cookpad news
トレンド

新感覚のおいしさ!?Twitterで話題「丸ごと焼きレタス」のヒミツをJA全農に伺ってみた!

【Twitterでバズったごはん Vol.23】市販品などを上手に使い、ササッと作れておいしいレシピが日々投稿されているTwitter。その中から、とくに話題を集めたレシピや便利な料理の知恵を、編集部がピックアップしてお届けします。

誰もがハマってしまうおいしさ「丸ごと焼きレタス」

Twitterでバズった料理に関するツイートに注目し、多くの人の心を鷲掴みにしたヒミツを解き明かしていく連載をお届けします。第23回目に注目したのは「丸ごと焼きレタス」です。

今回発見したレシピはレタスを1/4にカットして、バターといっしょに焼き、好みのドレッシングで食べるというもの。1.8万いいね(2021年7月7日現在)がつくほど話題となったレシピをツイートされた、全国農業協同組合連合会(JA全農)の広報ご担当者さんに、さっそく詳細を伺ってみます!

ストレートに「レタス」の味わいが迫りくる!

−−まず、今回のレシピはどのように思いついたのでしょうか?

ご担当者さん:ゼロから思いついたわけではなく、いろいろなレシピ本やレシピサイトを見ると「レタスを焼く」という調理法が紹介されているので、自分でも試してみて、おいしかったので紹介した次第です。

−−レタスを焼くという選択肢は、意外と思いつきませんでした。実際にはどのような味わいでしたか?

ご担当者さん:味は、芸のない回答ですが…、レタスです! ただその分、かけるドレッシング次第でいくらでも自分好みにアレンジできると思います。また、加熱しても意外とレタスのシャキシャキ感が残り、食感を楽しめました。

手軽に味変を楽しめる

−−レタスらしい食感が残るなんて意外ですし、おいしそうです。では、オススメのアレンジ方法はありますか?

ご担当者さん:ドレッシング全般のほかにも、さっぱりと召し上がりたいときはポン酢などもよいかもしれません。

さまざまな料理で「レタス」が大活躍

−−ドレッシングで手軽に味変できることも楽しいですね。これからはいろいろな味わい方を試してみたくなりました。

ご担当者さん:レタスは生でサラダやサンドイッチにするイメージが強いかもしれませんが、炒め物スープレタスしゃぶしゃぶなど、いろいろな料理で活躍してくれます。ぜひ日頃の料理の具のひとつとして、取り入れていただけたらと思います。

−−最後に、今回バズったことでどのような反響がございましたか?

ご担当者さん:Twitterでは実際に作ってみたという投稿をいくつかお見かけし、とてもうれしかったです。また、ありがたいことに、複数のネットメディアさんで紹介いただきまして、レタスの魅力をより多くの人に届けることができたのではないかと思います。

いつもはサラダなどで味わっていたレタスですが、固定概念をこわすことで、さまざまな味わいに大変身するのですね。普段から用意しておく食材のひとつとして、レタスが加わりそうです。ぜひ、ツイート先の「丸ごと焼きレタス」以外にも、おいしそうな野菜のレシピを参考にして、今まで味わったことのない新感覚を体験してみませんか?

(TEXT:八幡啓司)

全農広報部
全国農業協同組合連合会 広報部の略。農畜産物の販売や生産資材の供給といった経済事業を担う組織。経済事業を通じて生産者と消費者を結び、産地や地域社会の活性化、環境の保全に取り組んでいる。Twitterでは「ごはんがちょっと楽しくなること」を目指し、国産農畜産物に関する情報をツイート中。