cookpad news
トレンドレシピ

【食トレンド予測2022】注目度急上昇!酸っぱさが人気のカレー「ポークビンダルー」がブームに

数々の料理が話題となった2021年も終わり、2022年を迎えました。コロナ禍の一方でだんだんと日常を取り戻している最中、新しい生活スタイルに合わせた食の楽しみ方が続々と登場しています。クックパッドでは毎年恒例の「食トレンド予測2022」を発表。ブームの兆しが見える、料理キーワードをご紹介します。

酸っぱさが新鮮!ポークビンダルー

お正月明け、なぜかカレーが食べたい……と思った人も多いかと思いますが、そんなカレー界に新たなブームの兆しが見えています。それが「ポークビンダルー」 。辛味と酸味の効いたインドカレーで、ポルトガル人からインド西海岸地方のゴアに伝承され、今やゴアの名物料理になっているというもの。

元は豚肉をワイン酢やニンニクで煮込んだ料理だったのが、伝承の過程で進化を遂げ、カレーへと変化。人気が続くスパイスカレーのなかでも「酸っぱさ」のある新しい一品として注目を集めています。

「ポークビンダルー」のレシピ紹介

ビネガーたっぷりで

塩レモンがさわやか

鶏もも肉でも

黒酢で柔らかい酸味

四川風にアレンジ

日本の国民食といっても過言ではないカレー。これまで、キーマカレー、バターチキンカレーなどが人気を博してきましたが、そこに続く第三のカレーとして「ポークビンダルー」がじわじわきています!

しっかりとした酸味が好きな人はビネガーの量を増やしたり、まろやかな酸味がよければ黒酢を使ってみたりと、好みに合わせて調整してみるのも楽しそうです。

カレー専門店やレトルトでも発売されているので、まずはそのクセになる味わいを試してみてください。きっとハマること間違いなしですよ!

次回は「食トレンド予測2021」の5つの料理キーワードのなかから、懐かしいようで新しい!進化したあのスイーツをご紹介します。

ほかの料理も気になる!「食トレンド予測2022」

クックパッドのWebメディア、『クックパッドニュース』と『FoodClip』が2022年の食トレンドを大胆予測!

ブームの兆しが見える、料理キーワードをピックアップしました。

シェアする