cookpad news
コラム

“究極の巣篭もり生活”を経験した南極シェフが語る。人間関係を円滑にする秘訣とは?

【南極シェフはお母さんを休ませたい vo.3】コロナ禍の外出自粛による食生活への影響は大きく、3食の食事作りにストレスや悩みを感じる方も多いはず。コロナ禍の外出自粛生活と共通項の多い、南極観測基地という閉鎖空間で調理人として活躍した篠原洋一さんに、毎日の料理を楽しむアイディアやコツを伺います。

こんにちは! 南極観測隊に調理人として同行した経験をもつシェフの篠原洋一です。

日本が南極の気象や地質などの観測のために派遣する南極観測隊。僕は第33次、第50次の2回、南極観測隊に調理人として同行し、隊員たちの食事作りを担当しました。

観測基地という閉ざされた空間を、30人の同じメンバーで過ごす南極での生活は、いわば“究極の巣ごもり生活”でした。南極での生活は、実はコロナ禍によって外出がしにくい今の日々とも共通項が多いんです。

篠原さんが南極に行くために乗船した砕氷艦「しらせ」

今回ご紹介するのは、南極の観測基地という閉鎖空間の中で僕が実践していた、人間関係を円滑にするためのちょっとしたコツです。自宅で家族と過ごす時間が増えている今こそ、家庭でもぜひ試してみてほしいなと思っています。

口に出して伝える「ほめ殺し」作戦

南極観測隊は南極へ出発したら、1年4カ月の期間は日本に帰ることはできません。同じメンバーで24時間、狭い基地内にこもって仕事や生活をするため、隊員同士の人間関係を円滑に保つことはとても重要でした。

僕が隊員として参加した2回は無事日本に帰ることができましたが、南極観測隊は隊ごとにメンバーが選出されるため、人が変われば隊の雰囲気もまたガラッと変わります。ですから、隊によっては人間関係がうまくいかずにトラブルが起きてしまったり、時には隊員がメンタルを病んでしまうなんてこともあるそうです。

他人同士が24時間、南極基地という狭い空間で一緒に生活していると、普段なら気にならない些細なことが気になってしまうこともあります。そんな時、お互いに注意ばかりしていたらどうでしょう? ちょっとギスギスしちゃいますよね(笑)。

そこで、33次隊で僕らが実践したのが「ほめ殺し」でした。人間関係を円滑に保つために、隊員みんなで「ほめ殺し作戦をしよう!」と大々的に共有して、他人の凄いと思うことを見つけたら、とりあえず口に出してほめることを徹底しました。

良くないことは注意して改善することも大事なんだけど、それが続いてしまうと、言われた側はネガティブになって、自分の存在意義を感じられなくなってしまう。結果として、両者にとって効率のいい仕事には結びつかないなと思ったんです。

隊の中に、他人と比較してはネガティブ思考になりがちな隊員がいて、何かと「俺ばっかりできない」とぼやいていることが多かったんだけど、周りが本人が気づかない良さや凄さを本人に伝え続けていたら、彼の考え方や発言もだんだん変わっていきました。

僕自身、ほめ殺し作戦を始める前は、ほめられ方によっては馬鹿にされているように感じることもあるかもと半信半疑だったんです。でも実際やってみると、「そんなとこを褒めてもらえるんだ」と新たな発見があったり、ただただ素直にうれしいものでした(笑)。

世間でもよく「ほめて伸ばす」というフレーズが使われますが、僕はこの隊で「ほめる・ほめられる」ことの効果を心底実感しました。自分も仲間も気持ちが前向きになって、お互いが気持ちよく過ごせる、手軽で確実な方法です。

「ダメは1日3回まで」で許し合える雰囲気作り

南極観測隊の人間関係や隊の雰囲気を左右するのは、やはりリーダーの存在です。隊を率いるリーダーが、自分にも周りにも厳しすぎると参加している隊員も苦しくなってくるものです。

だからこそ、リーダーを中心に、お互いに「ダメ」と言わない、許し合える雰囲気作りが大切なんだと学びました。

何か間違いを指摘する時、「ダメ」という言葉は、言いやすいからつい使いがちですよね。でも、大事なのは伝え方。「ダメ」と一言で否定するのではなくて、「もっとこういうふうにしたらいいんじゃないか?」と改善案を提案することがとても大事です。

2度目の越冬を経験した、第50次南極観測隊メンバーとの写真。中央左が篠原さん

家庭内だと、特に親は子どもに「ダメ」と言って聞かせる場面が多くなりがちですよね。そんな時は、家族内で「ダメは1日3回まで!」と上限を決めるのもいいかもしれません。

