう。
カロリーを気にしたり、食事の量を減らしたりするのはもうおしまい。これからはエネルギーをどんどん消費できる体をつくる食材に注目です。
そんな食材が本書で紹介するしじみです。しじみには基礎代謝量NO.1臓器である肝臓の機能を高めるアミノ酸「オルニチン」がいっぱい。しじみをメニューにプラスすれば、やせる体を手にいれることも夢ではありません。
簡単なしじみメニューも満載の本書を活用して、ダイエット成功への一歩を踏み出してみませんか?

著者紹介

工藤孝文(くどう・たかふみ)
福岡県みやま市出身。福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。現在は、自身のクリニック:みやま市工藤内科院長として地域医療に力を注いでいる。専門は、糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病、漢方治療など。NHK『あさイチ』、日本テレビ『世界一受けたい授業』、フジテレビ『ホンマでっか!?TV』などテレビ出演多数。著書・監修書籍は、100冊以上におよび、Amazonベストセラー多数。とくに『やせる出汁』(アスコム)は15万部突破のベストセラーとなっている。日本糖尿病学会・日本高血圧学会・日本肥満学会・日本東洋医学会・小児慢性疾病指定医。

関連する記事
30代からの発症も⁉︎”うつ病"に間違えられやすい「男性更年期障害」の実態 2023年09月30日 20:00
肉を食べて内臓脂肪を落とす!アメリカの名医がダイエットに「赤肉」を勧める理由とは? 2023年10月07日 19:00
コレステロールを下げる食材はコレ!「年代別」「男女別」の付き合い方を医師に聞きました 2023年09月29日 17:00
作業4分で作れるコーヒーゼリーが暑い日に◎8月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年09月06日 22:00
ケーキを食べるならアップルパイが正解!? ダイエット中に役立つ食事選びのちょっとしたコツ 2023年08月30日 20:00
やせない理由はカロリーじゃない?忙しい人が見直したい3つの習慣 2023年09月06日 20:00
食べないダイエットになってない?「カロリー制限ダイエット」の5つの落とし穴 2023年09月13日 20:00
飲み方次第で"睡眠"に悪影響も… コーヒー「飲む時間」の正解は 2023年08月28日 20:00
栄養士が選ぶ!我慢しないで思いっきり食べたいメニュー5選と食べ方のコツ 2023年09月27日 18:00
パラパラが使いやすい!ねぎ、チーズ、ひき肉の冷凍ワザ 2023年10月16日 14:00
慢性的な疲労だけじゃない「夜勤仕事」をする人の体内で起きている変化 2023年10月28日 20:00
「痩せるために毎日ランチは春雨スープです」これって正解?足りない栄養は? 2023年10月24日 12:00
冷やして食べるのが◎旬のさつまいもでダイエット中でも「罪悪感ゼロ」のヘルシースイーツ 2023年10月24日 18:00
DASH食とは?高血圧予防に役立つ食事法の効果とやり方を知ろう 2023年10月11日 20:00
糖尿病専門医が教える!血糖値をコントロールして「無理せず痩せる」食べ方の正解 2023年09月17日 20:00
その習慣が認知症を招く?「寝る直前に大量の水を飲む」ことのデメリットとは 2023年09月21日 20:00
痩せたい人はコレ買って!ダイエット講師が買ってる「コストコ食材」3選 2023年10月17日 16:00
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
人工甘味料は血糖コントロールやダイエットの味方になる?上手な活用の仕方 2023年11月01日 20:00
そのプロテイン、本当に必要?プロテインが必要な人、必要ではない人 2023年11月08日 20:00
野菜ジュースのメリット・デメリットは?上手な活用の仕方 2023年11月22日 20:00
え、ダメなの?痩せたい人が「サウナ」で飲んではいけない意外な飲み物 2023年10月31日 20:00
ストレスだらけだった減量が達成感があって楽しいものに!半年で−6kgを叶えた人気YouTuber・まみやでさんが、これまでのダイエットから“変えたこと”とは? 2023年10月28日 15:00
158cm・60kgから48kgへ!食事管理のみで1年に−12kgを叶えた産後ママの最強ダイエット法 2023年11月04日 15:00
医師が警告「お酒を飲んで顔が赤くなる人」が持っている思わぬ病気リスク  2023年11月09日 20:00
カップ麺の「ノンフライ麺」のメリットって?違いは何?管理栄養士に聞いてみた! 2023年12月05日 12:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
【2万回検索された】〇〇でふっくら、もっちり!発酵不要&罪悪感ゼロの「やせピザ」 2023年12月20日 19:00
1年で最もダイエットに適した季節到来!冬が来る前に運動を始めるのがポイント 2023年11月29日 19:00
サウナにダイエット効果はある?流行りの「サ飯」の気をつけるポイントを解説 2023年12月06日 20:00
悪玉コレステロール値が高いといわれたら?食事や食べ物選びの工夫を解説 2023年12月13日 20:00
年末年始太りに!痩せたい人は「みかん」こう食べて【管理栄養士に聞いてみた】 2024年01月09日 10:00
レンジ2分で驚きのモチッとろっ食感!バレンタインに食べたい罪悪感ゼロスイーツ 2024年02月04日 20:00
3%の減量で血糖コントロールが改善?減量を達成するための実践法を伝授! 2024年01月03日 20:00
肝機能の数値が高いといわれたら?原因となる生活習慣や改善のポイント4つ 2024年01月10日 20:00
何でも食べていい?「16時間ダイエット」でやってはいけないNG行動! 2024年01月17日 20:00
梅おにぎりと鮭おにぎり、どっちが正解?栄養士が教える「食べても太らない食事」とは 2023年12月12日 20:00
東洋医学的にはNG!雨の日に食べる「乳製品」がタプタプ脂肪の原因かもしれない 2023年12月29日 20:00
50代からの落ちにくい体重に!話題の「アジアン粥」で置き換えダイエットをやってみた 2024年01月24日 19:00
ダイエットに失敗する人の家には◯◯がない!「太りやすいキッチン」にあるもの・ないもの 2024年01月06日 19:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
夕方以降の◯◯で脳機能が低下!?脳内科医が警告する不眠原因となる食習慣とは 2024年01月08日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
春先に向けて身体リセット!!栄養&ボリューム大満足「脂肪燃焼スープ」 2024年02月27日 18:00
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
毎日プチ運動をしたら1年で何キロやせる?習慣化したい運動を紹介 2024年02月21日 20:00
【医師が教える】老けて見える人、見えない人の「食習慣」の差 2024年01月30日 20:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00
朝と夜に◯◯を食べると10歳も若返る⁉️医師が教える“細胞を元気にする”食事法とは 2024年02月22日 20:00