cookpad news
コラム

【1月の旬の魚】親子で語ろう・ワカサギやカニがおいしい季節になったよ!

四季が豊かな日本には、魚の旬も移り変わります。旬の魚のおいしさを子どもにもぜひ伝えていきたいですよね。親子で語る季節のお便りシリーズ、1月の魚についてぜひ、お子さんに読み聞かせしてあげてください。

タラバガニはカニじゃない?


これはタラバガニ。足は何本あるかな?


こっちはズワイガニ。
タラバガニは足が6本、ハサミが2本。ズワイガニは足が8本、ハサミが2本だよね。
本当はタラバガニにもあと2本足があるんだけど、とても小さくて甲羅の中に隠れているんだって。こんなふうに他のカニとは違うタラバガニ。じつはカニの仲間ではなく、ヤドカリの仲間なんだって。でも味は、タラバガニもズワイガニも同じようにおいしいよ!

どこに住んでいるのかな?

海に住んでいるよ。

どんな形と大きさ?

硬い甲羅とハサミを持っている。タラバガニは甲羅の大きさが20センチくらい。足を広げると1メートル50センチくらいになるんだって!
ズワイガニは甲羅の大きさは15センチくらいだよ。

どんなふうに食べる?

ゆでたり、蒸したりして食べるよ。鍋に入れてもおいしいね。グラタンやスープに使ったりもするね。

おうちの方へ

ワカサギ釣りは冬の風物詩とも言われ、実際にやったことはなくても、本やテレビなどで目にする機会は多いのではないでしょうか。
また、冬の鍋物に欠かせないカニも、その姿は子どもの好奇心をくすぐります。
ワカサギもカニも味は淡白で子どもでも食べやすいもの。食べるだけでなく、生態や釣り方などを知ることで、魚への興味を広げてみてはいかがでしょうか。(TEXT:松崎祐子)

おすすめ記事