劇場版『ウルトラマンR/B』俳優が語る“お母さんの思い出の味”【あのひとの「思い出レシピ」/平田雄也さん、小池亮介さん

F3ac0227b02fd3d9035371c9fa19edc4

今話題の“あのひと”に、印象深い料理の思い出についてインタビュー。今回は、3月8日(金)公開の映画『劇場版ウルトラマンR/B(ルーブ)セレクト!絆のクリスタル』で主人公を務める湊カツミ役・平田雄也さん(写真右)、湊イサミ役・小池亮介さん(写真左)にお話を伺いました。映画のテーマは「絆」。二人が“家族との絆”を感じるという「思い出の味」とは?

料理を通して感じる“家族の温かさ”

――『劇場版ウルトラマンR/B(ルーブ)セレクト!絆のクリスタル』のテーマは絆。映画の中でも家族の絆を象徴する一家団欒のシーンで「すき焼き」が登場しますが、平田さん、小池さんにとって家族との“思い出の味”というと何でしょうか?

平田さん(以下、平田):僕は「麻婆春雨」です。母の作った麻婆春雨がとても大好きで、今も実家に帰るときは、事前に連絡して「麻婆春雨が食べたい」ってリクエストしています。

市販の素を使わずに作るので、食べるたびに食感が違ったり、少し薄くなっていたり、毎回味が安定しない感じも好きなんですよ。小さいころから食べていて、麻婆春雨の日は1日ハッピーでした。

0ac13ebf3899f0b10476b349e1e5736f 湊カツミ役・平田雄也さん

小池さん(以下、小池):僕は「ハンバーグ」ですね。静岡県に住んでいる方ならみんな知っていると思うんですけど、静岡には「さわやか」という有名なレストランがあるんです。そこのお店のハンバーグが大好きで、小さいころから家族で食べていました。僕のごちそうであり、“思い出の味”ですね。きっと静岡県民はみんな大好きだと思います。

――おうちでも「ハンバーグ」が食卓に並ぶ回数は多かったんですか?

小池:母が働いていたので、仕事がお休みの日は特別に作ってくれることもありました。けど…「さわやか」の方が好きでした。僕の母が作る「ハンバーグ」は全然凝っていないんですよ。こんなこと言ったら母に怒られちゃうかもしれないけど(笑)。

でもそれはちゃんと母にも伝えていて、ふだんから美味しい料理を作ってくれたときは「美味しい」、イマイチのときは「まずい」ってちゃんと言う方でした。学生のときはお弁当を毎日作ってくれていたので、その感想もきちんと。今思えば、料理が母とのコミュニケーションツールになっていたかもしれません。

E8a60ec2ee6ee76ec599ae4c82948a16 湊イサミ役・小池亮介さん

クックパッドを見て料理に挑戦しています!

――平田さんはご自身でも「麻婆春雨」を作ってみたりされるんですか?

平田:いえ、いつも外食とか買ってきたものを食べることが多いですね。料理はあまり得意じゃないんです。僕が料理をすると、なんでも「チャーハン」になってしまうんですよ(苦笑)。

小池:え?どういうこと?

平田:一人暮らしなので作るスペースが限られているというのもあるんですが、フライパンで肉を炒めて、野菜を炒めて…ってやっていると、だんだん材料が混ざってきて、「じゃあ、米も入れよう」ってなって、結果チャーハンになっちゃうという。

小池:簡単に作れるからね!味噌汁は作ったりする?

平田:ううん。味噌汁はいつもインスタント。一人分を鍋で作るのが大変で…。

小池:たくさん作っても飲みきれないしね。

平田:そういえば、前にクックパッドを見ながら「丼」を作ったことはありました!

小池:何丼?

平田:そのときは、冷蔵庫に「ねぎ」があったから、ねぎで検索をして、塩系の「豚丼」を作りました。

小池:僕もサイトや料理動画を見て作ります。この前は、それこそ自分で「ハンバーグ」を作りました。でも何を間違えたのか、べちゃべちゃになって全然固まらなかったんです。

平田:水の量が原因じゃない?つなぎがなかったとか?

