cookpad news
食の知恵

こんな「火おこし」絶対やめて!危険すぎるアウトドア調理器具のNG使用法

夏休みやお盆にキャンプやバーベキューなどを計画されている方も多いのではないでしょうか。そんなアウトドアレジャーでの楽しみのひとつが、自然の中で行うアウトドア調理ですよね。でも調理時に普段使い慣れていないガス製品や炭、着火剤などの使い方を誤ると一瞬の内に大きな事故を招くこともあるので注意が必要です。

そこで今回はアウトドア調理時の注意点を、製品事故の調査を行っている独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の調査・実験をもとに紹介します。

ガス製品の事故事象は大きく分けて2つ!

「ガストーチ」や「カートリッジガスこんろ」などのガスを燃料とする製品(図1)では、毎年多くの事故が発生しています。NITEに通知された製品事故情報では、2017年度から2022年度の間に合計154件の事故がありました(図2)。

それらの事故事象の多くは下記2つのケースで、やけど等の被害が発生しています。 ・『漏れたガスに引火した』ケース ・『過熱されたガスカートリッジが破裂した』ケース

また、『漏れたガスに引火』した事象は「ガストーチ」で多く発生しており、原因は製品の不具合によるもので「ガス製品の使用前の問題」が占めています。 一方『過熱されたガスカートリッジが破裂』した事象は、「カートリッジガスこんろ」で多く発生しています。その原因は、誤使用・不注意といった「ガス製品の使用中の問題」となっています。

ガス製品の使用時に気をつけることは?

ガス製品の事故原因や傾向は分かりましたが、安全に使うためにはどんな点に注意すればよいのでしょうか。ここからは、ガス製品の使用時の注意点を紹介します。

使用前に気をつけること

1.購入時は、各事業者(製造・輸入・販売)の連絡先を確認する
製品を選ぶ際、事業者の連絡先が確かなことを一つの基準としてください。 製品不具合によりガス漏れを引き起こした事故の中には、事業者が不明なものもありました。特にインターネットでの購入時は要注意で、問い合わせようとしても事業者の連絡先が不明な場合があります。

2.接続部の劣化や汚れがないか確認する
接続部の気密性を保つためにO(オー)リングという部品がついています。このOリングが劣化すると気密性を保てずガスが漏れ出るおそれがあるので、使用前にしっかりと目で見て、変形や傷がないかを確認しましょう。 また、接続部周辺に小さな砂利やごみが付着していることでも、接続部を傷つけたり隙間ができたりする原因になるので、合わせて確認してください。

3.機器にガスカートリッジが正しく接続できることを確認する
ガスカートリッジを接続する際は、取扱説明書の指示に従って正しく接続してください。誤って接続された状態で使用すると、ガスが漏れ、火災に至るおそれがあります。 また、接続後に異音・異臭などがある場合、ガスが漏れているおそれがあるので直ちに使用を中止してください。機器の破損が考えられる場合、購入店や製造事業者に問い合わせてください。

4.点火の前に、異音や異臭がしないかを確認する
Oリングや接続部の異常は目視では確認し難いこともあります。そのため、接続時にガスの漏れる音(シューという異音)や臭いがしないかを確認してください。

使用中に気をつけること

1.放射熱の大きな調理器具(図3)は使用しない
カートリッジガスこんろに対して、こんろ全体を覆うような大きな鍋や鉄板などの放射熱の大きな調理器具は使用しないでください。鉄部からの放射熱(鉄部から発生した熱)によってガスカートリッジが過熱され、内圧上昇によりガスカートリッジが破裂するおそれがあります。また、プラスチック製バルブが溶けると、ガス漏れが発生して引火につながったり、引火した炎がガスカートリッジをさらに過熱して破裂につながったりするおそれもあります。

2.ガスカートリッジが過熱されるような誤った使い方をしない
ガス製品を使う際にボンベの周囲をレンガやコンクリートブロックなどの風防で囲ってしまうと熱がこもり、ガスカートリッジが過熱されて破裂するおそれがあります。調理器具の大きさや種類だけでなく、取扱説明書で禁止されている使い方をしないように気をつけてください。また、カセットコンロを使う場合には、ごとくが正しい位置にセットされているか確認しましょう。ごとくを裏返して保管していたなどで、ごとくの位置が上下逆さ状態のまま点火すると、火が内側に回り込んでガスカートリッジを過熱する原因になり大変危険です。

3.ガスカートリッジは熱源のそばに置かない
ガスカートリッジには燃料として可燃性ガスが使用されています。ガストーチやガスカートリッジ単体をこんろや焚き火などの熱源のそばに放置すると、破裂のおそれがあり大変危険です。自動車内や砂浜、アスファルトの上など直射日光の当たる場所にも注意しましょう。

炭を使用したバーベキューも注意しないと大きな事故に!

