【フライパンも汚れにくい】「きれいな目玉焼き」を作るコツ♪

A2df2cec6b74af1dbe0a2c9c111dd7b4

「弱火5分と余熱で放置」がミソ

毎日の朝食作りに便利な目玉焼き。フライパンも汚れにくく、きれいな目玉焼きを作るコツがあるのをご存知ですか?コツは、フライパンに卵を割り入れたら、すぐに蓋をすること。弱火で5分加熱したら、火を止めて余熱で放置するという方式。通常は、途中で水を入れて作るのが一般的な目玉焼きですが、水を入れないことで白身も焦げにくく、余熱で黄身のかたさも調整できるんです。水なしで作るとフライパンが汚れにくいので、続けて何個でも作れたり、そのまま、お弁当や朝食のほかのおかずを作るのも簡単!最初からフタをする「弱火5分」の加熱と、その後の「余熱で放置」で、きれいな黄身の目玉焼きができますよ。

じつは時短にもなる!

フタをしないで作ると時間がかかるし、フタをして水を入れると、膜がはりすぎてしまい、黄身の黄色が鮮やかに見えにくい!なんてことも。これなら最初の5分調理したら、あとは余熱でほったらかしなので、忙しい朝にぴったりです。

きれいに出来る♡目玉焼き by ennyakora
水無しで膜が出来ますよ♡黄身の固さは余熱で調節♪

黄身は半熟、白身はプルプル

つくれぽ(みんなの作りましたフォトレポートのこと)にも、「黄身は半熟 白身プルプル 美味しく焼けました♪」「お水を入れないのは初めてで目から鱗でした!綺麗に出来て感激です!」など感動の声が!

D41a498f8667bb24f4844506fbd73678

目玉焼きがきれいに焼けると、朝からテンションが上がりますよね。簡単、失敗なしでできるので、ぜひチャレンジしてみてください。(TEXT:RIKA)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「きょうのごはん」 アクセスランキング (毎日6:00更新)