そういうルールにしておくと、「お母さん、今日もう3回言ったからダメって言わないで!」と子どもが主張することもできるかもしれない(笑)。気軽に出かけたり、ストレス発散がしにくい今の時期こそ、家族で許し合える雰囲気作りができるといいですね。

痛みも経験。成長につながる子どもの料理体験

僕は、特に子どもには何でもダメと言わずに、いろいろ任せてみるのがいいと常々思ってるんです。そう思うようになったきっかけは、小学生の子どもたちに実施した料理教室での経験にあります。

南極観測隊から帰国後、鳥取県の小学校で南極シェフとしての経験を話す講演会をする機会がありました。この講演会の後に、小学3年生を対象に料理教室を開くことになったのです。

子どもたちと一緒に作るメニューは、鳥取名産のらっきょうを使った3品。らっきょうを細かく刻んで混ぜたシャリで作る寿司と、ドライカレーと刻んだらっきょうを春巻きの皮に包んで揚げるサモサ、それからクリームチーズに刻んだらっきょうを入れたおつまみです。

まず、料理教室の最初に、子どもたちに向かって「今日はみんなは生徒じゃない、料理人になってもらいます」と宣言しました。

その後、指を切るかもしれない包丁や、高温の油を扱う際の火傷の危険性を伝え、ふざけるとほかの友達を怪我させるかもしれないなどの注意点を説明し、料理人としての心得を話しました。

説明をすると、子どもたちは小さな料理人として気合が入ったようでした。いざ調理を始めてみると、子どもたちの真剣さにびっくり。ふざけもせず、大人以上の短時間で寿司の握り方をマスターし、予想を上回る完成度の料理を作って驚かせてくれました。僕は「天才なんじゃないか!」とみんなに声をかけて回ったものです(笑)。

中には、寿司の形がいびつになってしまったと嘆く子もいましたが、「形が悪くてもいいんだよ」と伝えると、うれしそうに自分の作った寿司を味わっていました。

子どもたちからは、「面白かった」「家に帰ったらまた作りたい!」という感想のほか、「将来は料理人になりたい!」なんてうれしい声も上がり、僕にとっても記憶に残る素敵な体験になりました。

この時に僕が学んだことは、とにかく経験させてみることの重要性でした。

もちろん料理は危ないこともあるし、注意は必要ですが、指をちょっと切って血が出るくらいなら、痛い思いと引き換えに本当に危険なことを身をもって学べて、それはそれで良い経験なのではないかと僕は思います。

ついつい手取り足取り教えたくもなりますが、グッとこらえて子どもたちが責任感を持って、「やりたい!」と気持ちが盛り上がるような声かけをすることが大事。そして手は出さずに、そばで見守ることが、子どもの成長の機会につながっていくと思うのです。

小学生くらいの時から料理をさせてみることを僕は強くお勧めします。子どもは自然と料理の楽しみを知り、台所に入る癖がついていきます。将来は、お母さんの戦力となって手助けもしてくれるはずです。

僕がシェフを志したきっかけも、幼少期の料理体験からでした。お母さんだけじゃなく、子どもも料理を作る人になったら、きっと毎日の食事がもっと楽しくなると思います!

家族と過ごす時間が増えた今こそ、家族の絆を深めるためにも「料理」というツールを活用していただけたらうれしいです。そこから新しい家族の形ができていくのではと期待もしながら……。

次回は、家庭でもトライしていただけるように、料理教室で子どもたちに教えた「寿司の握り方」をご紹介しようと思います。

(TEXT:小菅さちえ)

篠原洋一さん

子どもの頃から食べることと、旅行が好きで板前に。その後、北海道大学の先生から聞いたオーロラの話に心打たれる。その一心で板前を続けて10年、29歳で南極観測隊に調理人として同行し、南極行きを実現。帰国後、豪華客船「飛鳥」に和食の責任者として14年間乗船し、世界9周、約70カ国、200都市を巡る。50歳を前にしてオーロラが見たくて再び南極へ。現在は、横浜関内で旅行・船好きが集まるレストラン&ダイニングバー『Mirai(みらい)』を開店し、経営している。

