cookpad news
コラム

パスタを茹でた後に“煮込む“のがコツ!?シェフ直伝「卵とろ〜りカルボナーラ」の作り方

料理がもっとうまくなりたい!を叶える、プロの料理人による料理のパーソナルコーチングサービスMOMENT。 第2回はイタリアンレストランRistorante QUINDIの料理長・安藤曜磁さんが、カルボナーラの作り方を生徒のJunさんに伝授します。レッスンの様子を覗いてみましょう!

とろとろクリーミーな卵ソースが絡んだカルボナーラをつくりたい!

安藤コーチ

カルボナーラ、ふだん、ご自宅でもつくっていますか?

Junさん

何度かチャレンジしたんですけど、加熱しすぎなのか卵がポロポロになったり、ソースがゆるかったりして味が決まらなくて。
だから専ら外食メニューですね。家でできたらうれしいです。

安藤コーチ

Junさんが考えるカルボナーラの完成形とはどんな感じ?

Junさん

クリーミーなソースがパスタにとろっと絡まっているイメージです。具はシンプルにベーコン?ですかね。

安藤コーチ

ベーコンのように見えるのは、パンチェッタという塩漬けにした豚バラ肉。
手に入らないときはベーコンでもOKです。完成形はその通り、卵のとろとろソースがパスタ全体に絡まっている状態。今回はカギとなる“卵の加熱法”を一緒に学びましょう。

ゆでたパスタをスープで煮込んでから卵を加える

安藤コーチ

作る前に、カルボナーラの失敗例について考えてみませんか。Junさんも困っていた「卵が固まってぼそぼそになる」のはなぜでしょう?

Junさん

うーん・・加熱のしすぎとか? そんなに時間が経ってないのに、気づいたらところどころ固まっているんですよね。

安藤コーチ

正解!と言いたいところだけど、近からず遠からずかな。
卵は固まる力が強くて、卵黄は65℃から、卵白は60℃から固まり始めて、80℃になると完全に固まるんです。だからソースがフツフツして「もういいかな?」と思ったときは遅くて、卵が固まっているんです。

Junさん

思っていたより、早い!

安藤コーチ

とろとろのソース状に仕上げたいカルボナーラは「卵の固まる力」を弱めてあげるのが最大のコツ
水分を加えて卵液を薄め、ゆるい液状から仕上げていきます。では作っていきましょう。
パンチェッタを炒めてスープを加えたところに、茹で上がったパスタを投入。煮ながら旨味を吸わせます。

Junさん

えっ。茹でたあとに煮込むんですか? アルデンテにして、パパッと仕上げるものなのでは?

安藤コーチ

日本ではパスタといえば“アルデンテ”が定説のように言われているけど、イタリアではそんなことはなくて。しっかり茹でても食感が損なわれることはないし、下ゆでしたあとさらにスープで煮込むことで味がしっかり入ってパスタ自体がよりおいしくなります。

Junさん

そうなんですね! 時間との勝負でないのがうれしいし、さらにおいしくなるなんて驚きです。
パスタづくりのイメージが変わってきました。

安藤コーチ

今回目指すのは「卵とろとろ」ですから、ポイントはこれから!
ひたひたに入れていたスープが半量くらいになったら、パスタを真ん中に寄せて一旦火を止め、上に卵黄をのせます。

Junさん

卵黄だけなんですね。パスタの上にのせるのはどうしてですか?

安藤コーチ

*卵白が入ると固くなるので、卵黄だけを用います。卵黄の凝固温度は低めですからフライパンに直接当たるとすぐ固まってしまうため、パスタの上にのせて守ってあげるわけです。
*加えるときに火を止めるのも凝固を防ぐポイントです。

混ぜながら加熱して濃度とツヤを出す

安藤コーチ

パスタの上で卵黄を割って混ぜはじめ、残っているスープに溶かすようにしてゆるいクリーム状にします。
全体になじんだら極弱火にかけて。卵が固まらないようにするには「水分量」と「温度」が大事。フライパンの中全体がフツフツしている状態では高温なので、フライパンのまわりが少しフツフツしているかな、くらいが目安です。

