cookpad news

美白化粧品の効果をアップさせるには「プレケア」が重要だった!

紫外線量がますます増える、これからの季節。「美白ケアをちゃんとしなくちゃ!」と思っている方も多いはず。美白ケアの前に、角質をオフする“プレケア”をするだけで、美白化粧品の効果をアップさせることができるって、知っていますか?

「ターンオーバー」に注目!

私たちの肌には、細胞として生まれてから垢(古い角質)となってはがれ落ちるまでのサイクルがあります。これがターンオーバー。シミをつくるメラニン色素も、このサイクルにのって古い角質と一緒に排出されます。

「10~20代の頃はひとつもシミがなかったのに、30代になって急にシミが増え始めた!」という声をよく耳にします。これは加齢とともに起こる、ターンオーバーの周期の乱れが原因です。10代は20日ほど、20代で約28日、30代は約40日、40代では約55日と、加齢とともに周期も延長。さらに乾燥やストレスなどの影響を受けると、この周期がどんどん長くなります。すると、メラニン色素を含む古い角質が幾層にも積み重なり、それがシミとなって目立ってしまうのです。

そこで、長く延びすぎたターンオーバーの周期を整えるのがポイント。古い角質をスムーズにはがれ落ちやすくして、新しい細胞が生まれやすい環境に整えるお手入れが“プレケア”なのです。

古い角質をスムーズにオフする“プレケア”3つの方法

古い角質を落とすのに、ゴシゴシと力任せにこするのは厳禁!摩擦の刺激から肌を守ろうとして、よけいに古い角質が溜まりやすくなります。なるべく刺激を与えないように、やさしくオフすることがポイント。古い角質をオフするアイテムはいろいろありますが、大まかに分けると3つの種類があります。

AHA配合の洗顔料を使う
AHA(フルーツ酸)には、古い角質をはがれ落ちやすくする働きが。毎日の洗顔で、汚れと一緒に古い角質をスムーズに落とせます。このとき、しっかり泡立てて、泡をクッション代わりにすると肌への刺激が少なくすみます。

洗顔後にスクラブやゴマージュでスペシャルケア
こんにゃくや果物の殻や種、塩などを配合したジェルやクリームを肌の上に滑らせ、古い角質をからめ取る方法もあります。週に1~2回を目安に、スペシャル洗顔として行うと効果的。ゴシゴシこすると肌を傷めるので、肌をなでるように軽~いタッチで行ってください。

夜のスキンケアに角質ケア用の美容液を加える
AHA(フルーツ酸)を配合した美容液を、化粧水の前になじませます。眠っている間に古い角質をはがれ落ちやすくするもので、洗い流す必要はありません。この美容液の後は、いつものスキンケアをすればOK。

古い角質がなくなると肌に透明感が出たり、キメの乱れが整う、肌が柔らかくなる、美白化粧品の浸透がグンと高まるなど、メリットはたくさん!美白化粧品でシミを予防しながら、古い角質をオフするプレケアも取り入れて、透明美肌を目指してください。

シェアする