cookpad news

その肌荒れ、原因は“フェイスブラシ”かもしれません!

いつもと同じスキンケア、いつもと同じメイクをしているのに、ある日突然、肌荒れに…という経験はありませんか?睡眠不足やストレス、潤い不足など思いあたる原因がないときは、いつも使っているフェイスブラシやチップ、スポンジを疑いましょう。

第一容疑者は「チークブラシ」と「アイシャドーチップ」だ!

ファンデーションは買い替えのスパンが短いうえに、パフやスポンジの汚れが目立つため、定期的に洗浄している人も多いでしょう。対照的なのが、一度に使う量が少ないチークやアイシャドー。なかなか減らないため買い替えるまでのスパンが長く、おまけにブラシやチップは汚れが目立ちにくいので、“洗う”きっかけがないまま何ヶ月も、時には何年も洗っていない人も!汚れと皮脂まみれのブラシやチップを使い続ければ、雑菌の温床になってしまいます。雑菌だらけのブラシやチップでメイクをすれば、頬やまぶたが肌荒れを起こすのは当然のこと。メイク道具をしっかり洗っただけで、肌荒れが治まったというケースも、意外と多いのです。

いつも使っている「クレンジング剤」を使えば簡単キレイ!

美容成分配合のクレンジング剤には肌に潤いを与えながら、メイク汚れと皮脂汚れをしっかり落とす機能があります。これを利用しない手はありません。ブラシやチップにクレンジング剤を含ませ、チークなど顔料の色が出てこなくなるまできちんと洗浄します。その後は、よく泡立てた洗顔料でクレンジング剤を洗い流せば完了。中性洗剤を使うよりも汚れ落ちがよく、保湿成分も配合されているので洗い上がりがゴワッとしません。

あとは雑菌が繁殖しないように、ブラシやチップの中までしっかり乾燥させるだけ。使用頻度にもよりますが、最低でも1~2週間に1回のペースで洗っておくと、雑菌が原因の肌荒れは防げるはずですよ。さっそく、実践してみてくださいね。