cookpad news
コラム

じゃが芋をむきやすくするのがコツ!子どもと作る「ビシソワーズ」で楽しいおうち時間【子どもの心を育てるレシピ vol.3】

子どもに「食」の大切さを伝えたいと思いつつも、日々忙しくてなかなか教える機会がないという親御さんも多いのでは? そこで、子ども料理研究家・武田昌美さんが、子どもと楽しくトライできて心も育てられるレシピや、料理を通して子どもが得られる学びについて、わかりやすく解説! 気負わず、自然と生活の中に取り入れられる簡単料理で、とっておきの親子タイムをお過ごしください♪

2学期が始まり少しずつですが、懐かしい日常が戻ってきましたね。
うだるような暑さがすーっと引き、秋の風が心地良い季節となりましたが、日が照ると残暑が厳しいですね。我が家の子どもたちはまだまだ帽子の下にびっしょり汗をかいて学校から帰ってきます。

そんな秋めく9月は、子どもと一緒に作れるひんやり「ビシソワーズ」で楽しく学びながらおうち時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

子どもと料理をする時は「調理しやすい」下準備が大切

今回はまず、子どもと料理をする時のポイントからご紹介します。
子どもと料理をする時は、大人がやったらあっという間にできることを、子どもが楽しく参加できるように大人が工夫をすることです。子どもに達成感や料理を作る喜びを実感してもらいます。だから、「子どもが調理しやすい下準備」がとっても重要!

今回は、2歳児さんでもペロンと上手に皮をむけるようなじゃが芋を作るべく、ひと手間かけます。これが子どもの心をグーンと成長させてくれるのです。ちょっと非効率に思えますが、少しの工夫なので、ぜひ時間と心に余裕がある時にやってみてください。きっと大喜びで皮むきを手伝ってくれると思います。

それでは、詳しい作り方をご紹介します。
じゃが芋は、よく洗ったら火を入れる前に十字に切り込みを入れます。そのままグツグツとお湯で茹でるか、もしくは蒸してください。蒸すほうがホクホクになるので、皮がむきやすいです。

皮がペロッと上にめくれてくるまで柔らかくしたら、ザルなどにあげて粗熱を取ります。触れるくらいの温度になったら子どもに手渡してください。気持ちいいほどスルスル皮がむけますよ。



料理は自分の頭で考えるチャンスがたくさん!

私は、料理を子どもの学びのツールとして活用したいと考えています。なぜなら、料理には不思議なことがいっぱいあるし、自分の頭で考えるチャンスもたくさん作れます。


今回のような「ビシソワーズ」のスープを作るなら、それが出てくるお話も一緒に読み聞かせてあげて、物語を深く考えてみるのも素晴らしい機会です。

例えば、イソップ物語の「ツルとキツネのごちそう」。
私が主催している子ども料理教室・リトルシェフクッキングのレッスンでは、まず始めにみんなでこの物語を読んで、主人公たちの気持ちを考えることから始めました。

スープを作って、互いの家に招くキツネとツルですが、相手のことを考えずに行動したことで喧嘩をしてしまうというお話しです。物語に出てくるスープがとってもおいしそうに見えてきます。
ここで子ども達に「キツネの作ったスープはどんな味だったのかな?」「ツルの作ったスープはどんな味かな?」と聞いてみます。

すると子ども達は、「ツルのスープにはきっと魚が入っているよ! だって魚が好きだもん!」、「キツネもツルがくる時、好きな食べ物を入れてあげたら喜ぶね!」など、相手の立場に立った考え方を、みんなじっくり考えて導き出しています。
もちろん、これから自分達も実際にスープを作るというアクティビティが待っているから、ワクワクしながら考えています。

そして、最後に「では、今からみんなにもビシソワーズを作ってもらうよ! でも、最後の仕上げはみんなが考えて選んでね。」と言って、粉チーズやゴマ、パセリなどたくさんのトッピングから選んでもらいます。そうすると子ども達は、「お母さんはチーズが好きだからチーズを入れよう!」、「白ゴマと黒ゴマ両方入れたらどんな味になるのかな…」など、自由にアレンジをすることを喜び、たくさん考えて作っていました。

