cookpad news
コラム

料理研究家・リュウジさんが「バズる時短レシピ」を生み出し続ける理由

「バズレシピ」で話題の人気料理研究家・リュウジさん。「バズレシピ」とは、SNSなどで拡散され話題となったレシピのこと。疲れている時でもすぐに作れる「早くて、安くて、おいしい」レシピが話題を呼び、リュウジさんのTwitterのフォロワーは今や110万人超え。出版するレシピ本も好評を博しています。そんなリュウジさんにとって料理とは何か、バズるレシピを生み出すコツや原動力について聞いてみました。

「時短料理」には興味がなかった!?

今はこうして「時短レシピ」の料理研究家として活動していますが、昔は時短料理を正直ちょっと下に見ているところがありました。料理はもっと手をかけて作ってこそと思っていましたし、毎日の食卓に出てくる手軽で簡単な料理なんて、という気持ちだったんです。

だから最初は、“自分が最高だと思う、自分の好きな料理”ばかりを作って、ブログで紹介していました。イカ墨を使ったり、いのしし肉をローストしてみたり、手の込んだこだわりの一品を披露していたんです。でも、世間はそういう料理にはあまり興味がないんですよね(笑)。

今思えば、その時の僕はまだ「料理研究家」という肩書きもありませんでしたし、レストランで働いた経験も数カ月だけ。だから、どれだけ創意工夫して“自分にとって最高のレシピ”を仕上げたとしても、世間からは“プロの料理”と認識されるわけもなく、説得力がないから当然誰も見ないですよね。それでも、自分のメモ代わりとしてブログは続けていました。

時短料理の難しさを痛感……

その後、勤めていた老人ホームで料理を振る舞う機会があったんです。入居者の皆さんが「おいしい」と言ってくれる姿を見て、やっぱり料理っていいなと思いましたし、限られた時間の中で大量のごはんを作る難しさを知り、凝った料理ではなく実用的な料理の勉強をするようになりました。

でもいざ自分でレシピを考えてみると、これが意外と難しくて……。いわば、時短料理はタイムアタック。限られた時間の中でいかにおいしい料理を作るかが大事ですから、同じ料理でも「時短」という条件が付くと、作り方から変えていかなければなりません。

例えば、おいしいビーフシチューを時間無制限で作るのと、10分で作るのとでは、断然後者の方が難しい。もしかしたらプロの料理人はできないかもしれない。時間に制限があるというだけで、料理ってこんなにも難易度が上がるんだと、改めて気付かされました。

一方で、これって面白いなとも思ったんです。「時短」という条件をクリアするために試行錯誤することは、ゲームを攻略していく感覚と似ていて。知恵を絞ったり、発想の転換をして解を見つけていくのが、次第に楽しくなっていきました。

そうしてその成果をSNSにも上げていった結果、皆さんがどんどん自分の料理に興味を持ってくれるようになりました。「いいね」がたくさん付くとやっぱりうれしいし、どうせ載せるなら皆さんが興味のあるものにしたいと思い、時短料理を探求していくことにしたんです。

「作りたい!」と思ってもらえるレシピを

僕はレシピを発信する時、どうすれば皆さんが作りたくなるのかということを最も重視して考えています。

商談時のプレゼンと同じですよね。どう売り出していくか、広告戦略が肝なんです。Twitterの140字の中で、いかにそのレシピの魅力を伝えるか。同じレシピでも、紹介の仕方一つで反応は全く変わってきます。

今は料理家も雑誌や本でレシピを届けるだけでなく、SNS等を通して個人で発信することができる時代です。いくら良いレシピを考えても、それをうまく伝えられなければ意味がない。

だから僕は今、これから料理したい人、いつも料理している人に、僕が作った最高の一品をどう作ってもらうか、そのために何をしたらよいのかを常に考えています。

「食べたい!」だけでなく、「作りたい!」と相手に思ってもらうって相当技術がいるんですよ。何度、自分で作ったものを届けて食べてもらったほうが楽だと思ったことか(笑)。でも、そこが料理家の面白いところでもあるんですけどね。

料理の楽しさを分かち合いたい!

