cookpad news
コラム

実は日本生まれの「フルーツサンド」。大正からコロナ禍の現代まで、愛され続ける理由

阿古真理

作家・生活史研究家。食や食らし領域が専門。

【あの食トレンドを深掘り!Vol.26】90年代に流行した「ティラミス」、数年前に話題になった「おにぎらず」、直近では社会現象にもなった「タピオカ」など、日々生まれている食のトレンド。なぜブームになったのか、その理由を考えたことはありますか? 作家・生活史研究家の阿古真理さんに、その裏側を独自の視点で語っていただきました。

インスタの発達とともに進化した「フルーツサンド」

私がフルーツサンドの存在を知ったのは、昭和の終わり頃。当時一世を風靡していた桜沢エリカのマンガで、主役の女性が「千疋屋のフルーツサンドを食べたい」と言って、デートに行くシーンがあったのだ。私は、「フルーツサンドって何?」「千疋屋って何?」と思った、関西の女子大生だった。

フルーツサンドのブームが始まったのは、2010年代後半。2016年開業のフツウニフルウツなど、テイクアウトのフルーツサンド専門店があちこちにできてきたことが、きっかけだったと考えられる。

その頃はキャベツなどをぎっしり詰め込んだボリュームサンドの流行もピークで、サンドイッチ自体がブームだったが、ボリュームサンドの話題は次第に静かになった。フルーツサンドの人気もやがて落ち着くかと思っていたら、コロナ禍でも次々と新しい店が登場し、テレビでもミカンを丸ごと挟んだものなどが紹介され、さらに盛り上がっている。コロナ禍で、テイクアウトが注目されたこともあるのだろう。

流行が盛り上がる要因の一つは、断面のインパクトが大きいことだ。フルーツサンドの流行の始まりは、「萌え断」の流行と重なる。インスタが一気に広まった2010年代半ば、 「インスタ映え」に続いて生まれた流行語が「萌え断」だった。それを狙ったのか、店が増えたから流行に火がついたのか、いずれにせよ、インスタと共に流行した食べ物の一つが、フルーツサンドだったと言える。ミカン丸ごとみたいな、明らかに映えを狙った専門店が増えるところにも、SNSを通して流行に乗ろうという意図が見え隠れする。

生フルーツを使ったスイーツの変遷

実は、スイーツなどに生の果物を使うこと自体が、21世紀に入って増えている。始まりはおそらく、2000年代に流行し定着したジューススタンド。東京にも出店する「ジューサーバー」は、2000年に京阪電鉄淀屋橋駅コンコースで開業している。関西ではミックスジュースがいまだに喫茶店で定番など、生ジュース需要が大きい地域である。それはもしかすると、梅雨以降の蒸し暑さが半端なく酷暑期間が長いことも影響しているかもしれない。気象変動で東京の夏も過酷さが増したことが、ジューススタンドが広まった要因だろう。

次は、断面から見えるイチゴやキウイなどがかわいい、ロールケーキ。2002年に辻口博啓さんが自由が丘に「自由が丘ロール屋」を開き、売り出した一つで、生クリームを薄く挟むものが主流だったロールケーキのバリエーションが増えるきっかけになった。

パフェが流行したのは、札幌のしめパフェ文化が東京で紹介されて以降なので、2017年ぐらいから。昔は子ども向けのスイーツだったのに、すっかり大人向けに高級商品となってゴージャスになった。

最近は、イタリア発祥のアイスケーキ、カッサータも流行している。フルーツがたっぷり入っていてカラフルなスイーツである。フルーツゼリーも人気が高い。フルーツ大福も流行中。そうした中で、フルーツサンドの流行に火がついている。

フルーツスイーツ人気の立役者、果物屋

フルーツスイーツといえば、果物屋の役割が大きい。フルーツサンドの発祥には二つ説があり、その一つは千疋屋。もう一つは京都祇園にあった果物店「八百文」という説。いずれにせよいつから発売していたかは不明。

日本経済新聞電子版2019年1月19日の記事によると、大正・昭和時代に「東の千疋屋、西の八百文」と言われた有名果物店だったようだ。新宿高野がフルーツパーラーを開いた1926年当時のメニューにフルーツサンドは入っていたそうなので、この頃には流行していたと考えられる。

大正時代から昭和初期にかけては、サラリーマンが増え、家族で百貨店や遊園地に週末お出かけする、現代の原点と言えるライフスタイルが生まれていた。そうした中流ファミリーがフルーツパーラーで、流行のフルーツサンドを楽しんだ可能性はある。

