cookpad news

【美肌のために】洗顔料をふわふわに泡立てるコツって?

洗顔料をふわふわに泡立てて、やさしく洗うのが洗顔の基本。ただ、上手に泡立てられなくて困っているという人も多いのでは?

上手に泡立てられない、その理由とは?

洗顔料がなかなか泡立たないときの原因はたった一つです。それは手の汚れ

手には汗線が多く、色々な物に触れるため汗や油っぽい汚れが付きがち。そんな手で、洗顔料を手に取りゴシゴシ泡立てても、ただ単に手の汚れを落としているだけです。また、なかなか泡立たないからと、さらに多くの洗顔料を追加してしまうのもNG。上手に泡立たないだけでなく、必要量以上の洗顔料は肌に負担をかけてしまうのです。

手を洗ってから、たっぷりの泡を作りましょう!

そこで、顔を洗う前にハンドソープで手を洗う習慣をつけましょう。
そして洗顔料を手に取り、少しづつぬるま湯を加えながら、茶道で抹茶を立てる様な感覚で、指を立ててかきまぜ、空気を含ませてふわふわの泡を作ればOK。

夜はクレンジングを洗い流した後に、手を洗ってください。クレンジングのベタベタが手に残っていると、泡立ての妨げになります。洗顔ネットを使っている人は、ネットに石鹸カスが溜まっていている場合があるので、ときどきハンドソープで洗い、清潔に保ってあげましょう。

これからますます乾燥が気になる季節。ふわふわの泡でやさしく、正しく洗顔して美肌を保ちましょう。(TEXT:丸山尚子)

シェアする