cookpad news
コラム

子どもが食べればママは幸せ!訪問調理師ごはんさんの魔法のレシピ【プロの日々ごはんVol.7】

自身や家族の好み、健康状態に合ったおいしくて栄養の取れた家庭料理を届けたい。そうは言っても調理時間の確保や料理レパートリー、栄養の知識など必要なスキルが多く、多様化した社会でこれらを満たし、実践するのは難しい家庭が増えています。そんな状況にマッチするサービスとして誕生したのが訪問調理。訪問先で食事を作る訪問調理師の中でも、数カ月先まで予約が取れないごはんさんに、その人気のルーツとも言えるご自身のバックボーンから、子どもが好き嫌いなくごはんを食べてもらえるレシピを生み出す秘密までお話を伺いました。

親子で楽しめるエスニック料理は、バックパッカーの経験が生きている

ごはんこと、飯泉友紀です。訪問調理師をしています。お料理と子どもが大好きな私にとってこの仕事は天職。今回、訪問調理師として約3年半、たくさんのお家でご飯を作ってきた経験から生まれたレシピたちが、「どんどんおかわりする 子ども大好きレシピ78」という一冊の本になりました。この本は、ただお料理のレシピを紹介しているのではなく、私が食を通して伝えたい思いがたくさん詰まっています。

「ごはんさん」。訪問するご家庭で、私はそう呼ばれています。これは、私が料理の世界に入ったときの師匠につけてもらった呼び名でして、「飯泉」という苗字を見た師匠が「ごはんちゃんでいいじゃない」と言った日から、私のあだ名は「ごはんさん」。訪問調理師の登録をするときにも、迷わずこの名前を登録しました。

国際協力について学び、将来はアジアの子どもたちと触れ合う仕事を夢見ていた私は、学生時代、バックパッカーでアジアをまわりました。タイのパッタイ屋さんにホームステイをして、朝からパッタイ作りを手伝ったり、インドのお母さんに本場のチャイの作り方を教えてもらったりしました。

訪問調理師としてお伺いするお家では、エスニックが好きなお母さんからのリクエストも多いのですが、「お子さんと一緒に食べに行くのは難しい」「家で作るのも難しい」「食材や調味料をそろえるのも大変」という声もあり、私なりのアレンジで親子で楽しめるエスニック料理を提供することもあります。これは、バックパッカー時代の経験が生きていると思います。

私が食べたかった食事、みんなに作ってあげたい食事と出会ったインターン時代

私が食の仕事に携わることになったのは、ある会社のキッチンインターンとして働くことになったことがきっかけです。福利厚生として、社内に社食を作るチームがある会社で、使う食材はすべて有機のものとこだわっていました。

上司は、毎朝全員と握手をして、その人の体温によってその日の朝食で食べるおにぎりの塩分を変えるんです。その会社で、「なぜご飯を食べるのか」「食事は、どういう気持ちで相手に届けるのか」ということを学び、私が食べたかった食事、みんなに作ってあげたい食事と出会ったことで、どっぷりと料理の世界にはまりました。

その後、調理師免許を取得しました。一般家庭の食事、有機の食事を学んだので、子どもの食に関する仕事に就きたいと思い学校給食の調理師になりました。大人と子ども向けでは、味付けはもちろん、切り方や衛生面の管理なども違い、また、アレルギー対応を学べるというのも大きかったです。

冷蔵庫を開けると、そのお家の味付けや好みがわかる

給食の調理師をしていた経験は、今の訪問調理師の仕事をする上でとても役立っています。 給食では、白米が残ってくることが多かったのですが、実際訪問する家庭でも白米が苦手なお子さんがいます。

そういう場合は、炊き込みご飯の具を用意したり、お子さんが好きなカレーを作ったりして、お米を食べてもらう工夫をします。お子さんの食事を作る面で、やはり好き嫌いは大きなハードルです。お子さんの成長によって、「先週は食べられなかったのに今週は食べられた!」というものや、その逆もあったりするので、日々の工夫が必要だと思っています。お子さんが嫌いなものを、どうしたら食べられるようになるかをお母さんと作戦会議をすることもあります。

訪問調理師という仕事は、ご自宅に伺って家庭料理を作るお仕事です。お家によって味付けが違うので、最初の頃は味付けに苦労したのですが、最近は、冷蔵庫を開けるとそのお家の味付けや、好みの味がわかるようになってきました。調味料の種類やキッチンの雰囲気で、お料理に対してのこだわりや、好みを把握して、その上で確認しながら作るものを決めています。

