cookpad news

肉を食べて内臓脂肪を落とす!アメリカの名医がダイエットに「赤肉」を勧める理由とは?

【話題のダイエット本、試し読み Vol.30】ちまたに溢れるダイエット本、ゴールはみんな同じですが、そこにたどり着くための方法は本の数だけ存在しています。本連載では、話題のダイエット本のメソッドを編集部がダイジェストでご紹介。ご自分にぴったりのダイエット本を、ぜひ見つけてみてくださいね。

アメリカの名医が提唱!脂肪を食べて痩せるダイエット

年齢が高まるにつれて、お腹周りに脂肪がつきやすくなったと悩む方も多いかと思います。身体につく脂肪の中で、特に注意が必要なのが内臓脂肪。文字の通り内臓周りにつく脂肪で、高血圧や糖尿病、心臓病などのさまざまな病気を引き起こす危険性が知られています。

内臓脂肪が気になる方にお勧めしたいのが、今回ご紹介する『アメリカの名医が教える内臓脂肪が落ちる究極の食事 高脂質・低糖質食で、みるみる腹が凹む』脂肪を食べて脂肪を燃焼させる、画期的な減量法を紹介するダイエット本です。

著者は、世界の健康問題を研究するアメリカ人医学博士のマーク・ハイマンさん。医学的知見で書かれた本書を監訳したのが、高脂質食ダイエットを提唱・実践している金森重樹さんです。金森さんは30キロの減量成功後、自身の著作やオンラインサロンで断糖高脂質食の魅力を伝える活動をしています。本書は実践者である金森さんの監修で、内臓脂肪を落とすための食事法がわかりやすく解説されています。

医師が推奨する「赤肉」とは?

肉が主食である欧米社会では、これまで肉について多くの研究や議論がなされ、さまざまな議題が存在します。肉に含まれる飽和脂肪酸やコレステロールを気にし、炎症を起こす可能性を心配する人、また肉食が腸内細菌の変化につながる可能性があり、それが心臓病に関係するTMAO(トリメチルアミン-N-オキシド)と呼ばれる化合物を作ることを心配する人もいます。しかし、ハイマンさんは「肉を食べても、食事全体が健康的なものであれば、心臓病や死亡のリスクを高めることはない」と指摘します。

本書で、ハイマンさんがダイエットや健康のために食べるべき食品の一つとして推奨するのが、牛や豚、羊肉などの哺乳動物の肉を指す赤肉

赤肉には、オメガ3脂肪酸、共役リノール酸などのがんを抑制する化合物や、セレン、ビタミンB6やB12、ビタミンDなどの栄養素が含まれていることから、ハイマンさんは「高い健康効果がある」と語ります。

食べるべきは「グラスフェッド肉」

ハイマンさんが、赤肉の中でも特に食べるべきとおすすめするのが、グラスフェッド肉。トウモロコシなどの穀物で育てられるグレインフェッド牛が一般的ですが、グラスフェッド牛は牧草で飼育されます。ハイマンさんは「牛が食べた物が、牛肉の健康効果に大きな影響を与える」と言います。一体どのような影響があるのでしょうか。

グラスフェッド肉の特徴

グラスフェッド肉には、減量やコレステロール値抑制に効果があるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。その含有量は、グレインフェッド肉に比べると2〜5倍。また、オメガ6脂肪酸の含有が少ないのも特徴です。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は体内で生成できないため、食べ物やサプリメントで摂取しなければいけません。また、すべてのオメガ6脂肪酸が有害というわけではありませんが、オメガ6脂肪酸は体内で炎症を引き起こす傾向も。

そこで大事なのが、二種の摂取バランス。抗炎症性であるオメガ3脂肪酸に比べてオメガ6脂肪酸が過剰になると、免疫系機能が低下し、体重が増え、炎症が起きることも。ハイマンさんは「私たちは、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の適切な比率が1:1〜4:1程度になるように進化した」と言います。

グレインフェッド肉は、草を食べるように作られた特別の胃を持つ牛に穀物を与えることで、オメガ6脂肪酸の含有量が増加します。そのため、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の比率が7.5:1に。対照的にグラスフェッド肉は1.5:1と理想的なバランスで摂取することができます。

グラスフェッド肉には、コレステロールに影響を与えない飽和脂肪酸、ステアリン酸が多量に含まれているのも特徴。また、心臓病、糖尿病、がんから身をまもる強力な抗酸化剤として作用するとともに、減量や代謝にも効果があるとされる共役リノール酸がグレインフェッド肉の2〜3倍含まれています。

他にも、ビタミンE、ベータカロチン、ビタミンA、亜鉛、鉄分、リン、ナトリウム、カリウムなどが豊富と、メリットの多いグラスフェッド肉。ただ、悩ましいのが値段の高さです。

「お金はかかるが、健康への利益を考えると、値段だけの価値があると信じている。少量の高品質の動物性食品を食べるメリットは多く、量を節約して品質にお金をかけるべき」とハイマンさん。メリットが多いとなればグラスフェッド肉を購入して試してみたいところですね。

内臓脂肪を落とす「21日間の食事プログラム」も収録!

