cookpad news
裏ワザ

【裏ワザ】臭みなし&ふっくら!旬の「ブリ」のおいしい食べ方

sponsored

寒さが厳しくなるこの時期は、おいしい魚を楽しむのにぴったりな季節! 中でも、この時期のブリは脂がのっていて、食卓に並ぶことも多いのでは? おうちでブリを食べるときには、塩焼きやブリ大根にすることが多いと思いますが、その他にも、ブリをおいしく食べる方法がたくさんあります。旬のブリのおいしい食べ方と、おすすめのブリ「佐渡寒ブリ」をご紹介します。

成長により名が変わる出世魚「ブリ」

ブリは、「出世魚」と言われ、成長によって呼び名が変わり、味もおいしくなっていきます。大きさ80cm以上のものが「ブリ」と呼ばれ、ブリと呼ばれる前の成長過程では、「イナダ」「ワラサ」と呼ばれています。

冬は、ブリに最も脂がのる季節。中でも、11月末から2月初旬に獲れた体も大きく、脂がのったブリは「寒ブリ」と呼ばれています。
「寒ブリ」の獲れる地域では、「ブリ起こし」と呼ばれる雷が鳴りだすと、おいしい寒ブリが豊富に水揚げされると言われているそうですよ。

旬のブリをおいしく食べる裏ワザ

いざブリを食べようと思っても、生臭くなってしまったり、身がパサパサしてしまったりと、なかなか上手に料理できないという方も多いはず。せっかくなら最もおいしい状態で旬の味を楽しみたいですよね。そんな方のために、クックパッドで見つけたおいしく食べるためのワザをご紹介します。

振り塩と霜降りでおいしく

※ 記事のメイン写真はこちらのレシピをイメージして選定させていただきました
画像提供:ピクスタ

オイル塩とふっくら

時短でおいしい進化系ブリ大根

今が旬!佐渡寒ブリって?

「ブリ」とひとことで言っても、天然のものであれば産地、養殖ものであればブランド化が進み、さまざまな種類の「ブリ」を楽しむことができます。その中に、近年注目を集める「佐渡寒ブリ」があります。今回は、「佐渡寒ブリ」について、新潟県 農林水産部 水産課の担当者さんにお話を伺いました。

「11月中旬以降に佐渡島で、大型定置網と一本釣りによって水揚げされたおおむね8kg以上のものを「佐渡寒ブリ」と言います。中でも、10kg以上で、脂ののりが基準を満たしたものを、「佐渡一番寒ブリ」として販売しています。脂がのっているブリですが、脂っぽすぎずしつこくない上品な味わいが特徴なんです」

佐渡寒ブリのおいしい食べ方

一度は食べてみたい「佐渡寒ブリ」。地元の方たちは、どんな風に食べることが多いのでしょうか。

「佐渡の人たちは、1本丸々調理することもあるので、お刺身で残った切れ端は塩で洗って、汁物に入れたり、頭とカマのほうはブリ大根にしたり、余すことなくブリを食べ尽くしています。また、脂がしっかりのっているので、しゃぶしゃぶにすると、あっさりしてたくさん食べられます」

画像提供:ピクスタ

1本丸々とは、なんて贅沢!ブリのしゃぶしゃぶも、ここ数年、冬の定番メニューとして親しまれていますよね。ちなみに、漁師さんならではのおいしい食べ方はありますか?

「佐渡で昔漁師をしていて、今は料理人をされている方に聞いたところ、まずはお刺身で召し上がっていただきたいとのことでした。漁師さんたちは、腹側の新鮮なお刺身で、大根おろしを巻いてわさび醤油で食べることが多いそうです。ブリと同じく、冬においしい大根との相性がとても良いそうです」

内側は脂がしっかりのっているほうですよね。脂が少なめになる背側はどのような食べ方がおすすめですか?

背側は、お肉で言うと赤身の部分に当たります。この部分は、照り焼きにするとおいしいです。その他には、お刺身のような切り身を天ぷらにして、お塩で食べるとおいしいようです」

お話を聞いて、「佐渡寒ブリ」を食べてみたくなりました。「佐渡寒ブリ」を手に入れる場合はどうしたらいいですか?