また、食育プログラムとして、ご家庭に行って子どもたちと一緒にお料理をするということもやっています。子どもたちと一緒に料理をしていると、私のほうが勉強になることがたくさんあるんです。こだわりを見せる部分や集中力があること、意外と丁寧に作るんだなという発見があったり。お子さんたちは、自分で作ったものは進んで食べてくれるんですよ。

ほっこりした味が子どもたちに人気

訪問調理師をはじめた頃から通っているご家庭が何件もあります。一回の訪問で、3時間料理を作るだけなんですが、お子さんの成長はもちろん、赤ちゃんの誕生やお母さんたちの復職など、その家族の大きな節目に立ちあえたりすることがすごくいいなと思っていて、とてもやりがいを感じる瞬間です。

子どもたちが大きくなっていくのを見ていられるのはすごくうれしいし、お子さんの学芸会に行ったこともあります(笑)。完全に保護者のような気分になっています。

お子さん用のレシピは、お子さんの反応を見て考えるようにしています。本で紹介している「ふわふわチキンナゲット」は、にんじんがすりおろさないと食べてもらえないとか、小松菜は茎の部分だと食べるといった反応から考えたレシピです。

最近は、酢の物系やつまみ系が人気だったり、意外とこってりした料理や男性が好きそうなものよりは、ほっこりした味が好まれたりして、面白いなと思っています。

(TEXT:上原かほり)

ごはんさんの新刊著書

どんどんおかわりする 子ども大好きレシピ78』(徳間書店

「ごはんを作らなきゃいけない」「自分がやらなくちゃいけない」と、がんばっているお母さんたちをたくさん見てきました。一生懸命作っても、お子さんが食べてくれないと、それをプレッシャーに感じるお母さんもいると思います。

ごはん作りはがんばりすぎないことが大事。手抜きでも、簡単でも、食べてくれるものがあるときっと気持ちは楽になるのではないかと思うんです。

この本では、訪問調理師として、日々、作った料理の反応を見ることができる中で、「子どもが大好き!」と思うレシピをまとめました。育ちざかりのお子さんを育てているお母さん、これからお母さんになる方にも見ていただき、お料理って、簡単に楽しくできるものなんだということを知ってもらえたらと思います」(ごはんさん)

多い日には、1日に3軒のお家を訪問するというごはんさん。各家庭に合わせた味付け、おかず、量で料理を作り、その場でリアルな反応を見ているからこそ、子どもたちがもりもりと食べてくれるレシピが生まれるんですね。

このレシピ本は、「子どもが好き!」という定番レシピだけではなく、子ども向けにアレンジされた「チリコンカン」や「辛くない麻婆豆腐」といった大人っぽいレシピや、「冷めても美味しい蒸し豆腐」や「大豆とじゃこの甘辛揚げ」といた子どもたちに大人気の給食レシピなど、ジャンル問わずさまざまなおかずが紹介されているので、お母さんたちが参考にしやすい内容になっています。ぜひお手にとってみてはいかがでしょうか?

全国の書店やオンラインストアで好評発売中。>>>購入はこちら

ごはんさん

数カ月先まで予約が取れない、人気の訪問調理師。1年に約500軒のお宅を訪れ、今までの訪問件数は計1500軒にのぼる。小学校の給食調理師の経験を生かした、子どもが喜ぶメニューが大好評。和・洋・中に限らず、多くのジャンルに対応するレシピの豊富さを活かして、現在はフリーランスの調理師として活躍中。子どもと一緒に料理をする食育プログラムにも注目。
【instagram】gohan.no.gohan

