「七草粥」+「納豆汁」で一年の元気をアゲていこう!

「七草粥」+「納豆汁」で一年の元気をアゲていこう!

旬の植物のパワーをもらう「七草粥」

「1月7日は七草粥の日」、なんて覚えている人はいませんか?それは間違いではないのですが、正式には『人日(じんじつ)の節句』と言います。お正月の最後に当たるこの日に生命力たっぷりの旬の植物を食べてパワーをもらい、一年の無病息災を願う意味が込められています。
地方によって七草の種類に若干違いはあるようですが、一般的には以下の7つといわれています。また、春の七草には、年末年始いつも以上に食べ過ぎたり飲み過ぎたりして胃腸の調子が良くない、気温や湿度が下がり風邪を引きやすいなど、この季節に必要な栄養が豊富に含まれています。

【セリ】 健胃、食欲増進

【ナズナ(ぺんぺん草)】 利尿作用、整腸

【スズナ(かぶ)】 消化促進、解毒、咳止め

【スズシロ(大根)】 消化促進、利尿作用、咳止め

【ホトケノザ】 健胃、食欲増進

【ゴギョウ】 咳止め、利尿作用

【ハコベラ】 利尿、消炎

胃腸に優しい

七草がゆdeリセットしよう☆お正月 by milk*crown
27年1月7日♡クックパッドニュース掲載☆感謝♪おかゆ炊くときに一緒に煮込むから簡単。朝は忙しいからね(♡˙︶˙♡)

料亭風あんかけでバクバク進む

美味しい七草がゆ by 手抜きママちゃん
一月七日の朝に食べる七草がゆ。簡単なのに土臭くなくまるで料亭の朝粥のような七草がゆ。忙しい朝でも失敗しない!

1月7日の山形の定番食は「納豆汁」 

「七草粥」以外にも、雑煮や雑炊だったり、地域によって『人日の節句』の行事食には違いがあります。中でも個性的なのが、山形県内で食べられている「納豆汁」。七草粥の代わりとして食べたり、あるいは七草粥と一緒に食べたりするのだそうです。
納豆はたんぱく質など身体に必要な栄養が豊富で、整腸作用などもありますから、食べて得られる効果はまさに「七草粥」と同じ。山形以外のみなさんも、より元気な1年を過ごすために今年は「納豆汁」にチャレンジしてみませんか?

とろみのある汁を飲めば、身体ぽっかぽか♪

美味しいよ!納豆汁★山形の郷土料理 by ikikikue
1月7日は七草の日ですが、山形では七草粥と共に納豆汁を食べるという風習があります。寒い冬に身体を芯から温めてくれますよ!

(TEXT:大河原裕美)

参照サイト・参考文献
日本文化いろは事典ホームページ
山形県ホームページ
・『親子で楽しむ365日暮らしの行事』 早未恵理/監修(大泉書店)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)