僕は料理ってプラス要素しかないと思っているんです。料理ができることによって、人は絶対に不幸せにはなりません。むしろ、人生が豊かになる。健康や栄養管理もできるし、ダイエットや筋トレをするにも自炊できたほうがいい。節約にもなりますしね。

料理の知見があれば、例えば外食で食べた料理を自宅で自分好みの味にカスタマイズして再現することはもちろん、それをほかの誰かに伝えたり、相手からさらに新しい情報を得られたりと、人との会話が広がっていく。僕はそれがとても好きなんですよ。

僕は、いろんな人と料理の話をたくさんしたいし、多くの人に“料理の沼”にハマってほしい。リアルの世界でもネット上でも、もっともっと料理を軸に会話を増やしていけるといいなと思っています。

リュウジさんの『バズレシピ』シリーズ好評発売中!

バズレシピ 太らないおかず編』(扶桑社)

現在発売中の『バズレシピ 太らないおかず編』には、炭水化物を使わない低糖質のおかずが多数掲載されています。中でもリュウジさんイチ押しのレシピは、「高野豆腐とハムの細切り炒め」だそう。

「高野豆腐に卵を染み込ませて、ハムと一緒に炒めるだけ。卵を吸わせることで肉のような食感になるので、食べ応えもあります。卵液を四角い高野豆腐にそのまま染み込ませる方法もありますが、それだと染み込むまでに時間がかかってしまう。そこで思いついたのが、高野豆腐を1本1本棒状にカットする方法。これで素早くしっかり味を染み込ませることができ、おいしく仕上がるんですよ」(リュウジさん)

本書に掲載されているレシピは、家にある身近な食材で作れるものばかり。コストもかからないし、体にも優しい。リュウジさんいわく「ご飯のおかずにはもちろん、おつまみにもいいですよ」とのこと。ダイエッターだけでなく、のんべえにもオススメですよ!

リュウジさん

料理研究家。「今日食べたいものを今日作る!」をコンセプトに、Twitterで日夜更新する「簡単・爆速レシピ」が人気を集める。フォロワー数約110万人(2019年11月現在)。WEBサイト「アイスム」「フロムエーしよ!!」「味の素パーク」「ひとり暮らしLab」「アリシー」「LIMIA」などでも精力的にレシピを掲載中。
【Twitter】@ore825
【Instagram】@ryuji_foodlabo
【YouTube】料理研究家リュウジのバズレシピ