アウトドア調理の中でも、炭を使用したバーベキューをしたことがある人は多いはず。ガス製品を使用していない場合でも、火を扱うので誤った使い方をすると大きな事故につながるおそれもあります。バーベキューをしたことがある方も、あらためて炭や着火剤などを扱う際の注意点を確認してみましょう。

炭の使用時に気をつけることは?

1.炭の火おこしをする際はカートリッジガスこんろを使用しない
カートリッジガスこんろを用いて炭の火おこしをすると、炭の熱によってガスカートリッジが過熱され、内圧上昇によりガスカートリッジが破裂するおそれがあります。 火おこしは、着火剤や火おこし器、ガストーチなどを用いてそれぞれの取扱説明書に従って正しく行ってください。

2.ガストーチで炭の火おこしをする際は大きく傾けない
ガストーチには2つのタイプの製品があります。
A.カセットボンベを大きく傾けたり、逆さにしたりしても使用できるタイプの製品
B.カセットボンベを大きく傾けたり、逆さにしたりすると使用できないタイプの製品

A、Bどちらも、点火時に傾けると異常燃焼のおそれがあるため、点火はカセットボンベを立てた状態で行なってください。
また、点火後に異常燃焼が生じた場合はすぐにカセットボンベを立てた状態に戻してください。Aを傾けすぎると異常燃焼が生じて大きく燃え上がり、やけどを負うおそれがあります。使用中の傾ける角度は、取扱説明書に指示がある場合を除き、45度以内を目安としてください。

3.一度火を点けたら、着火剤の継ぎ足しをしない
すでに火が点いている炭に着火剤を継ぎ足した場合、大きな炎が上がり、やけどや火災に至るおそれがあります。絶対に着火剤の継ぎ足しはしないでください。特に、ゼリー状の着火剤の主原料は揮発性が高く、青白い炎で見えにくいため注意が必要です。
また、消毒用のアルコール除菌スプレー等も揮発性が高く引火しやすいため、バーベキューこんろや焚き火などの熱源の近くでは使用しないでください。

夏はもちろん、年中通して楽しめるアウトドアレジャーでの調理。調理中に事故や怪我が起きると、せっかくの楽しい時間が台無しになるだけでなく、時には命に関わることもあります。これを機に、あらためてガス製品や炭の使い方を確認して安心・安全に楽しみましょう!

TOP画像提供:Adobe Stock

取材協力:独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)

NITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)は「安全とあなたの未来を支えます」をスローガンに、経済産業省所管の法令執行や政策を技術的な面から支援している公的機関です。製品安全センターでは、家庭用電気製品等の事故の原因究明を再現実験により検証し、その結果を情報発信することで、製品による事故の未然防止に貢献しています。

>>NITE公式X(旧Twitter): @NITE_JP
#料理の安心 #キケンを知らせナイト 等のタグで発信します
>>YouTube NITE official