子どもは料理が大好きだから、せっかく作るなら料理を通じて「学びの種まき」をしていきたいと考えています。今回なら、物語をいつもより深く読みこんでみたり、「じゃが芋は土の中にできる? それとも木になる?」、「チーズは何の動物のミルク?」などの食育クイズや、料理中の声かけ次第でたくさんのことを学び、考える習慣をつけることができます。

色々な状況で、なかなか外に出歩けませんが、おうち時間での子ども料理、子どもの学びにも大活躍します。ぜひおいしいスープを作りながらの学び時間を楽しんでみてくださいね。

武田昌美(子ども料理研究家)
リトルシェフクッキング(株)代表取締役。フランスで料理の修行をしていた父の影響を受け、幼少の頃から料理に興味を持つ。航空会社にて客室乗務員をしながら、各地の料理や文化に触れ、知識を深める。2人の子どもの親となり、多くの子どもたちに料理の楽しさ、食の大切さを伝えていきたいと強く願い、2017年より「ママも知らなかった才能が花開くクッキングスクール」をコンセプトにした料理教室『リトルシェフクッキング』を主催。保有資格は、フードコーディネーター、スパイスマイスター、食品衛生責任者。2019年3月、子どもが一人一人料理できる料理教室『リトルシェフクッキングEduCooking Lab』を東京都世田谷区にオープン。
【HP】https://little-chef-cooking.com/(ご予約はこちらから)
【Instagram】@masamis__kitchen
【YouTube】リトルシェフクッキング
【ブログ】子ども料理研究家 武田昌美の食育ブログ
【クックパッド】武田昌美のキッチン

