cookpad news
コラム

とろ〜り食感がたまらない!余ったお餅で「簡単チョコフォンデュ」【“クックパッド芸人”藤井21のソロ飯】

“クックパッド芸人”を自称し、自らのキッチンに1000品以上のレシピを掲載している「藤井21」さん。1人(ソロ)で作って1人で食べるという「ソロ飯」を日々楽しんでいるそう。藤井21さん自作のおすすめレシピと、悲喜こもごものエピソードをご紹介します。第23回のテーマは「お餅」。お餅のもちもち食感が苦手という方におすすすめの、とろ〜りスイーツです。

僕は「もちもち」と上手くやれない

正直言って「もちもち」が苦手だ

あのもっちりした弾力感のある食感とはいつも上手く戦えないでいる。固くもなく柔らかくもない独特の食感、もちもち。たぶん僕が苦手なだけで大多数の人はもちもちが大好きなんだろう、だってこの国はもちもちに溢れ過ぎている。もちもちに寄り添えない僕は、少数派なのだろうきっと…。

もちもちの代表といえば、名前にすらその食感を冠したキングオブもちもち「お餅」。

あいつとは昔から上手くやれていない。お餅料理は正月の雑煮が定番だろう。うちの実家は埼玉県なので、北関東の定番よろしく色々な野菜と鶏肉がたっぷり入った濃口醤油味のけんちん汁風の雑煮だった。

あの雑煮は大好きだ。よく煮込まれて味が染みた大根や人参も、柔らかくてジューシーな鶏肉も、くたくたになった白菜も好きだ。ただしお餅君は何だ?

最後にしれっとお椀に入ってきて、主役級の顔で居座る。しかも一番主張するときたもんだ。

僕の雑煮は毎年餅抜きのけんちん汁だった。もちもち不在の具沢山の汁。

もちもちと言えば、まだ流行ってるんだろうかタピオカ。ピークの時の渋谷なんて、タピオカ屋の隣にタピオカ屋一つ挟んでタピオカ屋なんて光景が…。回転寿司屋にタピオカがあるのを見つけた時には日本がタピオカに乗っ取られると思った

実際あのミルクティー部分は甘くて美味しいし好きだ。ジャスミンミルクティーと凍頂烏龍茶ミルクティーが好きだ。身体が糖分を欲しているときなんて手軽に摂取できるし、最適なんじゃないかとすら思える。ただもれなくもちもちがいる。もちもちとは上手くやれない。

そう言えば餃子の皮なんかももちもちしたタイプのやつがあるな。厚めの皮でぽってり丸く包まないでくれ。頼む! 餃子はカリカリに焼いてくれ! カリカリが大好きなんだ!!

お祭りにもちもちポテトフライなんてのがあったな。ポテフラはカリカリ一択だろ! 北関東が誇る郷土料理すいとん、あいつもえらくもちもちした物体が入っている。

あーもうあっちでもちもち、こっちでもちもち、もっちりもちもち…。

そうだ!もちもちと上手くやれないなら食感が変われば良いだけの話だ!

毎年毎年余った餅をアレンジしたレシピが世間に蔓延るけど、結局みんな食感に飽きてるんだろう?

これからの時代、もちもちから“とろ〜り”へと餅の食感は進化していく。

餅の特性をとろ〜り方向に生かしたチョコレートフォンデュはしっかりと絡みが良くて、それでいてチョコレートの風味を邪魔しない。しかも冷めても固まりにくいという優秀さ。

そうだ最初から餅はフォンデュにすれば良かったんだ。

もちもちとは上手くやれなかったけど、とろ〜りとはなんだか上手くやれそうな気がする。

藤井21(ふじいにじゅういち)

料理と笑いで天下を目指す男性ピン芸人。
埼玉県東松山市出身。東松山のやきとりを愛し、東松山市親善大使「東松山市應援團」の一員。食品衛生責任者の資格を持ち、クックパッドには1000以上のレシピをアップしている。日本テレビ系列『ウチのガヤがすみません!』などに出演。

>>オフィシャルブログ「良い香りのある生活

シェアする