Junさん

卵の存在がわからないくらいスープになじんでいますね。しかもしゃばしゃば。

安藤コーチ

このしゃばしゃばの水分が「卵の固まる力」を弱めているんです。
*固まらないように混ぜながら加熱していくと
ソースが濃縮して、次第にツヤが出てきます。これが「乳化」で、ソースの水分とパンチェッタの油がよく混ざり合ったサイン。*火を止めて、オリーブオイルとパルミジャーノを加えて絡めれば完成です。

Junさん

パスタにソースがしっかり絡まっている!
パッと見、卵は存在感がないというかソースになじんでいて、とってもなめらか。ツヤツヤで見るからに食欲をそそります。食べるとしっとりとしてコクを感じられ、パスタがもちもち。噛みしめるほどにおいしいです。すぐにでも実践したいレシピ! ありがとうございました!

この技、オムレツやスクランブルエッグにも使えます

今回のポイントは「卵の固まる力を弱める」こと。水分を加えてゆるくすることで固まるまでの時間を稼ぎ、混ぜながら加熱して「好みのとろとろ具合」に仕上げます。このコツは卵をとろっとした状態に仕上げたいオムレツやスクランブルエッグに応用がききます。卵液をゆるめて加熱し、どこまでとろっとさせたいかは自分次第。ホテルの朝ごはんのような卵料理ができあがりますよ!

教えてくれたコーチ:安藤曜磁(Ristorante QUINDI料理長)

大阪の調理師学校で学び、京都のリストランテ「イルギオットーネ」に9年間勤務。
その後、都内数店で料理長としてキャリアを積む。2018年より、「Ristorante QUINDI(クインディ)」の料理長を務める。一般社団法人Japan Food Frontierの理事も務め、こどもに向けての料理教室も行っている。

MOMENTはプロの料理人による料理のパーソナルコーチングサービスです。

専用カメラとアプリを利用した完全オンラインで、プロの料理人があなたの専属コーチとして、料理スキルアップをサポートします。現在大変人気をいただいており、コーチとなるシェフの新規講座の開設待ちとなっております。新規講座の情報と予約の案内をメールにて配信しておりますので、詳しくはHPをご覧くださいね。(2023年前半サービス公開予定)