身体に悪いと思いがちだった脂質ですが、さまざまな研究によって健康へのメリットが解明されてきました。本書では詳しい油脂の仕組みや身体への影響をはじめ、実践的な「内臓脂肪を落とす21日間の食事プログラム」なども紹介されています。気になった方はぜひ手に取ってみてくださいね。

※ メイン写真はこちらの記事をイメージして選定させていただきました
画像提供:Adobe Stock

『アメリカの名医が教える内臓脂肪が落ちる究極の食事 高脂質・低糖質食で、みるみる腹が凹む』SBクリエイティブ

関連する記事
「お腹が鳴ったから食べる」は肌トラブルの原因!?自律神経を整える食事のタイミングとは 2023年11月27日 20:00
これだけ守れば大丈夫!ダイエット中でも罪悪感ゼロの「おやつ2か条」とは 2023年12月18日 20:00
1年で最もダイエットに適した季節到来!冬が来る前に運動を始めるのがポイント 2023年11月29日 19:00
悪玉コレステロール値が高いといわれたら?食事や食べ物選びの工夫を解説 2023年12月13日 20:00
血圧が高いといわれたら?注意したい食生活と食事のポイント3つ 2023年12月20日 20:00
罪悪感ある禁断の味わい!じゅわっとおいしい「バターもち」 2024年01月19日 19:00
冬は子どもの肌がガサガサに……その乾燥肌を生まれ変わらせる4つの栄養素とは? 2024年01月27日 19:00
3%の減量で血糖コントロールが改善?減量を達成するための実践法を伝授! 2024年01月03日 20:00
何でも食べていい?「16時間ダイエット」でやってはいけないNG行動! 2024年01月17日 20:00
朝食にコーンフレークは危険!?「老けない主食ランキング」の結果は… 2024年01月19日 17:00
風邪をひいたらおかゆ…ではなく◯◯を食べる⁉️日本とは違うアメリカの風邪事情を現地レポート 2024年01月26日 20:00
梅おにぎりと鮭おにぎり、どっちが正解?栄養士が教える「食べても太らない食事」とは 2023年12月12日 20:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
【がん専門医おすすめ】がんリスクを減らすフルーツやおやつとは? 2023年12月27日 20:00
【管理栄養士が伝授】「糖質オフ」より「糖質オン」のほうがキレイにやせるってホント? 2023年12月22日 21:00
東洋医学的にはNG!雨の日に食べる「乳製品」がタプタプ脂肪の原因かもしれない 2023年12月29日 20:00
医師が勧める「痩せる炭水化物」って?糖質制限ダイエットをする人に知ってほしい真実 2024年01月15日 19:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
まるで生クリーム!?簡単ヘルシー「豆腐クリーム」 2024年02月16日 07:00
成長期に◯◯をすることが重要!人生100年時代を支える「骨育」を知っておこう 2024年02月25日 14:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
【医師が教える】老けて見える人、見えない人の「食習慣」の差 2024年01月30日 20:00
不摂生な生活で激太り!座りっぱなしの漫画家が一念発起して−25kgを達成した「期間集中ダイエット」 2024年02月03日 09:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00
え、そうだったんだ…医師が教える「朝一番のコーヒー」のリスク 2024年02月14日 12:00
医師に聞いた!糖尿病を「改善させる食事」と「悪化させる食事」 2024年02月28日 12:00
鼻づまり解消の食品も!花粉症を「予防できる食べ物」と「悪化させる食べ物」を医師が解説 2024年03月05日 10:00
酸化ストレスを減らそう!医師が教える「老化を早める食事」と「老化を防ぐ食事」の違い 2024年03月30日 10:00
「朝起きられない子」は◯◯不足が原因⁉️規則正しい生活に必須の栄養素とは 2024年03月28日 12:00
隠れ脂質を見逃すな!脂質の摂りすぎにつながる要注意な食べ物 2024年03月20日 20:00
不調の原因は「春バテ」?対策をして季節の変わり目を乗り切ろう! 2024年03月27日 20:00
ある成分を制限することが大事!「老化を防ぐ」ための食生活のポイント2つ 2024年03月29日 17:00
糖尿病予防、中性脂肪減にも効果的 健康意識の高い医師が「毎日食べている野菜」とは 2024年03月27日 12:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
【医師が伝授】ポイントは油!認知症リスクが最大23%下がった○○食事法とは 2024年02月19日 19:00
鶏むね肉1枚で3人分!家族で大満足のボリュームおかず 2024年04月04日 08:00
睡眠で変わる!質の良い睡眠で得られるうれしい効果6つ 2024年04月10日 20:00
心臓病や不整脈のリスクが減る!医師がオススメする最も効果的な「コーヒーの飲み方」 2024年04月10日 12:00
120kgから55kgになり人生が一変!体型、体調、メンタルまで整った−65kgダイエットの中身 2024年03月30日 18:00
「一日三食規則正しくご飯を食べる」は逆にNG!?人生100年時代を元気に長生きするための食習慣とは 2024年03月26日 19:00
【大河ドラマで注目!】紫式部の天才的頭脳を支えたのはあの食材?現代にも活かせる平安時代の食生活とは 2024年04月12日 19:00
気軽に毎日取り入れられる!味噌汁に「酢」で健康になろう 2024年05月17日 07:00
毎日食べているアレが老化の原因に⁉️アンチエイジングに欠かせない“副腎”を元気にする食事法とは 2024年04月05日 21:00
ダイエットを成功に導く活用法も紹介!意外と知らない「体組成計選び」のポイント 2024年05月15日 20:00
寝る直前に水を飲むと心筋梗塞になりやすい⁉️「心臓力」を高めるための食習慣とは 2024年04月20日 20:00
趣味のロードバイク大会を目標に1年で−15.5㎏!50代が実践した、無駄な間食がなくなる「1日4食」の食事術 2024年04月20日 17:00
「まごわやさしい」とはどんな意味?おすすめレシピと1週間分の献立例を紹介 2024年04月29日 20:00