関連する記事
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
300人以上が実践!12分でホックホク「焼き芋」の作り方 2023年10月28日 18:00
やかん?ケトル?それともポット?お湯を沸かす一番早くて安い方法 2023年10月20日 20:00
白だしだけで味決まる!甘みきわだつ「さつまいもご飯」 2023年10月19日 19:00
冷やして食べるのが◎旬のさつまいもでダイエット中でも「罪悪感ゼロ」のヘルシースイーツ 2023年10月24日 18:00
シニアにもおすすめ!不足しがちなタンパク質&カルシウムのちょい足しワザ 2023年10月18日 20:00
カップ麺に生クリームがメーカー推奨!?日本じゃ見かけないアメリカの「カップ麺」を現地レポート 2023年11月21日 20:00
作りおきにもぴったり!「豆腐」は漬けるのが正解 2023年11月04日 07:00
捨てちゃダメ!意外と使える「食パンの袋」 2023年11月11日 18:00
漬けるだけ絶品!X(旧Twitter)でバズった6Pチーズのうますぎる食べ方 2023年11月16日 19:00
行ったら必ずチェック!「成城石井」で買ったほうがいい食品5選 2023年11月03日 17:00
オーブントースターの中で発火!急いで扉を開けて水をかけたら最悪の結果に…正しい対処法を解説 2023年11月02日 20:00
絶対にやめて!「カセットこんろ」の危険すぎる使い方が大事故の原因に 2023年12月19日 20:00
コレ、絶対レンチンしないで!ゆで卵だけじゃない「電子レンジ加熱」NGリスト 2024年03月19日 20:00
乾燥の季節は食パンもパッサパサ!◯◯するだけでフワフワ食感復活の裏ワザ 2023年12月01日 18:00
アレするだけで生麺風に!モチモチ絶品パスタ 2023年12月07日 16:00
知らなかった!「缶詰」の正しい開け方でもう怪我しない 2023年12月21日 14:00
大手コーヒーチェーンにも登場。大人かわいい「モノクロスイーツ」 2023年11月29日 04:00
カップ麺の「ノンフライ麺」のメリットって?違いは何?管理栄養士に聞いてみた! 2023年12月05日 12:00
【TVでも話題に!】混ぜない!こねない!重ねるだけの「乱暴ハンバーグ」 2023年12月14日 19:00
カルディの高コスパ食材はどれ?11月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年12月08日 22:00
頑固な赤サビでも落ちる?話題の「電気ケトル」お掃除ワザを試してみた 2023年12月18日 19:00
ニトリで爆売れ「毎日とりかえキッチンスポンジ」使ってみた!100均と比べてみると…? 2023年12月09日 18:00
悪玉コレステロール値が高いといわれたら?食事や食べ物選びの工夫を解説 2023年12月13日 20:00
焼き鳥だけじゃない!便利すぎる「竹串」の意外な使い方 2024年01月04日 18:00
正月明けの◯◯不足に!免疫力UPのスピード副菜3選 2024年01月05日 07:00
まな板いらずで手も汚れない!アボカドの切り方 2024年01月21日 18:00
たっぷりチーズとベーコンがウマい!ライスペーパーで「スケルトンガレット」 2024年01月18日 19:00
汚れたままだと雑菌発生⁉️掃除研究家が直伝「炊飯器」のお手入れ術 2024年01月09日 19:00
話題のモノクロスイーツを手軽に楽しむ!黒ごま&バナナのジュースを作ろう 2024年01月18日 12:00
クックパッドで人気!フライパン1つで簡単完成「ひき肉」おかず3選 2024年02月09日 16:00
中からチーズがどばぁっ!白だしで味が決まる「ふわとろチーズ焼き」 2024年02月22日 19:00
雑菌繁殖の原因に⁉︎掃除研究家が直伝「ザル」の正しい洗い方 2024年02月15日 19:00
【停電した時に】冷蔵庫の扱い方/カセットコンロの正しい使い方/炊飯器を使わないご飯の炊き方 2024年01月01日 18:00
【元家電販売員が解説】それ、もう寿命かも?炊飯器の寿命サインとNG使用法 2024年01月26日 21:00
用意していた非常食は役に立たなかった…能登半島地震・被災者に聞く避難時の食生活 2024年01月25日 20:00
倹約家FPがおすすめ!食費を節約したい時に選ぶべき「主食」とは 2024年03月08日 20:00
「朝起きられない子」は◯◯不足が原因⁉️規則正しい生活に必須の栄養素とは 2024年03月28日 12:00
セリアで見つけた「使い捨てふきん」が名品すぎた!ニトリ、無印の商品と比較すると… 2024年03月16日 12:00
フライパンは捨てる前に◯◯掃除に使用!?毎日使うキッチングッズを「捨てるタイミング」は… 2024年03月15日 17:00
あの油汚れがゴッソリと落とせる!お掃除好きスタッフ激推し「重曹」のとっておき活用術 2024年03月22日 16:00
【災害時に役立つレシピ】電気&ガスは使えるが水が出ない時に!洗い物極少の炊込みご飯 2024年02月05日 21:00
【災害時に役立つレシピ】電気&ガスは使えるが水が出ない時に!家にあるもので作れる「旨味たっぷり魔法の粉」が大活躍 2024年02月13日 21:00
【災害時に役立つ洗い物極少レシピ】断水時にうれしい!水をムダにせずお米を研ぐ方法とは? 2024年02月20日 12:00
【災害時に役立つレシピ】断水中に子どもからのリクエスト「カレーが食べたい!」にどうこたえる? 2024年02月26日 12:00
【災害時に役立つ洗い物極少レシピ】断水中も洗い物なしで簡単!ホットケーキミックスおやつ 2024年03月11日 20:00
【災害時に役立つレシピ】断水時の強い味方!「揚げ物惣菜」をカリカリジューシーに復活させるワザ 2024年03月04日 12:00
可愛すぎる!サッカーボールのメロンパン 2024年04月12日 10:00
今日からやってみて!スタッフが教える「ゆで卵」を大量に作る裏ワザ 2024年04月05日 17:00
もう待たなくても大丈夫!「固いアボカド」を早く食べ頃にする裏ワザ 2024年04月09日 16:00