つまり、フルーツサンドには、果物屋が大いに関係している。フツウニフルウツも、果物屋のフタバフルーツがかかわっている。

『@DIME』2020年8月31日配信記事が、フルーツサンドの歴史発掘にあわせてそうした大手果物屋の創業時期についても紹介している。千疋屋の創業は1834年で、フルーツパーラー「果物食堂」を開いたのは1868年。神田の万惣は1846年、新宿高野は1885年、渋谷の西村は1910年。どの店も中核駅の前にもともとあった。今でも駅前に果物屋が残る町があるが、実は昭和期まで、手土産の代表は果物だった。やがて、地価が高い都会の店は、飲食店やスイーツも手掛け発展していった。フルーツサンドは、そうした果物屋の多角経営の一環として誕生したと考えられる。

ところでフルーツサンドが日本発祥、という事実に驚く人がいるかもしれない。しかし、これはとても日本的なサンドイッチである。欧米人の中には、やはり日本生まれのポテトサラダサンドにも、顔をしかめる人がいる。それは、炭水化物+炭水化物の組み合わせが理解できないからだ。

生の果物をパンにはさむと聞き、顔をしかめる欧米人もいそうだ。ヨーロッパでは中世に、生の果物は身体を冷やすので健康に悪いとされていたこともあり、生の果物を食べる文化はあまり発達していない。しかし、フランス出身のアマンディーヌによる人気ユーチューブチャンネル『ボンソワールTV』によると、今はフランスでも自作する人が多いらしい。

一方、日本はもともとおやつといえば果物で、「水菓子」と呼ばれていたほど人気だった。だからこそ、果物の手土産文化も発達し、高級果物の開発も進んだのである。

フルーツスイーツが流行するのは、日本人が生の果物好きだからだが、同時に生の果物を買って食べる文化が衰退してきたからでもある。何しろ果物の消費量は年々減り続けている。中央果実協会の「果物の消費に関するアンケート調査」(2017年)によると、果物を買わない理由のトップ3は値段が高い、日持ちせず買い置きできない、皮をむく手間がかかることである。 高級化は農家の生き残り戦略だが、高い果物は日常づかいしづらい。贈答品としては今はスイーツもたくさんある。消費者が買わなくなる理由はよくわかる。需要と供給のバランスの悪さを補うのが、フルーツサンドをはじめとするフルーツスイーツかもしれない。フルーツサンドなら、トップ3のどれも気にしなくてよいからだ。流行の背景には、果物を食べたいが買うのをためらう消費者心理をうまくついたことがあるのではないだろうか。

画像提供:Adobe Stock

阿古真理(あこ・まり)

©植田真紗美
1968(昭和43)年、兵庫県生まれ。作家・生活史研究家。神戸女学院大学卒業。食や暮らし、女性の生き方などをテーマに執筆。著書に『昭和育ちのおいしい記憶』『昭和の洋食 平成のカフェ飯』『小林カツ代と栗原はるみ』『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』『パクチーとアジア飯』、『母と娘はなぜ対立するのか』、『平成・令和食ブーム総ざらい』、『日本外食全史』、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』、『ラクしておいしい令和のごはん革命』など。

執筆者情報

阿古真理

作家・生活史研究家。1968年、兵庫県生まれ。食や暮らし、女性の生き方を中心に生活史と現在のトレンドを執筆する。主な著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』・『家事は大変って気づきましたか?』(共に亜紀書房)、『ラクしておいしい令和のごはん革命』(主婦の友社)、『日本外食全史』(亜紀書房)、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(幻冬舎)、『料理は女の義務ですか』・『小林カツ代と栗原はるみ』(共に新潮新書)など。