小池:玉ねぎが多かったかもしれないです。玉ねぎが多いうえに、牛乳も入れすぎたかもしれない…。ちゃんと成功したものもあって、「鮭のホイル焼き」はおいしくできました。レシピ通りに作っただけですけど、めちゃくちゃ美味しかったです。鮭のほかにエリンギも入れたんですよ。バターやレモン汁で味付けをして、その旨みを吸ったエリンギがめちゃくちゃ美味しかったです。

平田:鮭じゃなくてエリンギが⁉️じゃあ今度は「エリンギのホイル焼き」を作ればいいね。

小池:そうかも(笑)。

65125dc12c1e173417cf64d1dbd5fcd7

食卓で感じる“家族の絆”

――最後に、「劇場版ウルトラマンR/B(ルーブ)セレクト!絆のクリスタル」の公開を楽しみにしているお子さんやママたちへメッセージをお願いします。

平田:「ウルトラマンR/B」劇場版では、家族や兄弟、友達など、いろいろな人との絆が描かれています。お子さんがいる人は母親役の真鍋かをりさんの気持ちで、兄弟がいる人は僕たち演じるカツミとイサミの気持ちになって見ていただけると思います。自分と重ね合わせながら楽しんで見ていただけたらうれしいです。そして、テレビ放送のときから「すき焼き!すき焼き!」と言っていたのがようやく実現するので、そちらもぜひ楽しみにしていてください。

小池:「ウルトラマン」というヒーローものではありますが、それぞれの人間模様がしっかり描かれていて大人でも楽しめる作品になっています。今回の劇場版では、絆のほかに夢や目標もテーマになっているのですが、決してきれいごとでおさめていない、「そんな人生甘くないよ」というところもしっかり描かれているので、ぜひそこにも注目していただけたらと思います。お子さんをお持ちのお母さんにとって、この映画が子育ての役に立ってくれたらうれしいです。

7938ac4dca468ea41d31d695f1aa74e2

(TEXT:河野友美子)


映画『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』3月8日(金)より全国ロードショー

Abf99646f74e2db3d936e2abb64061ec ©劇場版ウルトラマンR/B製作委員会

■ストーリー:湊家が暮らす「綾香市」に怪獣が出なくなってから、一年の月日が流れていた。湊家の面々も平和な日々を送っていたが、自分の「夢」に向かって着実に歩んでいるイサミやアサヒに対し、カツミは将来の進路を決めかねていた。そこでカツミは、高校時代の友人で、ゲームクリエイターを目指していた戸井に、久しぶりに会ってみることにする。だが、戸井は就職したゲーム会社をすでに辞め、自宅に引きこもった生活を送っていた。カツミは、戸井の様子にショックを受ける。そんな戸井の閉ざされた心に、邪悪なアプローチをかけたのは、トレギアと名乗る謎の存在だった。さらにトレギアは、今度はカツミの心にアプローチ。カツミを、地球から遠く離れた、怪獣たちが棲む異星へと飛ばしてしまった。
そして地球では、出現した怪獣・スネークダークネスを、イサミが変身したウルトラマンブルと、別の世界から飛ばされてきた朝倉リク=ウルトラマンジードが迎え撃つ。果たしてカツミは、家族のもとへ帰ってくることができるのか? そして、恐るべきトレギアの正体と、その目的は!?
いま、絆の力が奇跡を呼び起こす……!
■出演:平田 雄也、小池 亮介、其原 有沙、眞鍋 かをり、山崎 銀之丞、西井 幸人、木下 彩音、原 日出子、濱田 龍臣 ほか
■監督:塚越 隆行
■配給:松竹メディア事業部
■公式サイト:https://m-78.jp/rb/
■公式Twitter:https://twitter.com/ultraman_series

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)