【生焼けの心配ゼロ】食べやすさも全然違う!「鶏手羽」を“開く”時代が来た

【生焼けの心配ゼロ】食べやすさも全然違う!「鶏手羽」を“開く”時代が来た

鶏手羽ってどう調理してる?

調理がすごく簡単な「鶏手羽」は主婦にも人気の食材。鶏手羽料理が食卓に並ぶと、ちょっと豪華な感じがしますよね。しかし、骨つき肉を食べるとき「もう少しきれいに食べられたらいいのに…」と思うことありませんか?自分ではムダなくきれいに食べてるつもりでも、骨の周りに肉が残っていたり、思うように食べれないことも。そんな問題を解消するとっておきの方法をご紹介します。

鶏手羽の“食べにくさ”を解消!

焼いたり煮たりするときは、切り込みを入れているという人は多いと思いますが、実は「開く」と火の通りも早く、後から食べやすくなるんです。これで生焼けの心配もなく、あの食べにくさからも解放されますよ。今回は手羽先、手羽元の2つの開き方をご紹介します。

手羽先

■手羽先の開き方■ by きいろ14
塩焼きなど焼いて食べる時には火の通りが早いので、 焦げずに上手に焼く事が出来ます。 あと食べやすいし冷凍保存にも☆

手羽元

食べやすいの♪手羽元の開き方 ハサミ版有 by めかまはぉ
話題入り☆ハサミ版追記しました!手羽元を開くと、食べやすいだけじゃなく火が通りやすくなります!お子様向けにもいいですね。

※ 記事のメイン写真はこちらのレシピをイメージして選定させていただきました

開くことであの食べにくさとはおさらば!つくれぽでも好評です。ぜひマスターしてみてください。

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「裏ワザ」 アクセスランキング (毎日6:00更新)