関連する記事
毎日の料理に家族から一言の感謝もナシ!それでもお料理が大好きな主婦がレシピ投稿を続ける意外なワケ 2023年10月09日 20:00
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
「見せる収納」の極意!お掃除や気をつけるポイントをアンバサダー・Keiboubouさんに聞きました 2023年10月07日 18:00
給食で大人気!甘辛味がたまらない「チキンチキンごぼう」 2023年09月06日 08:00
食べたくなったら、レンジですぐできる!バナナのスイーツレシピ 2023年09月27日 13:00
もうダメだ、パンクする…!2児のフルタイムママが人生初「家事代行」を頼んだ結果 2023年09月15日 17:00
「料理がつらい」クックパッドスタッフも感じるこの悩み、最善の対処方法は…? 2023年09月22日 17:00
20代女性にまさかの「更年期」症状?体の中で起きていること 2023年09月23日 20:00
今の若者は「ベトナム料理ネイティブ世代」。ライスペーパーが人気な理由を探ってみた 2023年09月20日 19:00
あの栄養がカギを握る!「子どもの学力を伸ばす食事」でとにかく覚えておくべきこと 2023年11月10日 23:00
余ってない?パン粉の意外な使い方3選 2023年10月10日 17:00
材料3つ!また食べたくなるフワッフワッの「雲パン」 2023年10月21日 08:00
慢性的な疲労だけじゃない「夜勤仕事」をする人の体内で起きている変化 2023年10月28日 20:00
サクサクとホクホク食感がたまらない!X(旧Twitter)で話題の「じゃがいもフライ」の作り方を聞きました 2023年10月13日 20:00
くしゃみ・目の痒みが止まらない…「秋の花粉症」に絶対とるべき食事とは? 2023年10月21日 10:00
パイシートもオーブンも不要!?目からウロコの【59円キッシュ】 2023年10月23日 18:00
ラーメン屋で蕁麻疹!?「オーガニック生活10年」のスタッフに聞いた、普段何食べてるの? 2023年10月20日 17:00
子どもの好き嫌い、叱るのは間違い…?イタリア人ママの言葉で気づいたこと 2023年09月25日 20:00
プロの料理人が教える!子どもも絶賛「鶏の照り焼き」 2023年11月13日 08:00
これは盲点だった!アレを入れて「納豆」が絶品に 2023年11月13日 18:00
「朝と昼は料理をしない」が基本?共働きがほとんどである現代フランスの食事情とは 2023年10月16日 20:00
「お腹が鳴ったから食べる」は肌トラブルの原因!?自律神経を整える食事のタイミングとは 2023年11月27日 20:00
ストレスだらけだった減量が達成感があって楽しいものに!半年で−6kgを叶えた人気YouTuber・まみやでさんが、これまでのダイエットから“変えたこと”とは? 2023年10月28日 15:00
158cm・60kgから48kgへ!食事管理のみで1年に−12kgを叶えた産後ママの最強ダイエット法 2023年11月04日 15:00
子育ての本番は〇〇期から!12人産んだ助産師ママが語る「子育て中で一番きつかったこと」 2023年12月12日 18:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
「食事のしつけ」いつから始めるのが正解?12人産んだ助産師ママの回答に驚き 2023年12月13日 18:00
そのまま食べるのに飽きたら◎揚げない「お餅ドーナツ」を作ろう! 2024年01月09日 14:00
味噌のベストな保存法も紹介!30代スタッフに聞いた「オススメの味噌汁の隠し味」とは… 2024年01月12日 17:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
【管理栄養士が伝授】「糖質オフ」より「糖質オン」のほうがキレイにやせるってホント? 2023年12月22日 21:00
コレ買ってよかった!料理好きが絶賛するキッチン収納アイテムとは?〜アンバサダーLily mamanさんに聞きました〜 2023年12月28日 20:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
丸める&揚げる手間をカット!平日でも作れる「スコップコロッケ」 2024年02月22日 08:00
トマト缶なしでトマト味!濃厚な味わい「鶏もものケチャップ炒め」 2024年02月24日 08:00
たくさん作りたくなる!気分が上がる「かわいい餃子」4選 2024年02月26日 07:00
専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由 2024年02月21日 19:00
春先に向けて身体リセット!!栄養&ボリューム大満足「脂肪燃焼スープ」 2024年02月27日 18:00
1ヶ月に1回は替えている?「キッチンスポンジ」の取り替えどき&オススメの優秀スポンジ 2024年02月23日 17:00
キッチンのプチストレスを解消!驚きの「ダイソー」キッチングッズがあった 〜アンバサダー渡部アキさんに聞きました〜 2024年01月22日 19:00
ワーママのキッチン時短術とは?ポイントは「動線」と「空間活用」 〜アンバサダーマカロンさんに聞きました〜 2024年02月06日 20:00
用意していた非常食は役に立たなかった…能登半島地震・被災者に聞く避難時の食生活 2024年01月25日 20:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00
【災害時に役立つレシピ】電気&ガスは使えるが水が出ない時に!洗い物極少の炊込みご飯 2024年02月05日 21:00
【災害時に役立つ洗い物極少レシピ】断水時にうれしい!水をムダにせずお米を研ぐ方法とは? 2024年02月20日 12:00
【災害時に役立つレシピ】断水中に子どもからのリクエスト「カレーが食べたい!」にどうこたえる? 2024年02月26日 12:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
【フライパンで全て完結】時間や手間を極限まで減らす!料理研究家・ゆーママさんの「テーブルパン」 2024年02月25日 12:00