関連する記事
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
忙しい年末にはコレ!「手羽元」の下味冷凍なら焼くだけ簡単 2023年12月27日 16:00
一石◯鳥!?ひき肉100gで家族分できちゃう子ども大喜びなお子様ランチ風【ハンバーグ鍋】 2023年12月25日 12:00
「食事のしつけ」いつから始めるのが正解?12人産んだ助産師ママの回答に驚き 2023年12月13日 18:00
物足りない、味が決まらない…を解消!今年作りたい「七草粥」レシピ3選 2024年01月07日 06:00
お祭りの屋台の味!衣ふわふわ中ほくほく「揚げじゃがバター」の作り方 2024年01月07日 07:00
ホットケーキミックスであっという間に完成!チョコたっぷりスモアケーキ 2024年02月01日 07:00
魚嫌いの子どもも喜ぶ!サクサク食感の「サバの竜田揚げ」 2024年01月21日 21:00
味噌のベストな保存法も紹介!30代スタッフに聞いた「オススメの味噌汁の隠し味」とは… 2024年01月12日 17:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
コレ買ってよかった!料理好きが絶賛するキッチン収納アイテムとは?〜アンバサダーLily mamanさんに聞きました〜 2023年12月28日 20:00
カルシウム豊富◎栄養を逃さず食べられる小松菜の副菜4選 2024年02月20日 18:00
◯◯でカリカリサクサク!お店みたいな「オニオンリング」 2024年02月21日 17:00
【X(旧Twitter)で話題】つぶしながら焼く!「ぺちゃんこガリガリクロワッサン」のおいしい作り方を聞いてみた 2024年02月16日 20:00
何を持たせてる?お友達の家に行くとき・来るときの「子どものおやつ問題」をスタッフが激白 2024年02月16日 13:00
1ヶ月に1回は替えている?「キッチンスポンジ」の取り替えどき&オススメの優秀スポンジ 2024年02月23日 17:00
ワーママのキッチン時短術とは?ポイントは「動線」と「空間活用」 〜アンバサダーマカロンさんに聞きました〜 2024年02月06日 20:00
用意していた非常食は役に立たなかった…能登半島地震・被災者に聞く避難時の食生活 2024年01月25日 20:00
300人の料理好きに聞いた!本気でおすすめするキッチンアイテム(鍋&フライパン以外の小物編) 2024年02月03日 20:00
【レンジで2分】材料はスライスチーズだけ!やみつきパリパリおつまみ 2024年03月06日 17:00
胃炎や肌荒れに◎忙しい年度末をビタミンたっぷり「春キャベツのスープ」で乗り切ろう! 2024年03月18日 20:00
簡単なのに間違いのないおいしさ!「ちくわ×チーズ」でおつまみレシピ4選 2024年03月20日 17:00
さっと準備したら炊飯器におまかせ!シンプル具材の炊き込みごはんレシピ 2024年03月23日 08:00
ボリュームありすぎて食べきれないかも…「簡単節約チキンラーメン丼」がヤバい 2024年03月29日 10:00
はんぺんであと一品! こんがりチーズとふわふわ食感がウマい「オーロラソース焼き」 2024年03月07日 21:00
これ可愛すぎ!おうちでお花見気分になれる「春満開さくらクッキー」 2024年03月26日 21:00
【災害時に役立つレシピ】電気&ガスは使えるが水が出ない時に!洗い物極少の炊込みご飯 2024年02月05日 21:00
【災害時に役立つレシピ】断水中に子どもからのリクエスト「カレーが食べたい!」にどうこたえる? 2024年02月26日 12:00
【災害時に役立つ洗い物極少レシピ】断水中も洗い物なしで簡単!ホットケーキミックスおやつ 2024年03月11日 20:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
お弁当のマンネリ解消にも!料理研究家・エダジュンさん考案「台湾風からあげ弁当」 2024年02月29日 18:00
200円で30個完成!「鶏ひき肉と豆腐のナゲット」が節約に効果アリ 2024年04月16日 08:00
【料理にも◎】これ覚えてて!余った「練乳」の意外な使い方 2024年05月01日 17:00
そんな食材も合うの?聞いてびっくり、試して納得「味噌汁の具」 2024年05月02日 14:00
「料理は“型”があれば迷わない」スープ作家・有賀薫さんが教える、レシピなし料理の秘訣 2024年04月05日 18:00
え、それやってたわ…倹約家FPが指摘する「やってはいけない」食費節約術4選 2024年04月05日 20:00
SNSで13.5万回再生!食べるまで10分「絶品ミートボール」 2024年04月23日 18:00
【クックパッドで人気】鶏むねでカリふわ!子どもに大好評の「チキンスティック」作ってみた 2024年04月17日 12:00
日本のキャラ弁をアメリカの学校に持たせてみたら、とんでもないことになった!? 2024年04月30日 19:00
子どもの偏食に悩む人に朗報!野菜嫌いの子が自分から「食べたい」と言ってくれる調理法 2024年03月22日 21:00
野菜は「冷凍保存」が正解!気になる保存方法のコツや保存期間を紹介 2024年03月27日 21:00
「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由 2024年03月29日 18:00
【裏ワザ】しっとり&もちもち!破れにくい「クレープ」を作ろう 2024年05月18日 15:00
スープ作家・有賀薫さんが見つけた、味噌汁に合わせるとおいしい意外な食材 2024年04月07日 10:00
平野レミさんに聞いた!一品で満足する、時間がないときの切り札レシピ 2024年04月22日 14:00
ニトリのアレで料理がラクに⁉️Instagramで話題になった「手間がゼロになる家事ワザ」5選 2024年04月16日 19:00
てりってりでウマすぎ!BBQソースがクセになる「こってり手羽元煮」 2024年05月11日 21:00
ふんわりもちもち!朝食やおやつにぴったりの中華風蒸しパン 2024年05月21日 21:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00
料理愛好家という肩書きにした理由は…平野レミさんの「料理を好きになる」ために大事なこと 2024年04月26日 19:00