関連する記事
【極シリーズ】超濃厚!フライパン1つで完成!おいしすぎる「極 ツナパスタ」 2023年08月30日 19:00
ソースも麺も鍋ひとつでOK!平日ランチに「ワンポットパスタ」 2023年08月31日 12:00
料理人が考えた「茹でないパスタ」が天才的 2023年09月06日 18:00
休日ランチに◎別茹で不要「ホットプレートナポリタン」 2023年09月03日 10:00
子どもウケ抜群!「最強の明太クリームパスタ」の作り方 2023年09月22日 19:00
業務スーパーの定番人気商品「肉団子」アレンジレシピ3選 2023年09月30日 13:00
【極シリーズ】たった5分で完成!70円で作る人生最高の「極ハムエッグ丼」 2023年09月21日 19:00
やっぱり卵は万能すぎる!とろとろ食感がやみつきになる「卵」アレンジレシピ 2023年10月01日 21:00
黄身がきれいに!おばあちゃんが教える「ゆで卵」の作り方 2023年09月28日 16:00
食パン1枚で大満足◎ボリューム&栄養たっぷり「キャベツと玉子のタルタルトースト」 2023年09月21日 12:00
材料4つ!ふわしゅわスフレチーズケーキが濃厚美味 2023年10月19日 07:00
いつもの牛乳かんに紫色が美しすぎる!「ブルーベリー牛乳かん」 2023年10月03日 09:00
まるで洋食屋さんの味!?とろ〜り卵がリッチなカルボナーラ風ドリア 2023年10月30日 13:00
茹で時間を有効活用!一皿で満足「豚肉キャベツパスタ」 2023年10月09日 10:00
レンジで5分!秋の朝食はホッとあたたまるスープで決まり 2023年10月31日 06:00
捨てないで!意外と使える「ペットボトルの蓋」活用術 2023年10月22日 18:00
まだらにならない!アレを使うだけで卵を早くとくワザ 2023年10月24日 13:00
なぜスーパーの卵は常温保存?帰宅後も冷蔵庫入れなくてOK?管理栄養士に聞いてみた 2023年10月10日 12:00
業スー好きに聞いた!おすすめの「パスタソース」3選 2023年10月06日 20:00
今年のトレンド!「シュプリームクロワッサン」が春巻きの皮で簡単に作れる 2023年10月28日 06:00
この生栗のむき方は驚き!9月に最も読まれた「裏ワザ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年10月12日 22:00
きのこたっぷり&辛み抜きで子どももOK!「暗殺者のパスタ」の絶品アレンジレシピ 2023年10月26日 12:00
パスタの下ゆで不要!鍋ひとつでできる「グラタン」レシピ 2023年11月20日 10:00
全アメリカ人が溺愛!?とろとろ濃厚「マカロニ&チーズ」 2023年11月03日 15:00
黄身が100%真ん中!魚焼きグリルで「ゆで卵」ならぬ「焼き卵」が作れる 2023年11月10日 14:00
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
パスタ以外でもウマすぎる!ご飯や野菜で楽しむ「カルボナーラ風」 2023年11月08日 21:00
冷凍野菜で簡単に具だくさん!ペペロンチーノ風アレンジの「暗殺者のパスタ」 2023年11月06日 11:00
ライスペーパー、包まなくてもおいしいんです!5分で完成「お食事スープ」は朝におすすめ 2023年11月09日 11:00
1人1000円で9品も完成!「業務スーパー」の食材で作れる豪華なハロウィンメニュー 2023年10月20日 21:00
卵を常温に戻す必要なし!おうちで簡単とろ〜り温泉卵の作り方 2023年12月06日 09:00
アレするだけで生麺風に!モチモチ絶品パスタ 2023年12月07日 16:00
秘訣は◯◯を入れること!老舗の「鉄板ナポリタン」 2023年12月08日 21:00
レンチン3分で完成!簡単すぎる「フレンチトースト」 2023年12月10日 13:00
簡単すぎて驚き…!材料2つでパパッとガトーショコラ 2023年12月12日 15:00
たたき割っている人必見!カチカチに固まった砂糖をサラサラにする方法 2023年12月17日 18:00
刺激的なネーミングも話題!「暗殺者のパスタ」が衝撃のウマさでブームに 2023年11月29日 04:00
2023年春の物価高騰…苦境の中で驚きの「卵なし」レシピが爆誕! 2023年11月29日 04:00
一石◯鳥!?ひき肉100gで家族分できちゃう子ども大喜びなお子様ランチ風【ハンバーグ鍋】 2023年12月25日 12:00
寒くて外に出たくない日のランチはこれ!あったか「スープパスタ」5選 2023年12月24日 21:00
8種を食べ比べ!「ドン・キホーテ」のヤバ盛りパスタ実食レポ 2023年12月27日 18:00
まるで和風カルボナーラ!やまかけ「とろろパスタ」 2023年12月07日 13:00
まるで生パスタ!?中途半端に余りがちなアレで絶品イタリアン 2024年01月05日 10:00
子どももおかわり!白菜が秒で消える「カルボナーラサラダ」 2024年01月23日 16:00
まるで高級ホテルの朝食!美しい目玉焼きの作り方 2024年01月13日 17:00
酸味と辛味が絶妙!レンジで簡単に作れるカルディの「キムチナポリタン」実食レポ 2024年01月28日 19:00
これ知ってる?カルディで人気の「調味料」天才的な食べ方をマニアに聞いてみた 2023年12月05日 20:00
余った分を使い切りたい…「シチューのルウ」が絶品料理に変身! 2024年02月09日 19:00
簡単!オレオで作る「焼かないチーズケーキ」 2024年02月22日 07:00
実は〇〇!食べてびっくりカレーライス 2024年02月25日 07:00