cookpad news
メインおかず

「アボカドの漬け物」が夏にぴったりのさっぱり感

暑い日が続く夏は、さっぱりとした味で気分転換したいですよね。そこで、今回オススメなのが「アボカドの漬け物」。浸けこむだけで簡単に作れて、さまざまな味のバリエーションも楽しめますよ〜!余ったアボカドの変色防止にもオススメです。

「浅漬けの素」で簡単!

アボカドを切り、タッパーに入れたら、浅漬けの素を注ぎます。ラップを落とし蓋のようにかぶせて変色を防ぎましょう。冷蔵庫で数時間寝かせればできあがり!

あっさり風味の「白だし」

スライスレモンと白だしで漬け込むことで、さっぱりとした風味が楽しめます。密閉式ポリ袋の中で漬け込むときは、なるべく空気を抜きましょう。

ハニーレモンで爽やか♪

使用するレモンの絞り汁は、ポッカレモンでもOK。ハチミツも混ぜることで、ハニーレモンの味わいに仕上がります!顆粒だしも加えるので、豊かな味わいに。

「砂糖&しょう油」でシンプルに☆

タッパーに砂糖やしょう油、水などを入れて混ぜます。カットしたアボカドを並べて、ラップをしたら、2〜3時間程度でおいしく漬かります♪

西京味噌の味わいも◎

まず、西京味噌と酒、みりんなどを混ぜ合わせます。容器にガーゼをしき、アボカドと先ほどの味噌を入れて、ガーゼをかぶせましょう。ひんや〜り冷やして召し上がれ☆

アボカドが、さまざまな風味に大変身!漬ける際には真空にできる裏ワザが便利ですよ〜。

執筆:八幡啓司

コピーライター。
裏ワザ、オモシロ系ネタを好む。宝島社『クックパッドmagazine!』にて「マンガ・裏ワザ実験室」を担当。

おすすめ記事