関連する記事
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
これからのごちそうシーズンに備えて!パスタの代用に◯◯でダイエット 2023年12月19日 17:00
冷めても◎ひとくちサイズの「大人のハッシュドポテト」 2023年12月19日 06:00
1個600円以上!パリで日本のおにぎりが大ブーム。人気の理由は? 2023年11月29日 04:00
子育ての本番は〇〇期から!12人産んだ助産師ママが語る「子育て中で一番きつかったこと」 2023年12月12日 18:00
これ知ってる?ドンキ・ホーテのおすすめプライベートブランド商品 2023年12月01日 20:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
見た目のインパクト大!ホクホクおいしい「ブロッコリー丸ごとご飯」 2023年11月27日 21:00
1年で最もダイエットに適した季節到来!冬が来る前に運動を始めるのがポイント 2023年11月29日 19:00
「食事のしつけ」いつから始めるのが正解?12人産んだ助産師ママの回答に驚き 2023年12月13日 18:00
家にある◯◯でカレーが格上げ!試してみたい隠し味4選 2024年01月04日 14:00
そのまま食べるのに飽きたら◎揚げない「お餅ドーナツ」を作ろう! 2024年01月09日 14:00
冷めてもおいしい!パラパラ「そぼろ」の作り方 2024年01月23日 06:00
【鏡開きに】レンジで手軽に完成! 餅でサクサク「おかき」 2024年01月10日 21:00
風邪をひいたらおかゆ…ではなく◯◯を食べる⁉️日本とは違うアメリカの風邪事情を現地レポート 2024年01月26日 20:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
卵2つで30個!バレンタインに助かるマカロン大量生産レシピ 2024年02月06日 07:00
意外なアレを入れるだけで格上げ!クックパッドで人気のポテサラ隠し味 2024年02月07日 14:00
丸める&揚げる手間をカット!平日でも作れる「スコップコロッケ」 2024年02月22日 08:00
アレするだけで長持ち!白菜の長期保存ワザ 2024年02月25日 18:00
この発想、天才!すぐに試せる簡単旨すぎウインナー 2024年02月27日 06:00
これ知ってる?ハズレいちごを甘くする方法 2024年03月01日 18:00
成長期に◯◯をすることが重要!人生100年時代を支える「骨育」を知っておこう 2024年02月25日 14:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
1ヶ月に1回は替えている?「キッチンスポンジ」の取り替えどき&オススメの優秀スポンジ 2024年02月23日 17:00
アニメ好きやヴィーガンに大人気!日本のおにぎりがパリで独自進化していた 2024年01月15日 09:30
用意していた非常食は役に立たなかった…能登半島地震・被災者に聞く避難時の食生活 2024年01月25日 20:00
簡単すぎない?たった5分で完成するキッシュの作り方 2024年03月16日 08:00
食べごたえアップ!「納豆」のおいしい食べ方 2024年03月21日 06:00
薄切り肉で節約&食べやすく!ケチャップ味が子どもにも好評「ポークチャップ」 2024年03月22日 08:00
「朝起きられない子」は◯◯不足が原因⁉️規則正しい生活に必須の栄養素とは 2024年03月28日 12:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
アレ入れるだけで旨すぎ!みんなの「ポテサラ」隠し味 2024年04月28日 08:00
【材料4つ】ホットケーキミックスで簡単チョコチップクッキー 2024年04月27日 15:00
【材料3つ】ワンボウルで混ぜるだけ!ふわっふわの「プリンマフィン」 2024年04月28日 14:00
【料理にも◎】これ覚えてて!余った「練乳」の意外な使い方 2024年05月01日 17:00
今日からやってみて!スタッフが教える「ゆで卵」を大量に作る裏ワザ 2024年04月05日 17:00
食べ歩きが趣味の30代グルメ夫婦!栄養知識ゼロではじめたダイエットがきっかけで大きく変化した食習慣とは? 2024年03月23日 20:00
子どもの偏食に悩む人に朗報!野菜嫌いの子が自分から「食べたい」と言ってくれる調理法 2024年03月22日 21:00
「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由 2024年03月29日 18:00
たっぷり野菜もペロリと完食!ルウで作る簡単ドライカレー 2024年05月18日 20:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00
つくれぽ1000件超え!型抜きしやすいサクサク「クッキー」 2024年05月03日 13:00
そのイライラや不安、“脳の疲れ”が原因⁉️脳を休ませる「おひとりさまごはん」のススメ 2024年05月07日 19:00
趣味のロードバイク大会を目標に1年で−15.5㎏!50代が実践した、無駄な間食がなくなる「1日4食」の食事術 2024年04月20日 17:00
発酵と腐敗は同じ!?ブームの火付け役・小倉ヒラクさんが語る発酵食品の魅力 2024年05月10日 19:00