cookpad news
裏ワザ

【節約&エコ】超少量の水で「時短ゆで卵」を作る裏ワザ

これで「ゆで卵作り」がもっと楽になる!

まるで手品を見ているような、驚きのワザをご紹介します。使うのは、どの家庭の冷蔵庫にも入っている「卵」。皆さんは「ゆで卵」を作るとき、どのように作りますか?…そう、お鍋たっぷりのお湯の中でぐつぐつ茹でていくという人が多いですよね。でも、このワザを使えば「少量の水」で、しかもあっという間にゆで卵が作れちゃうんです。

使う水が少量のため、フライパンで作れます(使用するフライパンが浅いタイプの場合は、水の量を調整しましょう)。そこに卵と少量の水を入れたら、蓋をして加熱。そのまま数分蒸らして出来上がり!

★ここが大事

最初に卵に小さなヒビを入れるのがポイント。そのときに、ヒビを入れ過ぎないようにしましょう。また、茹でる卵の状態(常温か冷蔵庫から取り出したものか)で加熱時間を変えることもお忘れなく。

挑戦者たちの声を紹介

つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポート)には、「少ない水で、ゆでたまごが作れてビックリ!」「とても時短で簡単に上手に作れました」「エコな上にツルンと剥けて凄く気持ちイイ~」など、驚きと感動の声がたくさん寄せられていました!

短い時間&少ない水で作れるので光熱費・水道代の節約にもなりますし、とってもエコ。お財布にも地球にも優しい「ゆで卵の作り方」を、ぜひお試しください。