お疲れ気味の胃腸にあったかレシピでやさしさを

お疲れ気味の胃腸にあったかレシピでやさしさを

夏のように暑い日があったかと思うと、肌寒く秋らしい日があったりと、何だか身体の調子を整えるのが難しい季節になってきましたね。夏の疲れが胃腸に出てきているという人も多いのではないでしょうか。そんな時におすすめのお腹にやさしいあったかレシピを紹介します。

胃にやさしいあったかレシピはいかが?

昼間は夏が戻ったかのように汗ばむのに、朝晩は肌寒いほど冷えたりと、体調管理が難しい季節になりましたね。夏の疲れがお腹に現れているという人も多いのではないでしょうか。まだまだ室内はエアコンが効いていて涼しいこの時期。冷えると胃腸の機能が下がります。温かいものを食べて体の中から温めると胃腸が活発に働きますよ。温かく、消化によいスープはこの季節に身体だけでなく、こころもほっこりさせてくれますね。ちょっと疲れぎみだと感じたら、胃腸を休ませるのも大切ですよ。

お疲れ胃腸にやさしいレシピとは?

この季節におすすめの胃にやさしいスープはどんな特徴があるのでしょうか。胃腸に負担をかけず、満腹感も得られるほっこりスープをクックパッドの管理栄養士に教えてもらいました。おすすめの理由も合わせて覚えておけば、これからの季節、「疲れているかな」と感じた時に活躍してくれそうですね。

炭水化物は身体の活動を支えるエネルギー

胃が疲れていても、しっかり食べないとパワーが出ませんよね。エネルギーの源でもある炭水化物はさまざまありますが、ここでおすすめしたいのが麺類。なかでもうどんやそうめんは消化にいいだけでなく、食欲がなくても食べやすいのでおすすめ。

消化にいいたんぱく質で満足感

胃の粘膜をつくるためにも、しっかり満足感を得るためにもたんぱく質は重要。豆腐や納豆、卵などの消化がよく胃に負担をかけない植物性たんぱく質はこんな時の強い味方。お肉など動物性たんぱく質を食べる際は、脂肪が多い食材は消化しにくいため、脂肪の少ない鶏胸肉やささみがおすすめです。

野菜もしっかり食べたいけれど、食物繊維に注意

バランスのよい食生活を心がけるときに気になるのが野菜。胃腸が疲れ気味の時には食物繊維に気をつけてみて。胃腸が健康なときには積極的に摂りたい食物繊維も、お疲れ気味の胃腸には負担になることも。そんな時は野菜を細かく切ったり、しっかり煮込んだりするのがおすすめですよ。

食欲がない時もとろ〜りあんかけで食べやすい

卵と三つ葉の簡単トロトロあんかけうどん by ポテチ犬
冬の夜食にピッタリ♪あんかけにすればアツアツのままで最後まで食べられます!

ポイントをおさえて胸肉がしっとりやわらか

美味しい!簡単!鶏白湯にゅうめん by sayakaw
透明だけどしっかり旨味がぎゅっとつまって、おいしいです

元気がない時もレンジにおまかせでラクラク

レンジで10分!生姜味噌の茶碗蒸し by 薄荷パン
⋆⋆⋆⋆食べるみそ汁的な茶碗蒸し♫グラタン皿に薄く入れる事で時短できます。豆腐でカロリーオフ&生姜で代謝アップ♡ぜひ朝に

生姜効果で食べてるそばからぽっかぽか

生姜がポイント✿大根と納豆のお味噌汁✿ by コユッキー
ほっこり温まりますよ~~(* ^ω^)ゞ
クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)