cookpad news
裏ワザ

【試してみた】市販の“うなぎの蒲焼き”を水洗いしたら本当に美味しくなった!

うなぎといえば土用の丑の日の定番。夏のスタミナを回復できる、抜群の栄養価を誇ります。でも、実は、うなぎの旬は冬なんです!とはいえ、うなぎって高価だからなかなか食べられない…、なんて言う方に朗報ですよ。買ってきたうなぎの蒲焼が、ふっくらと美味しく温められる方法を伝授いたします! なんと、水洗いをするんだとか…!?

参考にしたレシピはこちら!

蛇口から流れ出る水で、うなぎの身を洗ってしまいましょう。そして酒を少々ふりかけて、フライパンで両面を温めます。こうすることで、ふっくらとした仕上がりになるそう。では、実際に試してみましょう!

うなぎの蒲焼きを買ってきました!

980円の肉厚な蒲焼きです。表面に味付けされていますが、これを洗ってしまうのですね。

ビビりながらも、洗っちゃいます♪

うなぎを水洗いする指ざわりは、未体験な感覚!指の腹を使って、しっかりと洗い落としました。

身をひっくり返して、裏側も同様に洗います。

酒を大さじ1程度ふりかけましょう☆

今回は調理酒を使用しました。まんべんなく、丁寧に。


いよいよ、フライパンの出番です! 弱〜中火で5分ほど、両面を温めます。このとき、こげてしまわないように注意しましょう。

一口サイズに切り分けてできあがり!はたして、味は…?

包丁の刃を入れても、身が崩れず、しっかりとしています。それでいて、断面はどことなくふっくらしている…?

では、タレをかけずに試食…。お、美味しい!うなぎの身がふっくらとしていて、買ってきた蒲焼きには思えないほど。しかも、プリプリとした食感もあります。うなぎを水洗いしたら、本当に美味しくなりました!

もちろん、タレを付けると美味しさ倍増!

うなぎの蒲焼きのふっくらとした美味を楽しめる裏ワザ。とっても簡単なので、試さない手はありませんね♪(TEXT:八幡啓司)

シェアする