cookpad news
コラム

アレを使うだけ!透明な「ピカピカ氷」がお家で作れた

暑い季節は「氷」が欠かせません

例年より早い梅雨入りで、夏も前倒しの予感。暑い季節に欠かせないものといえば「氷」ですよね。市販で買うよりも、家の冷凍庫で作っているという人が多いのではないでしょうか。でも、市販の氷と比べると家で作る氷はなんだか濁って透明感がない…。そこで今回は、自宅でできる「ピカピカ氷」の作り方を紹介します。

紙パックで作れます

ポイントは容器にありました

氷作りに使うのは製氷皿ではなく「紙パック」。きれいに洗って、そこに浄水器の水を半分くらい入れて、冷凍庫に入れます。そして、ここからがポイント! 7時間半ほど冷やしたら、一度紙パックから氷を取り出します。氷の真ん中に残っている水を捨て、アイスピックで割れば完成! 編集部でも作ってみたところ、こんなにきれいな氷が出来上がりました。

本当に真ん中の空洞部分は凍っておらず、水がまだタポタポしていて、紙パックから取り出したら氷の隙間から勝手に中の水が流れ出ました。そこまで厚みはなく割るのも簡単でした。容器を変えるだけでこんなにピカピカな氷ができるとは驚きです。氷がピカピカになるだけで、なんだかいつもの飲み物のもちょっとおいしそうに見えるから不思議。ぜひ皆さんも試してみてください!

※紙パックは中身を取り出し、きれいに洗ってから使用しましょう
※冷凍する際は水がこぼれる可能性があるので注意してください

シェアする