24kgやせたダイエッターさんの毎日ダイエット〜揚げ方で変わる油の吸収率〜

9422495f8b04a001ae1f16bb77e924c6

こんにちは。1年半で24kgのダイエットに成功した、ダイエットカウンセラー大西ひとみです。ダイエット中は揚げ物は控えたいけれど、外食などでどうしても・・・という時に、どんな揚げ物が一番太りやすいのか知っておくだけで、カロリーコントロールがしやすくなりますよ!

揚げ方で油の吸収率が変わる

揚げ物の吸収率は調理法によって異なり、基本的には衣が厚いほど吸収率が上がり、カロリーも高くなります。最も、油の吸収率が低い調理法は、意外にも素揚げなのです。ただ、素揚げの場合食材によっては吸収率が大きく変わります。

一般的に、食材に脂肪が多く含まれているものは油の吸収率が低く、水分が多く含まれている食材は吸収率が高くなります。少し油のある肉などの方が油の吸収率が低く、なすなど、ほとんど水分で出来ているような野菜は素揚げをすると油の吸収率があがります。

揚げ方で変わる一般的な油の吸収率は、フライ・フリッターは17%〜20%、天ぷらは13%〜35%、唐揚げは6%〜8%、素揚げは3%〜5%と言われています。

クックパッド編集部

「女子ネタ」 アクセスランキング (毎日6:00更新)