cookpad news
コラム

甘酸っぱくてミルキー!この時期ならでは「いちごバター」がやみつきのおいしさ

【コメルコバナシ】今回は、調味料、食材、料理道具、うつわやカトラリーなどの“料理が楽しくなるモノ”が買えるオンラインマルシェ『Komerco(コメルコ)』編集部に、「いちごバター」のつくり方について教えてもらいました。

この時期ならではの味を手作りしてみませんか?

こんにちは、Komerco編集部です。

いちごのフレッシュな甘酸っぱさと、ミルキーなバターの風味をダイレクトに味わえる「いちごバター」。ジャムとは違ったまろやかな味わいはやみつきになるおいしさです。旬のいちごとリッチなバターを贅沢に使って、この時期ならではの味を楽しんでみませんか?

材料はシンプルにいちごと砂糖、バターのみ。バターは有塩でも無塩でもOK。今回はほんのちょっぴりの塩気が甘さを引き立てる有塩バターを使用しました。

■材料

・バター……100g(有塩でも無塩でもOK)
・いちご(80g分)……5個
・砂糖……50g

■つくり方

1. いちごソースを作ります。いちごはよく洗い、ヘタを切り落として4等分にカットします。 バターは冷蔵庫から出し、常温で柔らかくしておきます。

2. 耐熱容器にカットしたいちごと砂糖を入れて混ぜ合わせます。

3. 600Wの電子レンジで蓋をせずに2分30秒ほど加熱。レンジから取り出し、よく混ぜ合わせて粗熱を取ります。果実感を楽しむならいちごの果肉が少し残るぐらいがおすすめ。

4. 室温に戻したバターといちごソースをボウルに入れ、しっかりと混ぜ合わせます。

5. 泡立て器でもOKですが、ハンドブレンダーや電動ミキサーがあると早くて便利です。

6. 密閉容器などに移して完成。保存は冷蔵庫で、フレッシュなうちに早めに食べきりましょう。

 トーストやビスケットにも!いちごバターの楽しみ方

バターのコク深いミルキーな味わいといちごの甘酸っぱさ、爽やかな香りが重なるいちごバター。パンにぬる以外にもさまざまなアレンジが楽しめます。

まずはできたてをパンにたっぷりとのせて。口の中でふわっととろけてまるで贅沢なスイーツのよう。

市販のビスケットに挟めばビスケットサンドにも。お好みで冷蔵庫で冷やすといちごバターが固まり、また違ったおいしさが楽しめます。パンケーキやスコーン、クレープなどとも相性抜群です。今回は「和紅茶」とあわせていただきます。

いちごバターを手作りするなら、スーパーに旬のいちごが並ぶ今がチャンス。砂糖の量を調節したりレモン汁を加えて酸味を加えたりと、自分好みにアレンジできるのも自家製のいいところです。

おうち時間の楽しみにぜひチャレンジしてみてくださいね。

Komerco(コメルコ)

調味料、食材、料理道具、うつわやカトラリーなどの“料理が楽しくなるモノ”が買えるオンラインマルシェ『Komerco(コメルコ)』。自身の手でつくるモノで料理を楽しんでほしいと願うクリエイターさんから、Web、スマートフォンアプリで直接お買い物ができます。

▶アプリのダウンロードはこちらから!(※ iOS限定アプリ)
【Komerco Instagram】 @komerco_official

こだわりの道具・調味料で ちょっとうれしい家ごはん』(電子書籍)

調味料、食材、料理道具、うつわやカトラリーなどの「料理が楽しくなるモノ」を厳選しているオンラインマルシェ『Komerco』。本書ではKomercoで連載している「コメルコバナシ」を再編集し、毎日の家ごはんが少し楽しくなるような、季節のレシピやこだわりの料理道具などを紹介します。毎日の料理がもっと楽しく、ワクワクするものになるきっかけが見つかる1冊です。
>>> 詳しい内容をチェック!

【ご購入はこちらから】
Amazon Kindleストア
honto
楽天kobo

シェアする