関連する記事
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
水道水を飲むことに抵抗ある?自宅の「飲み水」について30代スタッフが本音を激白 2023年11月24日 17:00
【極シリーズ】パサつきなし!しっとり柔らかジューシーに焼き上がる 「極 鶏むねステーキ」 2023年12月21日 19:00
カルディの高コスパ食材はどれ?11月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年12月08日 22:00
大量消費にもおすすめ!シャキシャキおいしい「白菜サラダ」作りおき4選 2023年12月16日 19:00
レンジでお手軽◎卵なしでとろける「生チョコ」食感ケーキ 2023年12月18日 12:00
30代スタッフに聞いた“こだわり”!料理で「面倒だな」と思いながらもやってしまうこと 2023年12月01日 17:00
あの料理にもすごく合う!編集部スタッフも悩む「味の素」の上手な使い方とは… 2023年12月15日 17:00
料理をするとき必ずつける?30代スタッフの「エプロン」に対する本音とは… 2023年12月22日 17:00
「食事のしつけ」いつから始めるのが正解?12人産んだ助産師ママの回答に驚き 2023年12月13日 18:00
チーズたっぷりで大満足!フライパンで簡単「シュクメルリ」 2024年01月05日 08:00
殿堂入り目前!甘辛厚揚げのチーズ焼き 2024年01月24日 17:00
え、これ便利すぎ…クックパッドで話題の「バターの切り方」がスゴかった! 2024年01月22日 20:00
カリッとジューシーで子どももパクパク! 「高野豆腐の唐揚げ」 2024年01月15日 21:00
大根だけでもう1品!サッパリおいしい作りおき副菜5選 2024年01月20日 19:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
食材2つで簡単作りおき!平日の夜がラクになる「メインおかず」レシピ5選 2024年02月24日 19:00
使いこなせない!?編集部スタッフに聞いた「鉄のフライパン」のメリット&デメリット 2024年02月09日 17:00
何を持たせてる?お友達の家に行くとき・来るときの「子どものおやつ問題」をスタッフが激白 2024年02月16日 13:00
ワーママのキッチン時短術とは?ポイントは「動線」と「空間活用」 〜アンバサダーマカロンさんに聞きました〜 2024年02月06日 20:00
用意していた非常食は役に立たなかった…能登半島地震・被災者に聞く避難時の食生活 2024年01月25日 20:00
【極シリーズ】パスタを茹でないことで、驚くほどモチモチに仕上がる「極ナポリタン」 2024年03月28日 19:00
ピッカピカの新品状態に!?赤サビだらけの「電気ケトル」を一発解決した掃除術 2024年03月08日 17:00
【災害時に役立つ洗い物極少レシピ】断水中も洗い物なしで簡単!ホットケーキミックスおやつ 2024年03月11日 20:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
820万人が注目する大人気クリエイター・ケンティー健人が教える!餃子の皮で作る「エッグタルト」が絶品 2024年03月16日 20:00
【フライパンで全て完結】時間や手間を極限まで減らす!料理研究家・ゆーママさんの「テーブルパン」 2024年02月25日 12:00
お弁当のマンネリ解消にも!料理研究家・エダジュンさん考案「台湾風からあげ弁当」 2024年02月29日 18:00
「料理は“型”があれば迷わない」スープ作家・有賀薫さんが教える、レシピなし料理の秘訣 2024年04月05日 18:00
SNSで13.5万回再生!食べるまで10分「絶品ミートボール」 2024年04月23日 18:00
20kgダイエットに成功した栄養士おすすめの「罪悪感ゼロサラダ」!3月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年04月12日 22:00
朝は解凍して詰めるだけでオッケー!冷凍できる「お弁当作りおき」 2024年04月20日 19:00
今日からやってみて!スタッフが教える「ゆで卵」を大量に作る裏ワザ 2024年04月05日 17:00
“クタクタな日”でも5分で作れちゃう!スタッフ絶賛の「サバ缶」アレンジメニュー 2024年04月19日 17:00
食べ歩きが趣味の30代グルメ夫婦!栄養知識ゼロではじめたダイエットがきっかけで大きく変化した食習慣とは? 2024年03月23日 20:00
「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由 2024年03月29日 18:00
【きゅうり×5分】で作れる簡単おつまみレシピ4選 2024年05月08日 19:00
平野レミさんに聞いた!一品で満足する、時間がないときの切り札レシピ 2024年04月22日 14:00
ニトリのアレで料理がラクに⁉️Instagramで話題になった「手間がゼロになる家事ワザ」5選 2024年04月16日 19:00
【64.7万回再生された!】材料3つで作れる「即席抹茶スコーン」がX(旧Twitter)で話題 2024年05月17日 20:00
人気店が伝授する「絶品お好み焼き」のポイントを公開!4月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年05月17日 22:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00
つくれぽ1000件超え!作業5分であっという間に作れる「不思議パン」 2024年04月27日 10:00
そのイライラや不安、“脳の疲れ”が原因⁉️脳を休ませる「おひとりさまごはん」のススメ 2024年05月07日 19:00
趣味のロードバイク大会を目標に1年で−15.5㎏!50代が実践した、無駄な間食がなくなる「1日4食」の食事術 2024年04月20日 17:00
料理愛好家という肩書きにした理由は…平野レミさんの「料理を好きになる」ために大事なこと 2024年04月26日 19:00
「麹」にはどんな効果があるの?基本の塩麹の作り方と活用レシピ3選 2024年05月14日 10:00
発酵と腐敗は同じ!?ブームの火付け役・小倉ヒラクさんが語る発酵食品の魅力 2024年05月10日 19:00