cookpad news
コラム

【Dr.コパの明日のお告げ】ひな祭りの開運フードは?

明日食べるべきラッキーフードを予告します!

毎月数日ある「食事開運日」に食べるべきラッキーフードを、前日に【お告げ】としてお知らせ!また、Dr.コパのオリジナルレシピを、フリーアナウンサーで料理研究家の西川友紀子さんにレシピ化してもらい、あわせて紹介します。

明日3月3日ひな祭りは
黄色とピンク色の「太巻き」で開運しよう!

女子の健やかな成長を祈願する節句の年中行事である「ひな祭り」。いわゆるお内裏様とお雛様の「ひな飾り」も開運風水術の1つです。

「ひな飾り」のポイントとして挙げたいのが、ひな壇に飾る桃と橘。左手の橘の花は「西に黄色で金運アップ」、右手の桃の花は「東にピンクで良縁を呼ぶ」という風水術を示します。さらに、この「黄色とピンク」を組み合わせることで、「人間関係がもたらす金運を呼び込む」という効果をもたらします。コパはこれを「縁が円(お金)を呼ぶ」という〝格言〟として紹介し、毎年3月は「黄色とピンク」を重視しています。

というわけで、ひな祭りには、「ひな飾り」だけでなく、食べるものも「黄色とピンク」を意識。ひな祭りの日の食卓には、「黄色の卵」と「ピンク色のでんぶ」を中心に、干瓢・エビ・貝類を使ったかわいい太巻き寿司を作って、蛤のお吸い物(お碗は蓋付きがベスト!)と一緒に食べてお祝いしましょう。

おすすめレシピはこちら

ちなみに…「ひな祭り」の食べ物と言えば、「ちらし寿司」が知られていますが、実は、「ひな祭りのちらし寿司」には、確固たるいわれは存在しません。諸説ありますが、ひな祭り=お祝い=寿司=華やかで彩のある寿司=ちらし寿司として、定着したのが一般的とされるようです。つまり「祝う」という気持ちさえあれば、特に「ちらし寿司」にこだわらなくても心配はいらないということ。もちろん、今回紹介している「太巻き寿司」でもOKです!

執筆:Dr.コパ

日本の風水・家相の第一人者。日本に古くから伝わる風水をわかりやすく説明し、「西に黄色」で絶大な人気を得る。明るいキャラクターと、経営者としての成功実績などから数々のTV、ラジオ、講演会に出演し、著書はのべ200冊以上、累計売上1000万部を超える。 風水について詳しく知りたい人はホームページをチェック:http://copa.jp/

調理協力:西川友紀子

福岡でフリーアナウンサーとして活動する傍らジュニア野菜ソムリエなどの食に関する資格を生かし、食育イベントの企画、運営、コーディネーターとしても活躍。「食の発信で食卓と社会をつなぐ」をテーマとしたandyuki主宰。福岡県産の農作物に関する造詣も深い。HP:http://and-yuki.com/

編集部おすすめ
クックパッドの本