cookpad news
コラム

生ごみが臭う季節…◯◯を使って「一石二鳥」な楽ちん処理

テレビや雑誌で活躍中の家電ライター・田中真紀子さんが、今本当におすすめしたい家電を紹介!お料理も大好きという田中さんがリアルな生活者目線&家電のプロならではの視点で素敵な家電を紹介します。

6月に入ってから、今まであまり感じなかった生ごみのニオイが気になり始めた人も多いのではないでしょうか。不快な生ごみ臭を部屋に充満させないためには、できるだけ早く処分するのが一番!そこで今回は、ニオイ対策しながら生ごみをリサイクルできる生ごみ処理機はありかなしか、レビューを交えてご紹介したいと思います。

そもそも生ごみが悪臭を放つ原因と対策は

梅雨になったら急に、生ゴミが臭い始めるペースが早くなったと思いませんか。今まではごみの日までなんとか持っていてくれたのに……。原因は、雑菌が繁殖しやすい高温多湿の季節になったこと。雑菌は、冬の間はあまり活動できませんが、高温多湿になると活動が活発になります。そして生ゴミを食べて分解し、悪臭成分を含むガスを発させるのです。

この生ごみ臭を抑える方法はいくつかあります。すでにみなさんも実践されていることもあると思いますが、1つ目は、新聞紙に包むこと。生ゴミの水分を新聞に吸収させれば湿気が減らせ、繁殖を遅らせることができます。さらに、水で薄めたお酢を生ゴミにスプレーで吹きかけると、お酢の殺菌作用で菌の繁殖を抑える効果も。また、ごみ収集日まで、冷蔵庫や冷凍庫に保管して腐敗を遅らせる方法もありますね。その際は袋でしっかり密閉し、腐敗が始まる前に入れましょう。「生ごみを冷蔵庫に入れたくない」という人は、最近話題の“冷やすゴミ箱”がいいかもしれません。

よく知られているのが、生ゴミを堆肥にする方法です。これ自体は決して目新しい方法ではありませんが、なんとなく「難しそう」「面倒くさい」と、実践したことがない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、パナソニックの「家庭用生ごみ処理機MS-N53XD」を使いながら、生ゴミの堆肥化のメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

生ゴミを堆肥化するメリット・デメリット

生ゴミを堆肥にするには、電気を使わない昔ながらの方法と、電動生ゴミ処理機を使う方法があります。

昔ながらの方法とは、土に生ゴミを混ぜ、時間をかけて分解・発酵させ、堆肥化する方法のこと。電気式とは違って初期費用や電気代が少なくエコですが、うまく発酵が進まないと悪臭や虫が発生する場合もあるため、まずは分解されやすい野菜や果物の皮などで少量から始めてみるのがおすすめです。

なお堆肥になるまで、夏場で約1か月、冬は3か月ほどかかりますが、米ぬかを混ぜておくと発酵が早まり、悪臭・虫対策にもなります。

一方の電動生ゴミ処理機は、温風で乾燥させることで短時間で生ゴミを5分の1の量まで減らしてくれます(乾燥式の場合)。低温で乾燥させた生ゴミはすぐに堆肥として使えますが、高温で乾燥させた場合は、土と混ぜて1か月〜3か月寝かせる必要があります。ただし乾燥しているので、寝かせている間に、悪臭や虫が発生するリスクは低いです。

気になるのは購入費用と電気代がかかること。コスパで考えたらメリットは少ないので、ゴミを減らしたり、生ごみ臭対策ができることにメリットを感じられる人におすすめです。なお自治体によっては、生ごみ処理機の購入費用を補助してくれる制度がありますので、チェックしてみてください。

パナソニックの家庭用生ゴミ処理機を使ってみました

さっそくパナソニックの「家庭用生ごみ処理機MS-N53XD」で生ごみを乾燥させてみました。本機の特徴は、容器の底についた羽根を回転させて生ゴミを混ぜながら、温風で乾燥させる点。見た感じは、ふつうのスタイリッシュなゴミ箱という感じで、本体サイズ(幅268×奥行き365×高さ550mm)も20L用のゴミ箱ぐらい。なお実際に投入できる生ゴミの最大量は、約2.0kg(約6.0L)です。

フタにヒーターが搭載され、生ゴミを乾燥させます。

乾燥モードは、130℃で短時間で乾燥する「標準」と、より低温で時間をかけて乾燥する「ソフト乾燥」の2種類。標準モードで作った堆肥は、土と混ぜて寝かせる必要がありますが効果が持続するのに対し、低温ソフトモードで乾燥させた生ゴミは、すぐに堆肥として活用できるという違いがあります。なお400gの生ごみの乾燥時間の目安は、標準モードで1時間40分、ソフト乾燥モードで約2時間10分。量が多くなるほど、この差は広がっていきます。

