cookpad news
裏ワザ

ぶどうは◯◯から剥く!ストレスゼロでつるんと綺麗に

「ぶどう」の旬がやってきました!果肉はみずみずしく、爽やかな酸味と甘みはたまりません…が、少し面倒なのが「皮を剥く手間」。もっと簡単に向ける方法はないのかな…とクックパッドで探してみました。

ポイントは◯◯から!

今回は編集部で見つけた3つのワザを紹介しますが、それぞれに共通するポイントがあったのです!

それは茎に繋がっていない「うしろ」から剥く ということ。茎から外すとぶどうの皮に穴があくので、そこから剥いていた人が多かったと思いますが、反対側、うしろから剥くと剥きやすいようです。

爪楊枝で爪汚れない♪

爪楊枝がなくても、うしろから剥こう!

サッと茹でるともっと簡単

編集部も試してびっくり!

ご紹介した3種類の剥き方を編集部でも試してみましたが、どのワザでも簡単に、そしてきれいに剥けましたよ〜!

こちらは茎と繋がっていた部分から剥いた様子。途中で皮が細くなり、切れてしまいます。

うしろから剥くと…茎と繋がっていた部分までしっかり剥くことができました!これぞストレスフリー!

一度茹でて冷やす方法は、皮が自然とパックリ破けており、その剥き心地はもはや快感です…味も全く変わりませんでしたよ。

手が汚れにくく、ストレスフリーなだけでなく、皮もうす〜く剥けるし、果汁の漏れも少ないのでこれまで以上にぶどうを美味しく食べれるはず。みなさんもぜひお試しください!