cookpad news
メインおかず

作りおきサラダとして常備したい!話題の「キャロットラペ」がとにかく使える!

にんじんをつかったフランスの定番家庭料理「キャロットラペ」に注目が集まっています。にんじんの鮮やかなオレンジ色で、食卓がパっと明るくなる春らしい料理。作りおきしておけば、忙しいこの時期も、野菜がたっぷり食べられて、美容にもうれしいキャロットラペを食卓に取り入れてみませんか?

「キャロットラペ」っていうだけでフランスの香り♪

フランスの家庭料理の定番、キャロットラペ (Carottes râpées)とはにんじんを細長くすりおろして、ワインビネガーやオリーブオイルのドレッシングで和えるだけのかんたんサラダ。にんじんを1本丸々つかってもしんなりするので、たっぷり食べられます。βカロテンなどの栄養素も豊富に含まれ、美容にもうれしいサラダです。

最近、画像投稿SNS「Instagram(インスタグラム)」で話題になっている「美しすぎる朝ごはん」にも登場するキャロットラペ。色鮮やかなにんじんのラペは見た目もおしゃれで、いつもの料理に添えるだけでホテルやカフェのランチプレートのようになりますね。

今、流行りの「作りおきサラダ」にも最適

手軽につくれるキャロットラペは話題の「作りおきサラダ」として重宝しそうです。忙しい毎日の中で、栄養バランスを考えると野菜はたくさん食べたいけれど、毎日つくるのは面倒ですよね。そんな時こそキャロットラペが大活躍。たっぷりつくって冷蔵庫で1週間は保存が可能です。さらに、寝かせることで味がしみ込んで、よりおいしくなるので作りおきサラダにはもってこいです!

季節やそのほかの料理にあわせてアレンジも

キャロットラペはアレンジのバリエーションが豊富なところも魅力です。にんじんだけでも十分おいしいですが、ドレッシングに粒マスタードやフルーツ果汁を入れたり、スパイスやハーブを加えたりと、季節や天気、一緒に食べる料理にあわせて風味を変えることができます。

プラス食材でアレンジ自在

くるみやレーズンを入れることが多いようですが、にんにくやチーズ、オレンジなどの柑橘類をいれたりと、相性のあう食材を探す楽しみもありそう。クミンやカルダモンなどのスパイスもワンランク上の隠し味に。

万能サブおかずとして大活躍

ワインビネガーをすし酢に変えたり、粒マスタードを辛子にしてみたりとちょっとした工夫で、和風にも洋風にもあう便利なサブおかずになります。しっかり味のメインおかずと相性バツグン。

シーンを選ばない常備菜に

朝ごはんでいつものサラダにプラスしたり、ランチでサンドイッチの具材としてパンにはさんだり、おもてなしならワインのおつまみに、さまざまなシーンで使えるところも常備菜向きですね。

シェアする