ニューヨークの「サラベス」の味!ふんわり甘いジンジャーマフィン

ニューヨークの「サラベス」の味!ふんわり甘いジンジャーマフィン

泣きたいことがあったらマフィンを焼けばいい。こう書いたのは、たしか作家のウイリアム・サローヤンだったでしょうか、ちょっと失念してしまいましたが、誰かの本にそう書いてあったのは確か。そして、なんだかわかるのです。マフィン生地をせっせとこねる。型に流してオーブンで焼く。キッチンが甘い香りでいっぱいになる。ふっくら丸くてかわいらしいマフィンができる。そうすると不思議と元気が出るというか、私は大丈夫と思えるのです。

ずいぶん昔のことですが、ニューヨークの「サラベス」で食べて、そのおいしさにびっくりしたジンジャーマフィンを再現してみました。バターの代わりにオリーブ油を使います。作って食べると、本当になんだか元気が出るおいしいマフィンです。

<材料(6コ分)>

無塩バター…適量
薄力粉…165g
グラニュー糖…100g
ベーキングパウダー…小サジ1杯
塩…少々
しょうが(みじん切り)…25gほど
玉子…1コ
牛乳…110g
オリーブ油…55g
レモンの絞り汁…少々

<作り方>

1.無塩バターを湯煎にかけて、溶かしバターを作ります。
2.刷毛を使い、マフィン型の内側に、溶かしバターをたっぷり塗ります。
3.しょうがの皮をむき、みじん切りします。
4.ボウルに、薄力粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩を入れて、泡立て器でかるく混ぜ合わせ、ふるいにかけます。しょうがを20gほど加えて、よく混ぜ合わせます。
5.別のボウルに、玉子、牛乳、オリーブ油、レモンの絞り汁を入れ、なめらかになるまで、泡立て器でよく混ぜて、生地に加えます。
6.ゴムベラを使って、やさしく混ぜ合わせます。
7.マフィン型に生地を均等に入れ、残りのしょうがを上にトッピングします。
F49a77b01ecf079fd6511a279fee8419 8.200℃に余熱したオーブンで10分焼きます。そのあと、温度を180℃に下げ、ふたたび10分ほど焼きます。全体がキツネ色になり、竹串をさした時に、すっと抜けるくらいになったら、オーブンから取り出します。粗熱を取って、出来上がりです。
9f3d4e9543e7b32759cdcd355393ea71

料理:田中真唯子 文・写真:松浦弥太郎


くらしのきほん

B8743a4586858638fb38eb3ffc7ee0c7 『くらしのきほん』は、食を中心に、暮らしの基本を学び、楽しみ、基本の大切を分かち合うウェブサイトです。時代が過ぎても、決して古びない、価値のある、暮らしの知恵と学びを発信していきます。トップページでは、1日3回「おはよう」「こんにちは」「おやすみなさい」の挨拶と一緒にメッセージを更新しています。

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)