cookpad news
コラム

梅雨&夏の食パンの冷凍保存に使える!「パン専用袋」でおいしさもキープできる

【キッチンアイテムお試しレポートVol.17】クックパッドニュースライターが、便利なキッチングッズをお試し!実際に使って便利なものだけをレポートします。今回はパンの冷凍保存に便利な、専用のチャック付き袋をご紹介します。

専用袋で、パンをおいしく冷凍保存

今回は、「パンの冷凍保存」におすすめの袋をご紹介します!

気温と湿度が上がるこの時期のキッチンで心配なのが、食品の傷み。 我が家は朝食用に食パンを常備しているのですが、最近は買ってすぐ冷凍するようにしています。

今までは食パンを2〜3枚ずつチャック付きの袋に入れて冷凍庫に入れていましたが、霜がついたり、パサつきや冷凍庫の匂い移りが気になることも。

そこで調べてみたら、パンの冷凍保存専用の袋というものがありました!実際に購入したのが、こちらのパン冷凍保存袋です。

こちらのパン袋、1パッケージに2枚入りで売られていました。 大きさは21×27cmと、食パンよりひとまわり大きいくらいのサイズです。

外側はくすんだベージュカラーにかわいいパンのイラストが描いてあり、内側は銀色。 パッケージの説明によれば、アルミをはさんだ3重の構造になっているそう。 ジッパーが2つついているので、密閉性がかなり期待できそうなつくりです。

ソフトに洗えて衛生的!

パンを匂い移りや乾燥から守るという頼もしい袋に、さっそく食パンを入れてみました。

5枚切り、山型の食パンが2枚すんなりと入ります。8枚切りだったら3枚は入れられそうですね。

パンを入れて袋の中の空気を抜き、ジッパーをしっかり閉めたら、あとは食べる時まで冷凍庫で寝かせるだけです。

冷凍庫から出したパンがこちら。袋の内側に霜はついていませんでした。

食べるときは、凍ったままトースターで焼けばOKです! 外はカリッと、中ふんわりに仕上がります!パンの風味も損なわれておらず、おいしいトーストができました。

なお、袋は使い捨てではなく、繰り返し使用できます。 パンはそのまま袋に入れてもよいですが、パンくずが内部にたまるのを防ぐために、一度ラップで包んでから入れるのがおすすめです。

実際に使ってみて、気になる点は?

袋にマチがないので、食パン以外(ロールパンやベーグル、クロワッサンなど)には使えないかも、というところは気になりました。あくまで食パンを冷凍保存する用途でのデザインなんですね。

調べたところ、マチのついた保存袋もあるようですので、高さのあるパンはそちらを使うといいのかもしれません。

また、多重構造でしっかりした袋のため、お値段が少々高いです。今回購入した袋は、2枚で600円台でした。 私は、繰り返し長く愛用する前提で思い切って買いました!

専用の袋に入れることで、ぎっしり食べ物が入った冷凍庫から、パンをすぐ見つけられるようになったのも、(些細なことですが)忙しい朝に嬉しいポイントでした。これからの季節、パンの品質を保つために冷凍保存をお考えの方は、「パン 冷凍保存袋」等で検索して、ぜひお試しくださいね!

菱路子

料理ライター兼会社員。2007年、ひとり暮らしスタートをきっかけにお弁当を作りはじめ、お弁当ブログを立ち上げる。これがきっかけとなり、料理・外食コラムやレシピ提案、料理写真撮影を手掛けるライターとして活動を開始。「手をかけすぎず、ちょうどよくおいしい」が料理のモットー。プライベートでは1児と1猫の母です。