cookpad news

今が旬のさくらんぼが「むくみ」にいいって知ってた!?

さくらんぼはむくみにいい?!

さくらんぼは今が旬のフルーツです。見た目もかわいく、甘酸っぱいので好きな人も多いのではないでしょうか?
さくらんぼは薬膳的には、体の水のバランスを整えるはたらきがあると言われています。
そのため、湿気が多い季節におこりやすい症状である、むくみ、関節痛、筋肉の痛み、発疹を改善する効果が期待できます。

湿気が多いとなぜむくみが起こる?

漢方医学では、このようなタイプの人を「水毒(すいどく)タイプ」と呼びます。
日本は海に囲まれた島国なので、水毒タイプが多いと言われています。また、梅雨の時期は低気圧に伴って水毒になりやすい時期でもあります。

体内の水がうまく排出されなかったり、偏って分布すると水毒が起こります。
水が頭に偏れば、頭痛、めまい、立ちくらみ、頭重感、乗り物酔い、吐き気などが起こります。
腸管であれば下痢になります。全身であればむくみになります。

さくらんぼには他にも嬉しい効果が!

さくらんぼにはその他にも、気を補って消化吸収を高めてくれるはたらきもあります。 そのため、からだを温める作用があり、冷え症の人にもおすすめです。
フルーツはからだを冷やすイメージが強いとは思いますが、さくらんぼはからだを温める作用があるとは意外ですよね。

また、さくらんぼに含まれるクエン酸は、疲労回復にも効果があります。
ただ、からだに嬉しい効果があるからといって、食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。
食べ過ぎにより、アレルギー症状を起こすこともあります。

ジャムにすると毎日手軽にたべられる!

さくらんぼは店頭に並びだした時期ですが、同時に梅雨の季節でもあり、早めにむくみ対策に取り掛かりたいものです。ジャムだと保存も効き毎日手軽に取り入れられます。また、調理することで温める効果もアップするんですよ♪さくらんぼのジャムも珍しいですよね。

ミニさくらんぼを使用すると、ブルーベリージャムのようなツブツブ感になって食べやすそうですね。もちろん通常の大きさのさくらんぼでもできるとのことなので、ぜひお試しください♪

監修:漢方デスク

漢方デスクは漢方・薬膳の総合ポータルサイトで、個別のタイプに合わせた薬膳、ツボ療法、漢方薬、生活習慣の改善等の日々の生活に取り入れられる健康情報お届けします。

編集部おすすめ