では、生ごみを投入!今回の量は約200gと少々少なめでしたが、うまくいくでしょうか。

水を切った生ごみだけを入れます。

あとは「入」ボタンを押すだけ。標準モードで運転が始まります。

運転中は温風で乾燥させているので、ウィーンというファンの音がずっと鳴っています。同時に羽根が回っている音。そしてしばらくすると少々焦げているようなニオイが……。生ゴミ処理しているというよりは、何か調理しているような香ばしいニオイで不快なニオイではありませんが、人によっては気になるかもしれません。

使い方は簡単。毎日使えば生ごみ臭ゼロに?

そして待つこと1時間30分。終了の合図音はなかったのですが、運転が終わっているようだったので1時間ほど待ってからフタを開けてみると、みごとに乾燥され(炒められ?)、かなり量が少なくなっていました。重量を測ってみると、200gあった生ごみが、たったの43gに。手のひらに収まりそうな量です。

Before

After

いずれにしても操作は簡単!投入できるもの、できないものを把握しておけば、手軽に始められそうです。

▼投入できないもの
・牛・豚・鶏などの骨、多量の卵の殻、貝殻など硬いもの
・生ごみ以外のもの、まぎれ込みがちなもの(野菜の袋やテープ、アルミホイルなど)

ちなみに乾燥処理した生ごみは、その都度取り出す必要はありません。その上から、次の生ごみを入れて処理してもよいそうで、1日400gの生ごみなら最大約2週間溜められます。手間要らずで、毎日使えば生ごみの臭いに悩まされることもなくなりますね。なお400gの生ごみを処理するのにかかる電気代は1回約23円。毎日使うと1か月あたり618円の計算になります。

お手入れについても、「本体の汚れ度合いを確認」したうえで、必要に応じて行えばいいそう。容器自体は水洗いできるので問題ありませんが、ヒーターカバーに乾燥時のゴミが溜まったら歯ブラシで取り除くなどのお手入れが必要です。でもこちらも頻度は高くないので、大きな負担にはならないと思います。

家庭菜園を始めるきっかけにも

なんとなく面倒に感じていた生ごみの堆肥化も、電動生ごみ処理機を使うと意外と簡単ですね。サスティナブルの観点で見ると、生ごみのリサイクルと電気代がトレードオフになってしまいますが、ゴミを少量化し、生ごみ臭を減らせるメリットは個人的には大きかったです。また知人から、コンポストにゴキブリが来た!といった話を聞き、一度断念していた堆肥化にこの夏チャレンジし、家庭菜園を始めてみるつもりです。うまくいったら、またご紹介させてください。

田中真紀子

家電を生活者目線で分析し、雑誌やウェブで紹介する家電ライター。日常生活でも常に最新家電を使用し、リアルな使用感や取り入れ方を発信している。自宅には常時200以上、キッチン家電だけでも60以上を所有し、日々使いこなしを研究中。メディアやメーカーからの取材や監修、テレビ・ラジオ出演など、専門家としての依頼も多数。

