cookpad news

体型はデブ菌とヤセ菌のバランスで決まる!?

私たちの腸には1000兆個もの細菌がすみついています。その中に“デブ菌”と“ヤセ菌”がいて、デブ菌が多い人はぽっちゃり体型、スリム体型の人にはヤセ菌が多いことがわかっています。ならば、ヤセ菌を増やせば、ぽっちゃり体型から脱却できるということ。ヤセ菌を増やす秘策をご紹介しましょう。

デブ菌が多いと太りやすいのはなぜ?

私たちの腸にすんでいる細菌は、食べたものの消化吸収を助けたり、毒素を出して腐敗を促したり、いろいろな働きをしています。“デブ菌”というのは、本来ならば体外へ排出されるものを、とことんため込み、エネルギーに変えてしまう働きをします。デブ菌が多ければ多いほど蓄えられるエネルギー量が増えるため、みるみる太ってしまうのです。

実際に太っていた人がダイエットに成功すると、腸内細菌のバランスまで変わり、デブ菌が減ってヤセ菌が増えているそうです。

ヤセ菌を増やすには腸内環境を整えよう!

腸内細菌の研究は始まったばかりで、“ヤセ菌”や“デブ菌”についても、まだ謎だらけ。ただひとつわかっているのは、腸内環境がキレイに整うとヤセ菌が増える…と言うこと。そこで、腸内環境を整えるための“おすすめ習慣”をいくつかご紹介しましょう。

・便秘をなくして快便を目指す
・食物繊維やビフィズス菌や乳酸菌を多く摂る
・デブ菌の好物、肉食を控える
・ヤセ菌のエサになる野菜やキノコ類、海藻類を多めに摂る

毎日の食事をちょこっと工夫するだけで、腸内環境は変わります。ヤセ菌を増やしてスリムな体型を目指しましょう!

シェアする