これが鶏ムネなの?!SNSで話題沸騰の「30分チキン」を作ってみよう

これが鶏ムネなの?!SNSで話題沸騰の「30分チキン」を作ってみよう

鶏むね肉がジューシーに!

みなさんは「30分チキン」をご存知でしょうか?文字通り、30分焼いたチキンなのですが、これがTwitterなどで話題なんです。「30分も鶏肉を焼いたら焦げそう」「30分後にはパサパサになっちゃう…」なんて思っている人も多いと思いますが、実はその逆。30分かかけてじわじわと焼き。裏返して10分放置。余熱で火を通していくことで、驚くほどジューシーなむね肉が出来上がるんです。

肉汁があふれる瞬間が見られる

調理のポイントは3つ。
1.皮目を下にしてフライパンに置くこと
2.弱火で30分焼くときに絶対に動かさないこと
3.フライパンにふたをしないこと

たったこれだけでジューシーなチキンができるというから驚きです。さらにSNSではフライパンに残った肉エキスを使ったソースの作り方なども紹介されており、トマトソースやマスタード味など、お好みの味を楽しめるのも魅力。クックパッドにもレモンバターソースのレシピが投稿されており、さっぱりしておいしいと注目を集めています。

さっぱり味で食べやすい

30分チキン☆レモンバターソース by なお☆キッチン
Twitterで人気の30分チキン(正確には40分笑)が美味しく出来たので備忘録として載せます。 鶏胸肉がふっくら☆

じんわり火を通すことで、旨味をぎゅっと閉じ込めたジューシーなチキンに!まさに「これが鶏むね肉なの!?」と言ってしまうほどの仕上がりに、ただただ驚くばかりです。リーズナブルな鶏むね肉がごちそう感たっぷりの一品になる「30分チキン」、ぜひお試しください。

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「最新トピックス」 アクセスランキング (毎日6:00更新)