関連する記事
捨てないで!チラシ&新聞紙の料理活用術 2023年11月28日 12:00
乾燥の季節は食パンもパッサパサ!◯◯するだけでフワフワ食感復活の裏ワザ 2023年12月01日 18:00
ヘルシーなのに濃厚美味!チーズ・生クリーム不使用「チーズケーキ」の作り方 2023年12月22日 07:00
知っておいて損なし!長持ちするかぶの保存法 2023年12月27日 11:00
知れば試したくなる!市販の肉団子の新しい使い方 2023年12月27日 17:00
「ひどい乾燥で体全体が痒い…」カサカサ肌に悩む看護師 おすすめの食べ物とは 2023年12月23日 20:00
カップ麺の「ノンフライ麺」のメリットって?違いは何?管理栄養士に聞いてみた! 2023年12月05日 12:00
これ知ってる?ドンキ・ホーテのおすすめプライベートブランド商品 2023年12月01日 20:00
セロハンテープや100均グッズが大活躍!掃除のプロが教える「年末年始のゴミ問題」を解決する裏ワザ 2023年12月05日 19:00
30代スタッフに聞いた“こだわり”!料理で「面倒だな」と思いながらもやってしまうこと 2023年12月01日 17:00
子どもと作れる!フライパン&ホットケーキミックスで簡単ロールケーキ 2024年01月01日 07:00
【750人絶賛レシピも】旬の「春菊だけ」で!やみつきパパッと副菜 2024年01月17日 15:00
卵焼き以外でも大活躍!「卵焼き器」で簡単スイーツ 2024年01月19日 06:00
旬の水菜でパパッともう1品!簡単5分副菜 2024年02月01日 17:00
レンジでささっと作る!しみ旨「鶏ささみ」作りおき 2024年02月04日 16:00
冬は子どもの肌がガサガサに……その乾燥肌を生まれ変わらせる4つの栄養素とは? 2024年01月27日 19:00
汚れたままだと雑菌発生⁉️掃除研究家が直伝「炊飯器」のお手入れ術 2024年01月09日 19:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
「欧米では食器洗いの時に泡をすすがない説」は本当か、世界の友だちに聞いてみた 2023年12月30日 19:00
3cm多く食べられる!小松菜の「正しい洗い方」 2024年02月11日 15:00
まるで生クリーム!?簡単ヘルシー「豆腐クリーム」 2024年02月16日 07:00
【材料4つ】オレオが活躍!「生チョコムースケーキ」 2024年02月13日 14:00
何これスゴい…!半熟卵を超えた「とろ生ゆで卵」の作り方 2024年02月20日 09:00
ホーローバットで作れる!大人の濃厚「ラムレーズンチーズケーキ」 2024年03月09日 19:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
【停電した時に】冷蔵庫の扱い方/カセットコンロの正しい使い方/炊飯器を使わないご飯の炊き方 2024年01月01日 18:00
収納のポイントは◯◯しない!調理器具が多くても、きれいを保てるキッチンの秘訣とは? 〜アンバサダーsweetermさんに聞きました〜 2024年02月19日 20:00
用意していた非常食は役に立たなかった…能登半島地震・被災者に聞く避難時の食生活 2024年01月25日 20:00
甘くてやわらか〜い!新玉ねぎだけで作れる副菜バリエ 2024年03月04日 17:00
知らなかった!牛乳パックの意外な使い道 2024年03月04日 20:00
下茹でなしでラクラク&緑も鮮やか!ブロッコリーは「生で冷凍」が正解だった 2024年03月05日 13:00
【裏ワザ】春キャベツの保存はこれが正解!長持ちする使い方 2024年03月19日 13:00
2色のストライプがかわいい!おもてなしにぴったり「ロールケーキ」 2024年03月26日 07:00
ご飯も酒も止まらなくなる!ガーリックマシマシのやみつき「ペペロンブロッコリー」 2024年03月21日 19:00
【X(旧Twitter)で話題】中からトロッとガナッシュが溶け出す「アールグレイガトーショコラ」 2024年03月15日 20:00
【湯煎焼き要らず】同時にいろんな食感が楽しめる!ふわふわ&なめらか「スフレチーズケーキ」 2024年03月31日 15:00
ギトギト油をすっきり解決!掃除研究家が伝授する「ツナ缶の処理方法」 2024年03月12日 19:00
【医師が伝授】ポイントは油!認知症リスクが最大23%下がった○○食事法とは 2024年02月19日 19:00
モリモリ食べられる!「小松菜だけ」サラダを作ろう 2024年04月10日 14:00
おいしさキープ!パリパリ「キャベツ」の保存ワザ 2024年04月12日 18:00
材料を混ぜるだけで完成!簡単「NYチーズケーキ」 2024年04月18日 07:00
作業時間10分!パパッと作れる「ガトーショコラ」をおやつにどうぞ 2024年04月21日 13:00
トースターで簡単!トマトの意外な食べ方 2024年04月29日 17:00
え、それやってたわ…倹約家FPが指摘する「やってはいけない」食費節約術4選 2024年04月05日 20:00
野菜は「冷凍保存」が正解!気になる保存方法のコツや保存期間を紹介 2024年03月27日 21:00
レンジで完成!キャベツだけでできる簡単副菜 2024年05月19日 16:00
試してみて!旬のアスパラ×白だしで驚きの美味しさ 2024年05月22日 16:00
アレと意外に合うんです!コーラのおいしい飲み方 2024年05月23日 14:00
毎日の◯◯が将来の認知症を予防!40代から始まる脳の衰えを防ぐ“脳のおそうじ食”とは 2024年04月06日 19:00
市販の◯◯活用でNYチーズケーキが簡単に!4月に最も読まれた記事は?【月間総合ランキングTOP5】 2024年05月18日 22:00