cookpad news
コラム

これで味決まる!人気レシピ作者が実践している「味付け」の黄金比ルール

お料理中に、醤油やみりんなどの調味料で適当に味付けをしていて、どうも味が決まらず、あれこれ足してしまって、結局うまくいかない……。そんな経験のある方も少なくないのでは?

クックパッドアンバサダーとしてご活躍中のmeg526さんは、『クックパッドmeg526の料理上手になる黄金比タレ』や『クックパッドmeg526の黄金比レシピ』(ともに宝島社)などの著書も持つ、“間違いのない味付け”を生み出すプロ。

そこで、meg526さんに黄金比レシピ創作秘話と調味料の使い方のコツをインタビュー! 味付け上手になるためのヒントを探ってみました。

黄金比タレ第1号は「照り焼きのタレ」

――クックパッドにレシピを初めて投稿してから10年目とのことですが、そもそもご自分のレシピを投稿しようと思ったきっかけは何だったんでしょうか?

結婚してから毎日料理をするようになり、おいしく作ることができた料理を自分用の覚え書きとして投稿し始めたのがきっかけです。「つくれぽ」をいただくようになると料理やレシピ投稿に対するモチベーションが上がり、次第にレシピ数が増えました。

――meg526さんならではの黄金比レシピをクックパッドに多数投稿いただいていますが、実際この味にたどり着くまでには何度も試行錯誤されたかと思います。どうやって黄金比レシピは生み出されたんでしょうか?

黄金比タレの第1号は「照り焼きのタレ」です。砂糖、醤油、酒、みりんをとりあえず同量ずつ混ぜて作った「ブリの照り焼き」がおいしくできたので、この味付けをタレとしてレシピ化したのが最初でした。

それ以降、新しいレシピを考える時には、すべての調味料をまずは同量ずつ混ぜてみることから始めています。そこから味見をしながら量を加減して調整していきます。

1つの味付けからレパートリーを広げよう

――まずは同量にしてベースを作ることが大事なんですね。シンプルな1:1:1:1の黄金比タレは、いろんなお料理で使えそうです。

そうですね。ブリだけでなく、鶏肉や野菜など、いろんな食材に活用できますよ。例えば以下の4品のバリエーションなどが特にオススメです。


調味料の「比率」を覚えて味付け上手に

――同じ味付けでも、食材が変わると全く違う料理に仕上がりますね! レシピに記載された分量よりもお肉や野菜を多く使いたい時などに、ちょっと調味料の分量をアレンジすると味が決まらなくなることがありますが……。

使う調味料の比率を覚えておけば、レシピと違う分量の食材を調理したい時でも簡単に調整できますよ。私は、作る前に調味料は最初にすべて混ぜてしまいます。それぞれの調味料の比率だけは変えずに、レシピより少し多めに作っておくと、食材の分量や味の好みに応じて味付けを調整しやすいです。余ったら、私は次の日の別のおかずやお弁当に使ったりしています。

――なるほど〜! 調味料の比率を覚える。これはまさに味付け上手になるためのコツですね。

私が黄金比タレを考える上でこだわっているポイントは、身近にある調味料を使うことと、分量の覚えやすさです。例えば以下の2つのレシピは、それぞれ全く違う味付けですが、覚えやすさを重視してどちらも5種類の調味料を5:4:3:2:1の比率にしました。


――これなら味付けに迷いませんね。自分なりの黄金比を見つけられたら、料理がますます楽しくなりそうです。meg526さん、貴重なお話をありがとうございました!

計量作業をもっと手軽に!『OiCy Taste(オイシーテイスト)』モニター募集中

クックパッドのレシピを選んで簡単な操作をするだけで、必要な分量の調味料を自動で計量してくれる調味料サーバー『OiCy Taste』のモニターを募集しています。
料理の途中で調味料を取り出したり計ったりする煩わしさを解消し、料理を楽しむことに集中できる『OiCy Taste』をぜひ試してみませんか?