「地元では、冬になるとスーパーで購入できるのですが、残念ながら全国でどこでも買えるほどには流通していないんです。産地直送のECサイトがあるようなので気になる方は検索してみてください。とはいえ、現地で食べたほうがお得ということもあるので、興味のある方はぜひ一度、旬の時期の新潟に来て、地元で味わっていただきたいです」

ご当地レシピが盛りだくさん!新潟県のおいしいレシピをチェック

「これまで作ってきた新潟の名産品を使ったレシピをまとめて、クックパッドでご紹介します!新潟の魅力的な食材とレシピをより多くの皆さまに楽しんでいただけると嬉しいです」

新潟のご当地レシピに挑戦してみよう!

クックパッド内にオープンするキッチンで紹介されているレシピの中から、厳選した2品をご紹介したいと思います。

ブリカツ

新潟県では、給食にも登場するという「ブリカツ」。佐渡市では、ブリを楽しむ新しいレシピとして浸透してきたメニューです。

のっぺ

新潟の代表的な家庭料理。主材料は里芋。そのほかに野菜やきのこを薄味で煮てとろみがついたもの。雪深い新潟では、買い物に行けないときのために、のっぺをたくさん作り、雪を冷蔵庫代わりにして鍋ごと保存していたそう。

新潟には「佐渡寒ブリ」以外にも名産品がたくさん!

新潟と聞くと、米どころのイメージがありましたが、日本海に面しているので、「佐渡寒ブリ」のような、おいしい魚にも恵まれているんですね!しかも新潟は、海だけではなく、山や川といった自然に恵まれた土地。越後平野は、豊富な水と肥沃な土壌に恵まれた広大な農地になっていて、お米以外にもたくさんの名産品があるんだそう。今回は、その名産品について、新潟県 農林水産部 食品・流通課の担当者さんにご紹介していただきました。

「たくさんのおいしいものに恵まれている新潟県ですが、その中でも特に満足度が高く、オリジナリティのある『ル レクチエ(西洋なし)』、『えだまめ(新潟茶豆)』、『越後姫(いちご)』、『にいがた和牛』、『佐渡寒ブリ』、『南蛮エビ』などの産品を特におすすめしています。

できれば、新潟にお越しいただいて楽しんでいただきたいのですが、ホームページでは首都圏で新潟の味覚が味わえるパートナーショップもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください」

商品情報

佐渡寒ブリ

11月中旬以降に佐渡島で、大型定置網と一本釣りによって水揚げされたおおむね8kg以上のブリ。中でも、10kg以上で、脂ののりが基準を満たしたものを、「佐渡一番寒ブリ」として販売しています。

佐渡寒ブリ販売促進協議会事務局(内海府漁業生産組合内)

TEL 0259-27-5802
FAX 0259-27-2255
※原則、一本単位での販売となります

『桑原農産のお米 南魚沼産新之助』5kg×2個を抽選で10名様にプレゼント


『クックパッドニュース』公式Twitterで該当ツイートをリツイートしてくださった方の中から抽選で10名様に、新潟県南魚沼市の『桑原農産のお米 南魚沼産新之助』5kg×2個をプレゼントいたします。応募規約を必ずご確認の上、奮ってご参加ください。

▼キャンペーン名称
『桑原農産のお米 南魚沼産新之助』プレゼントキャンペーン

▼キャンペーン期間
2022年1月14日(金)10:00~2022年1月28日(金)10:00
※キャンペーン期間は予告無く変更する場合がございます。

▼参加方法
1. 『クックパッドニュース』公式Twitterにアクセスしてフォローする
2. 該当ツイートをリツイートして応募完了! フォロー&リツイートしてくれた方の中から抽選で10名様に、『桑原農産のお米 南魚沼産新之助』5kg×2個をプレゼント!

▼プレゼント内容
『桑原農産のお米 南魚沼産新之助』5kg×2個

▼結果発表
2022年2月上旬
※当選連絡は、当選された方にのみ、『クックパッドニュース』公式Twitterよりダイレクトメッセージにてご連絡いたします。落選された方へのご連絡はございませんのであらかじめご了承ください。
※当選連絡時期は前後する場合がございます。
※抽選結果、抽選方法につきましてはお問合せいただきましてもお答えいたしかねます。

▼プレゼント発送日
2022年2月中旬
※予定は予告無く変更する場合がございます。