阿古真理さんの理想のキッチンに関するプロジェクトはご自身のnoteやYoutubeでもコンテンツを更新中です。

関連する記事
【和食料理人・笠原さん直伝】彩り鮮やかな副菜!「カボチャサラダ」 2023年09月18日 20:00
【和食料理人・笠原さん直伝】お弁当にもぴったり!味がしみ出す「油揚げのしぐれ煮」 2023年10月23日 20:00
あの大物芸能人も溺愛!「アジフライ」ブームはなぜ起きた? 2023年08月29日 19:00
食べられるところを無駄にしない!果肉を最大限楽しむ「梨」のむき方 2023年08月29日 10:00
焼かずに簡単!2層の絶品「キャラメルレアチーズケーキ」 2023年09月01日 12:00
驚き!ヨーグルトに◯◯を入れると健康効果アップ 2023年09月05日 07:00
レンジで簡単!準備5分でできる豆乳プリンがヘルシー美味 2023年09月09日 15:00
今の若者は「ベトナム料理ネイティブ世代」。ライスペーパーが人気な理由を探ってみた 2023年09月20日 19:00
定番からアレンジまで!イベント気分で楽しめる「手作りピザ」 2023年09月14日 21:00
一体なぜ?香港のドンキで日本の「たまご」が爆売れする理由 2023年11月01日 18:00
被災後に毎日同じメニュー、トラウマで食べられず 災害時の偏った食事が引き起こす健康問題 2023年08月29日 13:00
「きのう何食べた?」にも登場。庶民の味方「のり弁」が高級化した理由 2023年10月31日 19:00
◯◯させないのがポイント!柿が長持ちする裏ワザ 2023年10月26日 10:00
間食の適量200kcalとはどのくらい?おすすめの種類と量を解説 2023年10月25日 20:00
サクサクパイの中から、甘〜いりんご!秋らしいアレンジの「シュプリームクロワッサン」 2023年10月16日 12:00
一番売れてるのは〇〇!“ドンキ好き”スタッフが教える「ドンキで買うべき商品」5つ 2023年10月06日 17:00
200人の業スー好きに聞いた!あれば即買いするべき「隠れ人気スイーツ」5選 2023年10月01日 20:00
静岡県民が絶賛!年間50万枚売れてる“黒はんぺん”について直売店に聞いてみた 2023年10月05日 19:00
いつもと違う食感や味がクセになる!「新感覚チーズトースト」 2023年11月07日 06:00
りんご丸ごと!インパクト抜群の「アップルパイ」レシピ 2023年11月24日 12:00
今は「クセつよ」が人気。チーズケーキが日本人に愛されるようになったきっかけ 2023年11月28日 19:00
野菜ジュースのメリット・デメリットは?上手な活用の仕方 2023年11月22日 20:00
「朝と昼は料理をしない」が基本?共働きがほとんどである現代フランスの食事情とは 2023年10月16日 20:00
大阪の激安スーパー「玉出」に行ってみた!1000円で何が買える?驚きの店内を紹介 2023年10月14日 20:00
洗うときのイライラ解消!おろし金をきれいに使うワザ 2023年12月04日 14:00
それ、捨てないで!「みかんネット」の意外な活用術 2023年12月11日 13:00
次はどこを食べよう?切るだけで完成「りんごのジェンガ」で盛り上がろう 2023年12月18日 07:00
歓声必至の苺サンド!美しすぎる断面の秘訣を伝授 2023年12月25日 15:00
生春巻きだけじゃない!「ライスペーパー」がSNSで大バズりした理由とは? 2023年11月29日 04:00
脳がバグる不思議な感覚!SNSで話題の「2Dケーキ」って知ってる? 2023年11月29日 04:00
新感覚のスイーツに変身!2024年大注目の野菜は「とうもろこし」 2023年11月29日 04:00
大手コーヒーチェーンにも登場。大人かわいい「モノクロスイーツ」 2023年11月29日 04:00
衝撃の甘さを体験してみた!手作りでも缶詰でも楽しめる「グラブジャムン」 2023年11月29日 04:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
【オーブン不要&準備10分以内】オレオを使って!ホワイトチョコのチーズケーキ 2023年12月23日 06:00
こんなケーキ見たことない⁉︎市販品で意外と簡単「モノクロブッシュドノエル」 2023年12月14日 12:00
余りがちな「春巻きの皮」でまさかのおやつができちゃった 2024年01月16日 14:00
キッチンの◯◯が使える!手でとるより簡単な、いちごのヘタとりワザ 2024年01月28日 18:00
年末年始太りに!痩せたい人は「みかん」こう食べて【管理栄養士に聞いてみた】 2024年01月09日 10:00
フルコース料理に進化!?日本のとんかつが外国人旅行者に人気の理由 2024年01月31日 20:00
りんごの変色防止ワザが話題!12月に最も読まれた「裏ワザ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年01月11日 22:00
無印良品の隠れた名品「野菜や果物の鮮度を保つポリエチレン袋」で野菜を保存してみた! 2024年01月13日 12:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
【がん専門医おすすめ】がんリスクを減らすフルーツやおやつとは? 2023年12月27日 20:00
SNSで話題!まるで漫画みたいな「穴あきレアチーズケーキ」 2024年02月20日 07:00
気がつくと傷んでる…デリケートな「いちご」の保存方法 2024年02月26日 13:00
粉ふるい&寝かせ不要、10分で完成!「米粉のクレープ」で手作りおやつを楽しもう 2023年12月28日 10:00
専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由 2024年02月21日 19:00
市販のお菓子が大変身!子どもと一緒に作れる 「リメイクチョコスイーツ」5選 2024年02月08日 21:00
ふわっと食感で新しいおいしさ!業務スーパーの「冷凍チョコトリュフ」実食レポ 2024年02月21日 12:00