cookpad news
トレンドレシピ

節分の日はお弁当に「鬼」を忍ばせよう!

いつものキャラ弁に季節感をプラス

節分の季節、お弁当に鬼を取り入れて季節感を出すのもいいですね。鬼というと怖い印象ですが、表情を工夫すれば、かわいい鬼ができちゃいます♪今回は、キャラ弁をかわいく彩ってくれる鬼の作り方を紹介します。

身近な材料で、簡単できるかわいい鬼

鬼といえば、いかつい顔というイメージですが、下がり眉にしたり、笑顔に変えるだけで、キャラ弁にぴったりなキュートな表情に。顔の材料は、梅干しや人参など身近な材料でOKです。材料や表情はお好みでアレンジ自在なので、いろんな鬼を楽しめますよ。

魚肉ソーセージのり巻きで作るピンクの鬼

魚肉ソーセージのり巻きが、アレンジで鬼のり巻きに!子どものようなピンクの鬼が、とってもキュートです。

カニカマで、表情豊かな赤鬼ブラザーズ

これこそ真っ赤な赤鬼!のりやチーズで作った顔のパーツで、笑ったりとぼけたり、いろいろな表情を作っちゃおう!

愛嬌たっぷり!うずらの卵で白鬼

まるで雪だるまのような白鬼。まん丸の顔にまん丸の目、まん丸のお鼻が愛嬌がありますね。

おにぎりやお弁当にぴったり!キュートな梅干し赤鬼さん♪

お弁当の定番梅干を使って。お弁当にちょこんと乗せられた、梅干し赤鬼さんがとってもキュート。

季節感たっぷりの鬼のキャラ弁、いかがでしたか?かわいい鬼は、大人にも子どもにも喜ばれそうですよね。材料や表情を工夫して、子どもと一緒にかわいい鬼を作ってみるのも楽しいのでは?(TEXT:釜井知典/ライツ)

おすすめ記事